「さとみちゃん」 まみ

4月1日

 さとみちゃんのお誕生日でした。朝、お仕事組さんの朝食で、お仕事組さんと一緒にお祝いできて、夕食の席でもみんなでお祝いできて嬉しかったです。
 さとみちゃんのことが大好きです。深くて、大きくて、遊び心に溢れていて、それでいて優しくて、繊細で。写真、サックスやウィンドシンセ、音楽、芸術。さとみちゃんが表現するものは、さとみちゃんの奇麗な心がそのまま映し出されていて、美しいです。
 日曜日の部活動のアンサンブル部で、さとみちゃんと一緒に活動させてもらっています。さとみちゃんの世界観をサックスや音楽を通して教えてもらって、自分の狭い世界を広げてもらっているなと感じます。
 さとみちゃんと一緒にいさせてもらうと凄く安心します。さとみちゃんは、いつでも、自分自身よりも一緒にいる人の気持ちを大切にしていて、「誰かの為に」という優しさで溢れているから、一緒にいさせてもらうと、とても幸せな気持ちになるのだと思います。
 マックへ行く曜日も同じで、さとみちゃんの存在にたくさん助けてもらっています。私も、さとみちゃんのような人になりたいです。

 夕食の席で、お父さんとお母さんの、さとみちゃんへのコメントを聞かせてもらえて嬉しかったです。お父さんとお母さんと、さとみちゃんが、これまで一緒に過ごしてきた時間の大きさは私には計り知れないけれど、お父さんお母さんがさとみちゃんのことをとても大切に思っている気持ちを感じました。これまで、一緒に向かって闘ってきたことや、絶対に諦めなかったことを話されていて、お父さんお母さんとさとみちゃんの絆の強さを感じて、なぜか涙が出そうになりました。

 

 昨日、あゆみちゃんに教えてもらったことがありました。
 前々から変われていないことで、曖昧にしてしまうことが、自分の中の大きな欠落で、乗り越えなければいけない課題だと思いました。相手の人と話していて、Aか、Bかしか答えがない時には、本当は自分から意志表示しないといけないと教えてもらいました。私はいつも出来ていませんでした。

 コミュニケーションの取りにくい人だなとなってしまう。答えがないわけじゃなくて、2つに1つのときに、自分から「こうします」と意思表示をする。そうでないと相手の人に言わせてしまう。「言わされたな」と思わせてしまう。
(物腰が柔らかで、弱い人だから)と見えるかもしれない。(ああいう人だからな)、と思って流されるかもしれない。けれど、いつまで経っても気の使えない人になってしまう。いつまでも、甘えの強い人になってしまう。

 私は、いつでも相手の反応を気にして、間違えたり失敗を選んでしまうことが怖くて、頭をフリーズさせて、意思表示しない方に逃げて、曖昧にして、わからなくしてしまっていると思いました。
 このままではいけないです。変わらないといけないです。