「責任をもって」 まゆこ

2月20日

今日は、津山中央看護専門学校でのお父さんの講演と、みんなの演奏がありました。みんなと同じ気持ちで、私も仕事にむかおうと思いました。また、ホームページを見てみたいなと思います。

 

私事ですが、お父さんお母さん、みんなのおかげで、今日31歳を迎えること出来ました。本当に、ありがとうございます。

食堂の黒板には、かわいすぎるのではないかと思うくらいの似顔絵を描いて下さっていて、朝はお仕事組、学校組のみんなが『ハッピーバースデー』を歌って下さいました。
「一緒にいることができて嬉しい」など、私にはもったいないくらいの言葉をかけてくれました。

職場では、信用課のみんなが、かわいいハリネズミのイラストのふわふわのブランケットと、魚座の人へのメッセージが書かれている本をくださいました。課長が朝に「お誕生日おめでとうございます」と声をこっそり掛けてくださり、朝からとてもあたたかい気持ちになりました。

また、去年コンサートに来て下さった経済課の女性のかたは、「おめでとう」と、靴下とハンドタオルとお手紙を下さいました。他の課の後輩がりんごジュースがすきな私に、『100%リンゴジュース』をくれました。
1日に、いろんなかたが「おめでとう」と声を掛けて下さいました。

 

帰宅すると、集合をしていて、お父さんお母さん、みんなが「お誕生日おめでとう」と言ってくれたり、リビングや廊下で、まちちゃんやななほちゃん、しほちゃんなど、いろんな人が「おめでとうございます」と声を掛けてくれました。
みんなが、たくさん、あたたかな言葉をかけてくださいました。

 

私は、周りの方々から、もらってばかりです。
たくさん助けていただいて、許していただいていると思います。今、こうして前向きに生きていられるのも、お父さんお母さん、なのはながあるからです。なのはなにきて、初めて安心する事が出来、いけないことをしたら、お父さんお母さんがちゃんと叱って下さり、困ったときは、一緒に考えて下さり、いつも正しい方へ導いて下さいます。

 

私がなのはなに来たとき、私が「帰りたい」と大泣きしたとき、お父さんは、「今苦しくても、ここにいたら絶対に楽になるから。花を見ても、つばめをみても、綺麗だな、かわいいなと思える日がくるよ。だから、頑張ろう」と話して下さいました。

お父さんは、絶対に嘘をつきません。お父さんは、私が落ち込んだとき、少ししか話しをしなくても、なんで悲しいのか、なんで悩んでいるのか、困っているのか、私が分かっていなくても、私以上に理解して下さいます。
お正月に、お母さんに私の間違いを叱っていただき、私は、そのことが本当に嬉しかったです。
私は今まで、自分を守る為に、人の上に立たなければいけない、とか、悪い意味で八方美人で、自分を取り繕っていました。でも、それは違うと、お母さんがちゃんと叱って教えて下さったことで、すごく、すっきりしました。私は凄く弱くて、未熟で、何も分かっていなくて、それでも、真剣にお母さんが叱って下さって、とても、ありがたかったです。

お母さんは「諦めなければ道は必ず開ける」と教えて下さいます。その言葉を思うと、私はどんなに未熟でも、間違っても、絶対によくなれる、と思う事が出来、前を向くことが出来ます。
お父さんお母さんがいてくださるから、信じられる人がいてくださるから、なのはながあるから、私は今、自信をもって、仕事に行くことができます。
今、仕事場でも、どこでだれといても『私はなのはなのまゆこなんだ。お父さんお母さんの子なんだ』と思うと、何があっても、『大丈夫だ』と思う事ができます。弱気になりそうになっても、そう思うと『よし、頑張ろう』と思う事が出来ます。

 

私は、堕落する自分と、いつも隣り合わせです。目先の評価のためではなくて、私は、昨日の自分より今日の自分が少しでも良くなれるように生きたいです。

分からない事、出来ていない事を曖昧にしたり、偉そうに出来る振りをしたり、逃げたり包み隠すのではなくて、謙虚に、腰を低くして、学び、成長していきます。

だれが見ていても見ていなくても、神様が見ています。どこを誰に見られても、恥ずかしくないように、どんなときも自分を律して、真面目に、地道に、謙虚な気持ちを常に忘れずに、生きていきます。

毎日「偉そうだったな」「あれは謙虚じゃなかったな」「もっと確認していたらよかったな」など、間違った、と思う事がたくさんあり、もう穴があったら入りたい気持ちになるけれど、受け止めて、素直に改めます。
私には、まだ見ぬ誰かの為に、なのはなの価値観を広げて生きていく責任があります。神様からいただいた使命を、責任もって、果たします。
もっと、なのはなの子になります。損得勘定も競争もない、お互い様の関係を、優しい社会を広げていきます。

お父さんお母さん、なのはなのみんな、周りの方々への感謝の気持ちは、一生かかっても、いただいた方には返せないかもしれないです。 でも、お父さんお母さんに教えていただく正義や、周りの方からいただくやさしさを、私の所で止めずに、私の周りの世界に広げ還元していきます。

私の事ばかり書いてしまい、すみません。よんでくださり、ありがとうございました。