「お祝いの気持ちを込めて」 あやか

2月27日

今日は、永禮さんのお誕生日でした。
ささやかだけれど、みんなでお祝いの気持ちを込めて、演奏と色紙を送りました。

『ネバー・ギブ・アップ』『シャンデリア』『フラガール』を演奏しました。
『シャンデリア』は、れいこちゃんの一輪車が入った特別バージョンでした。
ダンスメンバーの編成やフォーメーションも新しくなっていて、永禮さんにいちばんに見ていただけて、嬉しかったです。
昨日の夜に、初めてダンスと一輪車を合わせました。金時太鼓の教室があったため、私は昨日の夜の練習に、参加出来ませんでした。
なので、実は、一輪車が入ったシャンデリアの完成形を見るのは、本番が初めてでした。ちょっとドキドキしていました。
自分もダンスを踊っているので、全部をじっくり見ることは出来なかったのですが、すごく素敵だなと思いました。華やかさが増して、魅力が底上げされた、と感じました。

『フラガール』を踊っていて、自然と、笑顔が溢れてきました。
永禮さんが、全身でお祝いの気持ちを受け止めてくださることが、嬉しかったです。

色紙は、主に、けいこちゃんが担当してつくってくれていました。
開くと、みんなからのメッセージが書かれたハートがちりばめられていて、ほっと心があたたかくなるような、素敵な色紙でした。

永禮さんの明るく、親切で、あたたかいお人柄に、いつも気持ちを救っていただきます。
永禮さんが居てくださると、それだけで気持ちが明るくなったり、作業が楽しくなります。
鵜の羽フェスティバルに出演したとき、お正月に獅子舞を見せてくださったとき、などに感じることですが、永禮さんは、私達に良かれの気持ちで助け合える関係、というものを見せてくださいます。

永禮さんのことが、大好きです。お誕生日をお祝いできて、嬉しかったです。

さとえちゃんが、なのはなに帰ってきてくれてました。
さとえちゃんと一緒にいると、ベースの真面目な気持ちは変わらないけれど、少し雰囲気が変わった、と思うところもあります。
話し方、言葉の返し方、など、大人らしい落ち着きを感じます。
卒業生さんが帰って来てくれると、場所は違えど、変わらない気持ちで成長し続ける姿に、刺激と希望を貰います。

今日から、のえちゃんがなのはなに来てくれました。
“いのうえ”から“のえ”の字を取って、のえちゃん、とのことで、可愛らしい響きが素敵だなと思います。
夜、3年生教室に行くと、ゆきなちゃんと一緒に荷物を整理しているのえちゃんに合いました。
今日から、一緒のお部屋で生活出来ることが嬉しいです。