「あっという間の時間の中で」 えみ

4月6日 

*セロリの収穫
 今日の午前中のチーム作業ではみほちゃん、さきちゃんとセロリの全収穫をしました。なのはなに来たばかりのときからセロリの植わっているハウスを横目にすごく立派だなあと思っていたので、今日実際に間近に見ることができて嬉しかったです。なのはなのセロリは普段スーパーなどで見かけるものとは比べ物にならないぐらい茎がしっかりとしていて、緑色でつやつやしていました。鎌を入れると中の水分がジュワッとしみだしてきてそれだけ新鮮なのだと思いました。
 実は今まで私はセロリが野菜の中でも大の苦手だったのですが、なのはなの食事に出たときには無理やりでも食べていたら悪くないかもと思えるようになりました。今回は嫁入り前の仕分けにも携わらせてもらい、なのはなの野菜が人気の秘密がすこし分かった気がします。
 チーム作業の後にはやよいちゃんの運転する軽トラに乗ってタンクの補充ときぬさやの水やりをしました。助手席にのせてもらった時に、セロリは大分前から収穫は始まっていて、外側の葉からとっていけば中心からどんどん再生するように葉が増えていくという話を聞いて改めて植物って強いと感じました。もう次の野菜を植えるから株ごと取ってしまうということだったけれど、まだまだ元気そうだったので少し残念です。

*そばの実の種まき
 午後のチーム作業ではそばの実の種まきをさせてもらいました。最初に大まかに畝の印をつけてから、少し土の表面を整備してから種をまいていきました。印付けには米ぬかを使っていると知り、自然のものを何でも無駄なく利用していることに驚きました。種をまくときにりなちゃんが、「種まきができるのは普通ベテランさんだけなんだよ。」と教えてくれて入居して数日でこんな特別な作業に関わらせてもらえたのがありがたいと感じました。
 今日まいた種が無事に芽をだしてくれることを期待したいです。
 
 毎日毎日やることがたくさんあって体は疲れるけれど、あっという間に時間が過ぎていくように感じます。これからもっと色んなことを吸収して畑作業ももっと楽しめるようになりたいです。
 
 読んでいただきありがとうございました。