4月4日(土)「桜、満開!なのはなコースへ & 畑が進む1日」

4月4日のなのはな

P4040002
満開の桜。美しき桃。そして、光り輝く菜の花畑。
なのはなコースのランニングでは、至る所で春を見つけます。
スタート地点の古吉野周りには、桜が満開に咲き、古畑の桃のピンクと菜の花の黄色。
青い空でとても鮮やかです。

絶好のランニング日和の今日は、りゅうさんとのりよちゃんが先頭でランニングに出発しました。
梅の木コースのチームには、あゆちゃんが先頭で走ってくれて、
りゅうさんやあゆちゃんの背中が心強かったです。
みんなでお題を回せたことも嬉しかったです。
久しぶりのなのはなコースのランニング。
少しドキドキしたのですが、りゅうさんの後ろで走らせてもらうと、自然と身体が軽くなります。

P4040005
田んぼの横を走っていると、那岐山の緑が視界に入ってきて、田んぼと那岐山の風景に落ち着きました。
道沿いにはツクシやクローバー。
ムスカリやスイセンも、「私を見つけて!」と言っているように、かくれんぼをしています。
そして、遠くから見る古吉野は、桜の薄ピンク色で溢れていて、お城のように見えました。

P4040007

滝川沿いを走っていても、菜の花や桜の花が満開に咲いていました。
お花見コースと言って良いくらい、なのはなコースには花がたくさんあって、
桜のトンネルを走る時間は、とっておきの贅沢でした。

   P4040012 お題を回しながら、坂を上がると、目の前に桜と桃のピンクが広がり、桜が光輝いていました。
何度も走ったことのあるコースのはずなのに、いつもと少し違う空気や、風景が広がり、
新鮮な気持ちになりました。
池のアヒルたち、その先のダルメシアン、ビーグル君も元気よく声をかけてくれます。

P4040006

なのはなコース9.2キロは私たちにとって、ワクワクする小さな旅のようなものです。
りゅうさんの明るい掛け声を聞きながら、春を満喫し、お花見ができるなのはなコース。
次回はどんな春と出会えるのか楽しみです。

(ななほ)

       

***    
 
1    
●畑Aチーム● 
 
なのはなのお父さんが大好きな食べ物、第1位に君臨するトウモロコシなるスイートコーン。
今年は山畑西、およそ8.5アール分を12弾に分けて定植します。
4月6日には記念すべき第一弾の定植。
今回はそのスイートコーンの元肥入れを行いました。

入れる元肥は牛肥を肥料袋100袋分、そして過リン酸石灰を1弾につき1.4キロ、
それを12弾分なので、およそ17キロ分撒くことになります。
牛肥は有機肥料なので土壌改良の効果を期待し、過リン酸石灰はリン酸を含むので根の伸長を促す。
なのはなのお父さんをうならせるほど美味しいスイートコーンを作るため、元肥入れが始まりました。

 P4040004

 
軽トラに肥料が入った肥料袋を載せられるだけ載せ、山畑西へ。
到着したら、バケツリレーで肥料袋を撒きたい位置に置いていきます。
これがけっこうハード。フルメニューに匹敵する体力の使い方。
8.5アールもの広い畑を走り回って肥料をバケツリレーしていきます。
すべて肥料袋を置き終わったら、畝の真ん中に筋状に牛肥を撒きます。これもテンポ良く。

牛肥をすべて撒き終わったあと、過リン酸石灰をパラパラと牛肥の上から撒き足します。
肥料袋から撒きやすいようにてみに入れかえた過リン酸石灰を、まるで鬼は外の動作に似た動きで撒いていきます。
牛肥の茶色と過リン酸石灰の薄い灰色のコントラストが美しい。

チーム作業の1時間で、5人で軽トラに牛肥100袋を詰めるところから始まって、
牛肥100袋と過リン酸石灰17キロを撒き、元肥入れを終わらせることができました。
感動と達成感が汗となってきらきらと私たちの体で光っていました。
心に思う気持ちはただひとつ。美味しいトウモロコシができますように!

(畑Aチーム記者 まち)

     

●畑Bチーム●
 
DSCN6577 キャベツの害虫対策として、新しい試みの防除を行いました。
お父さんが、農薬を使わない害虫対策として
焼酎に唐辛子をつけた液体を散布する方法を教えてくださいました。
なのはなの野菜は無農薬で、害虫が寄り付きやすいので、ほとんどの野菜に防虫ネットをかけて育てています。
害虫チェックの頻度も多いです。

3月から4段階に分けて定植したキャベツにも、防虫ネットをかけているのですが、
それでも害虫被害が出ています。1番多い害虫被害は、根切り虫で、次に多いのがコオロギです。
お父さんから唐辛子焼酎防除のお話を聞いて、「これはキャベツに試してみたい!」と思いまいした。
作り方はとても簡単。焼酎200㏄に、粉唐辛子を入れて、月桂樹の葉を3枚入れます。
唐辛子のままだと、1か月漬けておかないといけないのですが、粉唐辛子なら、一晩経てば使えます。
でも、長く置いておいたほうが効果は上がるということでした。
今回は害虫被害が多い第3段と第4段に、唐辛子焼酎防除を行いました。
害虫たちが「カライ、カライ」と言って逃げていくのを想像すると効果が楽しみです。
今日から数日に分けて第4弾から第1段まで全て行っていきたいです。

(Bチーム記者 まゆ)

 

●畑Cチーム●
 
来週に植え付け予定のサトイモ。
そのサトイモにたくさん子芋がつくように、大きく成長するように、
サトイモを育てる2枚の畑に元肥入れをしました。
元肥にする牛肥とようりんを軽トラックに積み込み、第一鉄塔畑と斜畑に向かいます。
DSCN6583
畑に元肥を馴染ませていきながら、サトイモの成長を想像すると
これからの成長が楽しみになりました。
サトイモの植え付けから収穫までの計画立てや準備も進めていています。
各チームでも、元肥を積んだ軽トラックが畑に向かっていたり、
お父さんや須原さんがトラクターがけも進めてくれたり、
次の作物に向けて準備が進んでいます。みんなで畑を動かしていけることが嬉しいです。

(畑Cチーム記者 のりよ)

 

***  
 
P40400161
〈気持ちよく晴れて、畑日和の1日でした! ジャガイモの植え付けや竹取りなどにわかれて、 大人数の力や勢いを感じながら作業を進めることができました〉


P4040016