「理想の自分になれるまで」 まち

4月3日

 今日の午前のチーム作業のあと、えりさちゃん、みほちゃん、なつきちゃん、なつみちゃん、えみちゃんと私の6人で吉畑奥と吉畑下のホウレンソウの追肥をしました。化成肥料を第1弾、2弾、3弾すべて、鉄粉を第3弾のジャスティスが植わっている5畝に撒きました。完全に開始したのが11時45分頃、およそ1時間15分で追肥とネット掛けをすべて終わらすのは、かなりスピードを意識しないとできない、と思いました。やよいちゃんが冒頭に来てくれて、追肥の量と撒く場所をデモンストレーションしてくれました。やよいちゃんが行った後、即作業を開始しました。お父さんのこの前の草取りのやり方に習って、一人何畝か担当にして、畑にばらまく。孤独にする。自分のスピードが露骨に分かるシステムで始めました。

 みんなに、テンポを速くしてほしいこと、ポイントだけは押さえて進めて欲しいことを伝えると、みんな一生懸命してくれて、化成肥料の追肥を12時20分に終わらせることができました。あとは5畝の鉄粉撒きとネット掛けです。鉄粉撒きは、5畝だけだし、私が1人で撒いた方が絶対速い、と思ったのと、えりさちゃんにリーダーをしてもらいたい気持ちがあったので、鉄粉撒きを私がして、その間のネット掛けをえりさちゃん中心に進めてもらいました。テンポが良かったと思います。

 まゆちゃんと今一緒に竹メンバーで動かせてもらっていて、すごく楽しくて嬉しいです。いつか、まゆちゃんとも一緒に働きたいな、と思っていたので、夢が叶って嬉しいです。まゆちゃんのまっすぐさや、恐れがなく、前に進んでいくところが素敵で、すごいな、と思っています。
 まゆちゃんは、その日の作業記録を毎日残していて、それがあると、反省もできるし、作業の進め方も更新されていく感じがしました。私も、まゆちゃんの代わりに作業記録を書かせてもらったことがあったけれど、簡易でも、記録に残すことは、いい振り返りになると気付いて、まゆちゃんはこれを毎日していて、だから成長し続けるのだ、と思いました。

 世の中で起きることで嫌なことは一つもないのでは、と思いました。全部、自分の認識違いによって、苦しめられている、と気付きました。すかっと心が晴れて、ちゃんと動けるようになるまで、自分は成長し続けたいです。
 適切に人のために働くことができる。そんな理想の自分になるまで、そう遠くない気がしています。絶対に、良くなってみせる。自分は決めました。適切に人を評価して、自分が間違った認識で苦しむことなく、人との関わりの中で、人と適切に関係を取り、適切に人と幸せを感じられる人間になります。私の鳥居さま、叶えてください。

 もっと書きたいけれど、これで提出させて頂きます。いつもありがとうございます。