4月8日(水)「田畑が充実した1日! 田んぼの肥料撒き・大玉トマトの畝立て・園芸作業」

4月8日のなのはなP40800092

 

1   

●畑Cチーム● 

Cチームの春夏野菜の最重要な野菜、大玉トマト。 
4月15日に予定している
大玉トマトの定植に向けて、畝立てをしました。

 

DSCN00241
〈近日中に定植予定の、大玉トマトの苗〉

場所は吉畑手前ハウス。 
誰もが身近に通りがかり、 
古吉野なのはなから一番近いところにあるハウスです。 
大玉トマトがのびのびと根っこを張らせるように、 
Cチームの観光名所になるように、高畝を目指しました。

昨日、耕運機をかけてくれて、 
さらにダストがたくさん入っていたので、 
とてもふかふかでした。 
クワの刃を入れると、 
力をあまり入れなくても土がかき出せて、 
サクサク畝が立っていきました。

DSCN00161

午前中でも、ハウス内は真夏の日のように蒸し暑く、クワを握る手に汗がにじみます。 
それでも、どんどんクワを動かせて、土をたくさんさらえた時に爽快感を感じて 
時間も忘れて作業をしました。

米ぬかを引いたラインを少しでもぶれずに、 真っ直ぐな畝を作りました。 
畝間の土を全部さらって、 理想の高畝を作ることが出来てとても嬉しかったです。 
最後は、ベッド型に畝を均しました。 
ベッド畝にすることで、水はけがよくなるのです。 
大玉トマトは、水やりがとても難しいと聞きます。 
水が少なすぎても、多すぎてもよくありません。 
その点で、畝立てはとても肝心な作業です。 
理想通りの畝を立てることが出来て、これからの手入れも気合が入ります。

(りな)

  ●畑Bチーム●   

P40800171
〈Bチームで育てている絹さや。 日に日に収穫が増えていっています!〉

絹さやの収穫をしました。
今、収穫しているのは、『豊成』という品種です。
今は、1株に約10個の花がついていました。
葉が茂っているなかに、7センチほどの実がついていて
実に触れると少しひんやりとしていました。
少しかがむと、花が私の方を向いていて
収穫を待っていてくれているように思いました。

P40800092

P40800081

P40800101

P40800181 

収穫の他には、栄養剤の役割として
栄養を入れた水をやりました。
これから、収量が増えてくると思うので、
手入れができて嬉しかったです。

(ふみ)

 

●畑Aチーム●

蕎麦は今日で生後3日。
もうそろそろ殻を破って、顔を出す頃です。
無事に芽が出ることを祈りながら、
少しでも蕎麦の力になれたらと思いながら、
今日も水をやってきました。
クッキーの上にチョコレートがかけられていくみたいに
地面の色が変わっていきました。
水をやったところは光に反射してキラキラしていて、
宝石がちりばめられているようでした。
地上30センチぐらいにできる小さな虹は、
蕎麦の未来に繋がっている気がして
嬉しい気持ちになりました。

P40800581

グビグビと音を鳴らしながら水を飲んでいるかのように
力一杯吸いこむ様子は、見ていても気持ち良かったです。
そしてある瞬間、もう十分、とでも言っているかのように、
満腹になっているのが分かるときがあります。
畝の端までどの種にも十分な水が行き渡るように
水をやりました。

約3ヶ月後には収穫予定です。短期勝負です。
成長の後れを取らないように、
今の段階ではできるだけ水を切らさないようにしたいです。

 (ちさ)

    ***

   ■田んぼの肥料入れ■

 DSCF41491

3枚の田んぼを廻って、牛肥を撒きました。
広い田んぼでも、大人数でバケツリレーをして、
テンポよく楽しく撒くことができました*

また、他の田んぼでは、今日1日、
永禮さんと須原さんが、次々とトラクターかけを進めて
下さいました!

   P40800711

P408007911

DSCF41412

 

■園芸作業■  

園芸作業では、
切り花を育てているユーノス畑に、
ヤグルマギクとキキョウの苗を定植しました。  

A4087462

A4087467
〈定植したヤグルマギク〉

ヤグルマギクは、3月中旬に種まきしたもので、
今回定植したのは、第1弾です。
青、ピンク、白の3色があり、
私は、ヤグルマギクが咲きだすと、
初夏の始まりを、鮮やかに感じさせられます。

キキョウは、昨年の9月下旬に種をまいてから、
園芸部のメンバーで、苗を育ててきました。

キキョウは、多年草なので
一度苗が育って畑に根付いたら、
毎年、花を咲かせてくれます。
そして、年月を重ねるごとに株が大きく育っていきます。
しかし、若いキキョウは、
寒さに弱く繊細な部分もあって、
苗の段階で、冬越しがうまくできない、
傷んで枯れてしまう、という課題が
園芸部のなかでこれまでありました。

今年も、秋から冬にかけての寒さが厳しくなるなかで、
キキョウの苗が一時弱ってしまったのですが、
園芸部のメンバーで協力して、
ビニールトンネルをかけたり、
もみ殻を株周りに与えるなどして苗を温かく保ち、
見守ってきました。
そうするうちに、奇麗に苗が復活し、
これまでで1番、キキョウの良い苗が、たくさん育ちました。

A40874731
〈定植したキキョウ〉

良い時期に、
無事に畑へ苗を植え付けることができて、嬉しいです。
しっかり根付いて、元気に育ってくれるよう、
これからも見ていきたいです。

(みく)
 

A4087480
〈花壇のチューリップ〉
A4087487
〈ノースポール〉

 
   ***

  他にも、ジャガイモの追肥、竹の加工、開墾作業など、
晴れの日をフルに使って、畑がたくさん進んだ1日でした。
P40800911  

***  

DP2Q1401

夕食には、仲屋食品さんから届いた立派な鯛を、
お刺身と、うしお汁にしていただきました!
とても柔らかくて、奇麗で、美味しいご馳走でした!!

DP2Q1404