「走りきった」 ちさ

3月31日

 なのはな駅伝大会に向けて、タイムトライアルを行いました。
 4組に分かれて、3分おきに出発。
 お母さんの笛の合図で1組目のみんながスタートしました。れいこちゃんやりなちゃんが最初から速かったです。これから2.5キロ走ってくるのだと思えないスピードでした。
 そして3分を待ちます。
 3分とはこれほど長かったのか、と思いました。心拍数が155ぐらいまであがっているのではないかと思いました。
 最初にお父さんが、「みんなが大好きな競争です! 全力疾走してきてください。」と仰り、えぇっ、と思いましたが、そういう競争なら楽しそうだなと思いました。お互いがベストを尽くし合うためのライバル、高め合う競争、楽しむ競争ならありだなと思いました。前のみんなが実際は緊張して体内ではドクドクバクバクしているだろうけれど、爽やかにスタートしていく姿に気持ちが高まりました。

 9分経って、いざ私たちの番。隣のみほちゃんが前傾姿勢になっていました。その気合いが格好良くて、負けないぞ、と引き締まりました。
 笛の合図で2.5キロの旅へ。
 しほちゃん、みほちゃん、まりこちゃん、のんちゃんが、最初から飛ばしていました。特にしほちゃんの走り。一歩がすごく大きくて、キリンみたいで、格好良かったです。風になっているみたいに軽くて、背中を追っていても自分まで軽くなる気がしました。
 那岐山に向かって走る直線のところですでに、息の音が聞こえました。こんなスピードで2.5キロも走ったことがなかったので、どうなるのかと思う気持ちもありました。けどそれ以上に、肺がつぶれてでもいいや、という気持ちが大きかったです。自分がぶっ壊れてでもいいや、と思いました。もっと言えば、全力で走って、今の自分を包んでいるオブラートのようなもの、靄のようなものをぶっ壊して、破ってやりたい、と思っていました。
 肺をこんなにフル活用したのは本当に久しぶりでした。きつくはあったけれど、それがとても気持ち良くて、爽快感がありました。自分の中にある雲(曇った気持ち)を吹き飛ばしていくような感覚でした。
 まりこちゃんの背中が5メートルぐらい先にありました。私はそれを親鮫に走りました。まりこちゃんの走りはぶれなくて、足腰がすごいなと思いました。安定していました。
 1つ目の坂を上り、下りの後半、後ろからものすごい足音が聞こえます。のりよちゃんだ、とすぐに分かりました。抜かれたくない、と思いました。良い意味でそういう負けたくない気持ちを持っていると、どこまでも力を出せて、自分を超えていけるなと思いました。
 最後の1番の坂に、カメラマンのかにちゃんが待っていました。坂であってもかにちゃんがカメラを向けている、そう思うと爽やかに走るランナーを演じられました。演じると本当にその通りに、爽やかに走れたのが不思議です。

 限界って、自分が思っているよりずっとずっと遠くにあるんだろうと感じました。もう無理なのではないか、というのは勝手に限界を作っているだけなんだろうと思います。力の出し方、力の作り方を分かるかどうかなのかなと思いました。
 何かを演じる。誰かのためにやる。誰かに応援して貰い、それに応えるための自分でいる。そんな風にやっていたのなら自分に限界はないです。だから、どうやって自分の目標を持つか、何を目的にして自分を使うか、そのことがどれだけ力を発揮出来るかどうかの分かれ道なんだと思い、良い風にモチベーションを作って、自分を律し、材料になりたいと思いました。
 坂を登り切ってからは、最後の勢いで加速しました。羽が生えたように進むのが面白くて、気持ち良かったです。

 帰ってきたとき、お父さんお母さんを始め、みんなが待っていて、すごく嬉しかったです。普通は最後が1番きついのに、最後が1番からだが軽くて、ゴールに、みんなのもとに飛び込む気持ちでした。
 頬を赤らめ、誰もが爽やかな顔をしていて、みんな同じような思いでゴールしたんだなと思いました。
 タイム覚えといてくださいと始めにお父さんに言われていましたが、聞き取れなかったです。それに、タイム含めてのガチンコの競争じゃなくて、タイムなんてどうでもいいなと思いました。そうやって競争という形でお互いに全力を出し合い、走りきったことが本当に嬉しかったし、帰ってきてみたら凄く楽しかったと思いました。
 駅伝大会、すごく拮抗しそうで、白熱した試合になりそうだと思いました。すごく楽しいマラソン大会になりそうだと思いました。

***

 畑の図面書きも順調に進んでいます。手書きで書いている感覚の図ではなくて、実際の値での縮尺で、コンパスで一辺一辺書いていき、最後の一辺が繋がったとき、言われてみればこんな形だ! という小さな感動があって、面白いです。
 けいたろうさん、あやかちゃん、ゆいちゃん、つきちゃんが、同じように楽しんでくれていたり、緻密にしたい、という気持ちで作業を進めてくれていて、心強いです。どう進めていったら良いのか上手く伝えられなかったり、やり直しもあってしまっているのですが、いつも笑顔で応じてくれたり、同じ意識で向かってくれているのが本当に嬉しくて、救われます。
 また、日記読書の時にりなちゃんに力を貸して欲しいと声をかけると、「やります!」と嬉しそうに言ってくれて、本当に救われました。
 中心で進めさせてもらっていて、今まで私はリーダーさんにどこまで沿わせられていただろうか、と思いました。笑顔で引っ張ってくれていて、どっしりと見えるけれど、簡単なことではないだろうと思いました。今一緒に作業をしてくれているみんなや、りなちゃんのように、リーダーさんの小さなスーパーマン、天使になりたい、と強く思いました。

 

 もっともっと書きたいことがありますが、時間なのにここで提出します。
 読んでくださりありがとうございました。
 おやすみなさい。