「みんなで向かう、バレー・フルメニュー・畑」 ななほ

2月23日

・早朝 種蒔き準備

昨夜、やよいちゃんに声をかけられて、今朝は朝食前に種蒔き準備の作業をさせて頂きました。
まりのちゃんとけいたろうさんと私の3人だったのですが、久しぶりの早朝作業が気持ち良くて、朝日がどんどん昇っていくのを感じました。
最初は霧が濃かったのですが、まりのちゃんとビニールを撒いて、苗を外に出していたら、あっという間に空気が変わって、真っ白で中が見えなかったハウスが、透明になりました。

苗運びの後は、まりのちゃんにお願いされて、私は覆土作りをしました。最初、『覆土』がどういう物なのかピンとこなかったのですが、けいたろうさんが「種まきをする時に、上に被せるんだよ。覆うに土で覆土」と教えてくれました。
私はあまり種蒔きの作業に入る事が無いのですが、以前、ニンジンの種蒔きをさせて頂いた事があって、みんなが覆土を使ってくれるのを想像するとワクワクしました。
覆土は土を振り位にかけて、細かい土だけを集めた物なのですが、保育園ぶりのさら砂造りが最高に楽しくて、夢中になってしまいました。

気が付いたら朝食の時間になっていたのですが、発泡スチロール2つ分の覆土ができて嬉しかったです。
早朝の作業で少しドキドキしていたのですが、やっぱりお手伝いができて良かったなと思うし、朝の空気を感じてすごく心も体もリフレッシュしました!

・よしえちゃんの姿

午前の後半のフルメニューは、少し人数が少なかったのですが、よしえちゃんとるりこちゃんが進めてくれて楽しかったです。
いつもの柔軟体操・筋トレの後に、みんなと石生・奈岐コースのランニングに行きました。
まだ今期は一回しか走っていなかったのですが、今日は凄く自信があって、楽々と走る事ができました。
気が付いたら石生の坂に来ていたり、奈岐コースに入っていたり、頭の中で考え事をしていたら、足が勝手に動いていて、あっという間にランニングが終わってしまいました。

石生コースを走っていたら、出会う梅の木の花が殆ど咲いていたり、薄ピンク色の花や濃いピンク色の花。一本の木にチラチラと梅の花が咲いている光景が上品で癒されました。

奈義コースに入ってからも、梅林の梅が咲き始めているのが見えたり、今日は物凄く暑くて、夏のようで、ランニング日和だなと思いました。
走り始めはものすごく寒くて凍えてしまいそうだったのですが、走っていると汗だくになったり、太陽の光が強くて、「生きている」と感じました。
今日のお題の『みんながやってみたい球技』では、私が知らない球技も出ていたり、「なのはなのみんなと大玉転がし」とあって、イイなと思いました。
サーブでは、私はななほだから、「セブンスターストレートサーブ」と行ったのですが、あやこちゃんの「運を天に任せなサーブ」や、まなかちゃんの「気まぐれサーブ」。
みほちゃんの「あれ~サーブ」など、すごく面白くて、その人らしいサーブ名がたくさん出ていて、お題が可愛くて温かい気持ちになりました。

ランニングの後もクールダウンをして、キャッチボールを10分間したのですが、日によっても、人によっても全然キャッチボールが違くて面白いなと思いました。
一回も落とさない日もあれば、グローブのせいなのか取れない日もあったり、今日は球を遠くに、早く投げる事ができて気持ち良かったです。
本当にフルメニューが気持ち良くて、スッキリしたし、明日は祝日で家族全員とのフルメニューが楽しみだなと思いました。

・家族みんなで協力して!

午後は、滝川奥畑の畝立てから始まりました。まきちゃんに畑を案内して、まきちゃんリーダーで楽しく、テンポよく作業ができて嬉しかったです。
まきちゃんのユーモアや、会話が面白かったり、「ななほちゃん、何か持ってないの?」と聞かれて、「ああ~今日は何も持ってないな~」と私が言って、この会話は普通の人には分からないよなと思いました。
ナゾナゾやクイズを持っているかどうかの話なのですが、本当にまきちゃんと話すと、思わず吹き出してしまう位、小さなユーモアがたくさんあって、畝立ても進んで嬉しかったです。

途中から、私は吉畑奥の水やりをさせて頂きました。最初にやよいちゃんが水やりの方法を教えてくれて、何と、ボウモ君のホースにジョーロのキャップを取り付けて水やりをしました。
今まで、どうしてもシャワーで水やりをしたいときは、ホースではなくジョーロに捨て上げていたのですが、新しい発見でホースにジョーロのシャワーヘッドが取り付けられると分かりました。
それがとても嬉しくて、画期的で、飛び跳ねてしまったのですが、ピッタリフィットして水圧にも耐えられるし、吉畑奥は高低差も少ないのに、ものすごく水の出が良くて、本当に凄いなと思いました。

改めて、お父さんの案ややよいちゃん達のタンクの設置やホースの仕組みがすごいなと思ったし、今年の夏の水やりも楽しみになりました。
吉畑奥のほうれん草は、第一弾と第二段があって、第一弾は1条5秒、第二段は10秒で水やりをしました。
ほうれん草の様子によって、水やりの量を変えるやよいちゃんはさすがだなと思ったし、吉畑奥のほうれん草の発芽率が、ほぼ100%ですごいなと思いました。
特に、種がコーティングされている事を踏まえて、初期段階は種のコーティングが解けるように考えられていたり、少し大きくなったものは、与えすぎず、与えなすぎず、その計算に驚きました。

やよいちゃんが畑に向かう姿、考え方が私はすごく好きで、尊敬していて、水やりを通してもたくさんの事を吸収させて頂けて嬉しかったです。
水やりをしていると心が清らかになる感じがしたり、「1、2、3、4、5」と時間を数えていると、ものすごく集中できて、気持ちが安定して、すごく楽しかったです。
これからほうれん草が成長していくのが楽しみだし、水やりの時に何度も虹を作れて、温かい気持ちになりました。

そして、水やりの後はタンクの補充をして、私はほうれん草の種蒔きの作業に合流しました。
最近はいつ雨が降るか、雪が降るか分からないので、今日は大人数で吉畑下のほうれん草の種蒔きをしました。
いつも、種まきは10人前後で行うので、吉畑下がものすごく活気にあふれていて、賑やかでした。
私もビニール掛けや、土かけなど鍬を自分の精いっぱいで使えて本当に気持ち良かったし、洗濯バサミで止めたり、手が空かない仕事はすごくやりがいがあるなと思いました。
特に、私は鍬の作業がすごく好きで、畝立てでもすごく真っすぐで綺麗な畝を立てることができたり、ビニール掛けも何倍速化の様にできて達成感を感じました。

ほうれん草は新しく育てる品種もあり私もドキドキしました。
最初は、吉畑下全部で終わるか不安だったのですが、5時前に作業を終わらせることができて嬉しかったし、最後にやよいちゃんと何人かの人と種集めという、シークレット作業もできてすごく楽しかったです。
今日は家族みんながバレーに向かっていたり、畑作業をしたり、すごく楽しくて、改めて、みんなの事が大好きだと思いました。

また、夕方も絹さやのビニール閉めに、Aチームさんも来てくれたり、洗濯物当番もみんなと協力してできて嬉しかったです。
今日は午前にソフトバレー大会の応援に行かせて頂いて、選手のみんなの姿やなのはなの空気を感じて嬉しかったです。
どこにいても、誰といても、なのはなの子として、みんなの代表としてソフトバレーをする姿や、楽しそうに爽やかにソフトバレーをするみんなが素敵でした。
次回は、私もソフトバレーの練習をして、もっともっと上手くなって、子供組のみんなと試合に出たいなと思いました。