「好きになる作戦!」 れいこ

3月31日

 今朝は、8時半朝食だったので、簿記の時間がたくさんとれて嬉しかったです。
私はここまで、2級の勉強がなかなか気合が入らず、もどかしい気持ちでしたが、やっと一昨日にスイッチが入りました。

 最近、やるべきことがたくさんあって、やりたいこともたくさんあるのだけれど、なんとなくいっぱいいっぱいな感じで、どれから手を付けていいのか分からない、全部中途半端になってしまっているのではないかという不安感がありました。
それで、畑チームのことでも、行き違いが重なって、パニックになってしまった夜、ちさとちゃんとまえちゃんが、本当に優しく根気強く寄り添って、話を聞いてくれて、いろんなユーモラスな解決策を一緒に探してくれて、私は救われました。
 ちさとちゃんが、畑のリーダーをしていたとき、衣装部のリーダーをしていたとき、失敗したこともたくさんあったけれど今だから笑って話せるんだと、いつもと同じ飛び切り優しくて温かい笑顔で伝えてくれました。
 困ったとき、いつもちさとちゃんがすぐに気が付いて、気持ちを同じくして真剣に寄り添ってくれて、ちさとちゃんの存在に何度も助けてもらっているし、ちさとちゃんのようにいつも全力でやさしくありたいなと思います。
 まえちゃんは、言動も思考も、とても潔くて爽やかで、根気強くて、憧れます。
まえちゃんが、最近気が付いたんだ!と、教えてくれました。
 バンドの配線をするとき、メンバーに均等に仕事を割り振ろうとしてしまったら、なかなか上手くいかなかったけれど、みんなに1つずつだけ役割を頼んで、例えば、あなたはひたすらライン巻き担当とか、電源を入れる担当とか、そんな風に得意なことを1つ徹底的にやってもらうようにしたら、上手くいったんだと、話してくれました。
 みんなも1つなら確実にできて、気持ちがいいし、コミュニケーションも上手くいきやすいよと教えてくれて、それは本当にすてきなアイデアだなと思いました。
 私も、さっそく畑チームで、実践してみました。
 畑Cチームの新企画で、スペシャリスト制度を取り入れてみました。
 1人1つの野菜だけをひたすら極めて、その担当野菜だけに関しては何でも答えられる!スペシャリスト!になってもらうことにしました。

主に、各担当野菜の…
1 手入れのスケジュール管理
2 最低3日に1回は会いに行って、常に状態を把握している
3 栽培記録を責任を持って残す
ということをみんなに協力してもらって、早速、第1回目の調べ物をお願いしました。
 自分の頭だけで全体を把握しようと思うと、何となくいっぱいっぱいで、ほかのことが手につかなくなっていたけれども、みんながとても精力的に楽しんで調べ物をしてくれている様子で、胸のつっかえが取れたような、希望が湧いてきました。
 むしろ、私が勝手に自分から孤独になっていただけだったと思いました。もう、そういう頑張り方はしません。
 Cチームのみんなで育てる、春・夏野菜をいいものにしたいです。
 それから、ちさとちゃんやまえちゃんがもうひとつ、自分と同じところを通っている先輩や仲間にどんどんアドバイスをもらったらいいよと話してくれました。
 やよいちゃんに、畑と簿記とをどうバランスを取ったらいいのか、つい野菜のことを考えてしまって集中しきれないということを尋ねました。
 そうしたら、やよいちゃんも同じように悩んだとき、あゆちゃんにアドバイスをもらったことを話してくれました。
 責任者ということもあると、つい頭の7割以上が野菜を占めてしまって、簿記が1、2割になってしまうと集中が難しいので、この期間だけは無理やりでも野菜を2割くらいに抑えるということ。そのために、朝の時間は徹底的に簿記だけをすることにしたり、任せられるところはどんどん仲間に助けてもらって、勉強モードになることを教えてもらいました。
 何より…
3級はほとんど勉強しなくても受かるけれど、2級はそういうわけにはいかないんだ、という言葉にハッとして、ようやくエンジンがかかりました。
 これはもう、好きになる作戦しかないな!と思いました。
初めはあれほど抵抗があったソフトバレーも畑も、好きになることができたのだから、きっと簿記も好きになれます。
 簿記人になってみることにしました。

 今日は、なのはな駅伝大会に向けて、第1回目のタイムトライアルがあって、『梅の木コース』をみんなと全力疾走できて、嬉しかったです。
駅伝大会に向けて、まえちゃん、のりよちゃん、あけみちゃん、りなちゃんと一緒に、実行委員をさせてもらうことになって、より一層ワクワクして楽しみだなと思います。
 私は1組目で、子ども組が多いチームで走ったのですが、みんなスタートから全力疾走で、その勢いと活気にあふれる空気に押されて、私も燃えてきました。
 なのはなのみんなの、そういうところが大好きだなと思いました。
 中でも、りなちゃんの足取りが頼もしくて、堂々と先頭を駆け抜けていって、その後姿が嬉しかったです。
 でも、やっぱり私も、勝負事には意地でも勝つ!という負けず嫌い魂に火がついてしまって、上り坂でギアを2つくらい上げていきました。
 心臓がバクバクして、脚の太ももの筋肉がピコピコかくせいしていくかんじがして、面白かったです。
 肺を最大限に膨らませて息をしていると、生きてる!!という感じがして、気持ちよかったです。
 みんな本当に速かったなと思って、やっぱり日ごろのフルメニューの積み重ねですごく力が付いているんだなと思いました。
 希望が湧いてきました。
 いい日でした。