「絹さや」 ななほ

4月8日

 昨夜はゲストの藤井先生も来て下さって、なのはなセブンブリッジが行われました。
 私はよしみちゃんとペアで、なのはな史上初、1回も上がることなく、マイナスを連続しつつの戦いだったのですが、前半戦は全体チームで3位で安心しました。
 同じチームのまゆちゃんは私がマイナス1000点以上をしているというと、「大丈夫、私、マイナス1300点だから。」と言っていて、「ちょっと!」となったのですが、リュウさんが+2000点以上してくれていて、リュウさんのお陰で3位だったと分かりました。

 そのまま迎えた後半戦。リーグ替えがあって、私は藤井先生と同じリーグだったのですが、やっぱりどうしても勝てませんでした。
 前半戦でマイナス10000点以上のオレンジチームは、後半でバンバンと勝っていき、私たちのピンクチームは悲しむ声も聞こえない、喜ぶ声も聞こえないと、少し怪しい予感がしました。
 そして総合結果発表。なんと、4位と5位に残ったのは、私たちピンクチームと前半戦で大負けしたオレンジチーム。
 両チームの得点差は、驚くことに299点! オレンジチームの大逆転も期待されたのですが、ギリギリ4位で、罰ゲームを逃れることができて嬉しかったです。
 私は罰ゲーム率が高いので、久しぶりに罰ゲームから逃れることができて嬉しかったし、この調子で次回のセブンブリッジも頑張りたいです!

・スペシャルニュース

 チーム作業でふみちゃんと絹さやの水やりと手入れをしました。
 私はなぜか、プールから水を汲んでしまい、すごく筋肉トレーニングになって疲れたのですが、駅伝マラソン大会の体幹作りになったので、「まあいいや」と思いました。
 その後の水やりも2人でスムーズに行い、今日は3回目の絹さやの収穫をしました。
 私は今季、絹さやの収穫を全制覇させて頂いていて、初日は6さや。2回目は、26さやと、今日を楽しみにしていました。

 個人的な予想は、76さや位かなと思っていたのですが、何と、絹さやの『豊成』が全部で112さや。350g収穫できました。
 絹さやがどんどん大きくなって、花を咲かせて実をつけて、かくれんぼをしながら収穫されることを待ち遠しく思っているのがとても可愛いです。
 特に生まれたての絹さやや、お花が私たちを真っすぐに見つめて、「いつか大きくなるからね、」と言ってくれて、私も絹さやの為なら何でもしたいと思います。
 また、あゆちゃんが牛肥を取りに行くところと、帰ってくるところが畑から見えて、手を振ったり、あゆちゃんに絹さやも見て貰えて、より、絹さやが好きだなと思いました。

 作業終了の10分前には、肥料入れが終わったよしみちゃんが来てくれて、一緒に収穫や見回り、計量ができた時間も嬉しかったです。
 また、『白星』と『うすいエンドウ』の実も大きくなっていて、『白星』は少し細長いさやだったり、『うすいエンドウ』はグリーンピースにするまで待つので、ドキドキしています。
 今日は他にも、キャベツのネット掛けを大人数で終わらせることができたり、午後はアセスメント演奏や竹の加工も進んで良かったです。

 第1弾から第4弾まで、1畝が60m近くあるのですが、キャベツ畑の土が連日の晴れで乾いていたため、約20畝のネット掛けを終わらせることができて、とても達成感を感じました。
 竹の加工もお父さんが来て下さって、自分たちの意見をまとめて、一番効率の良い方法を教えて下さって有難かったです。

 そして、今日の夕食はタイのお刺身で、本当に朝から晩まで栄養たっぷりのご飯を食べて、思いっきり動いて、疲れを感じて、今日もぐっすりと寝て明日に備えます。
 明日は木曜日で、ソフトバレーがあるので楽しみです!