「新たなスタートがたくさん」 りな

2月20日

先発メンバーさんは朝早くから出発していて、マラソンはとても人数が少なく寂しかったです。でも、後発メンバーがマラソンをしている間も古吉野でダンス練習をしていて、気持ちが正されました。
今日から石生奈義コースになりました。昨日よりも1.5キロも長くなって、最後まで走り切れるか少し不安でした。でも、初めてはやっぱりワクワク感で足も息遣いも軽かったです。
1つ目のお題は「2つ目のお題で回していみたいもの」でした。これで出た中から2つ目のお題が決まると聞いて、とても楽しくて聞きたいものを考えました。
考えていると、とても楽しくてすぐに坂のところまで来てしまいました。私は「育ててみたい果物」と答えました。どのお題も楽しくて、「なってみたいヒロイン」というお題が好きでした。私だったら『もののけ姫』のサンかなあと思いました。
人数が少なく、お題が早く回ったので2周できました。それでも坂は続いて、最後はみんなで「ファイト」とかけ声をしました。人数が少ない分、大きな掛け声でみんなを元気づけたいと思いました。大きな声を出したら、力も比例して湧き上がってくるようでした。

奈義コースの民家の道沿いに、薄紫の芝桜が咲いていたり、黄色のクロッカスやさらには1輪だけムスカリが咲いていて、色とりどりでした。
2つ目のお題は、出演メンバーが舞台で表現しているので、私達も表現しよう! ということになり、「自分を動物に例えるなら」と「自分を漢字1文字で例えるなら」の2つを回しました。シンキングタイムが短くて、とっさの回答だったけれど、動物はねずみにしました。みんなの動物が「バッファロー」だったり、「カバ」だったりたくましいものばかりで、中には「アルマジロ」という私が見たこともないような動物も出てきて思った以上にとても面白かったです。
漢字はとても難しかったです。人の漢字はぱっと合ったものを思いつけるのに、自分の漢字は分からなかったです。なんとなく「柔」という感じにしました。「柔軟に物事を考えらるようになりたい」と願って考えました。

午前は嫁入り作業をしました。しほちゃんがいなくて緊張しました。まずはセロリの嫁入りをし、次にロスのサツマイモ洗いをしました。
ロスに行くと、サツマイモの計量をしたときよりも、段ボール箱がとても減っていて、少し悲しかったです。でも、焼き芋をこんなにたくさん食べた年は初めてなので、ありがたいなあと思いました。
しほちゃんの伝言では、20キロのサツマイモの洗いを終わらせる目標でした。大体段ボール5個分ぐらいで、時間内に終わらせることが出来るのか心配になったりしたけれど、5分でざるいっぱいの芋を洗うことが出来ていて、この調子でいけば全部洗えるんじゃないかと自信がつきました。帰ってきたしほちゃんを驚かせたい! とゆきなちゃんと言っていて、もっともっとスピーディになりました。
そして、初めてのブロッコリーの嫁入りもさせてもらいました。

昼食は24人ほどで、お父さんもお母さんもいなくて寂しかったです。でも、ほとんど全員がコメントを回してくれてあゆみちゃんや河上さんは今日のフルメニューのお題の「動物に例えるなら」と「漢字1文字に例えるなら」も言ってくださり、みんなの心遣いがとても嬉しかったです。今頃演奏が始まったころだろうなあと誰もが心の中で感じていました。

午後はのりよちゃんリーダーで今年初の紫黒米の選別をしました。今日1日、新しいマラソンコースだったり、ブロッコリーの収穫だったり、新たなスタートがたくさんあるなあと思いました。出演組のみんなにニュースを伝えたくてたまらない気持ちになりました。紫黒米は全部で3袋ぐらいあるそうで、今日は1袋目安に1時間集中しました。紫黒米の選別はとてもシンプルで、トレーにたくさんの量を出してもいいし、面白いほどサクサク進みました。
じっくり見ると、芽が出そうなものがあって、それも取りました。お米で稲を育てるの? とのりよちゃんに聞くと、「種用のお米は種籾って言って、もみがついたまま蒔くんだよ」と教えてくれました。当たり前のようだけれど、私は稲の種がお米だとは知りませんでした。でも、そういえば5月にグラウンドで育苗機の苗に水をやったことを思い出しました。今年は去年より心を込めて水やりしたいなあと思いました。
約1時間ほどで米袋1袋分が終わってしまいました。本当に1時間があっという間で、とても楽しかったです。あと2袋かと思ったら寂しくもなりました。紫黒米の選別は自分自身にしっかり100パーセントだと断言できるぐらい見ることが出来て、しかも進みが早いので私は選別の中でも大好きです。

4時になって出演メンバーのみんなが笑顔で帰ってきてくれて気持ちが一瞬でほっとしたような感じがしました。ななほちゃんが、「スペシャルゲストもいらっしゃってた!」と言っていて、誰だろうと思っていると、選別キットを片付けようと廊下に出るとなんと大竹さんの姿が見えて、
とても驚きました。明後日までいらっしゃると聞いて、それまでに大竹さんと色んな事をしたいと思いました。
そのあとの集合でお父さんお母さんのお話を聞けたことがとても嬉しかったし、講演も演奏も良かったことを聞けて、心から安心しました。お父さんの講演は、看護師さんだけじゃなくて私達自身に問うべきことがあるんだなあと改めて思って、私もお父さんの講演が聞きたかったなあと思いました。でも、今日の集合のお話だけでも十分気持ちが正されました。

昨日から、「明日ハウスミーティングあるかなあ」と少しきがかりで、でもこんなあわただしい中ハウスミーティングをしてくださったことがとても嬉しかったです。
色んな質問をさせていただいて、間違いを正すところだったり、念入りに心に刻み込まなければならないものをたくさん教えて下さってとても貴重な時間だったと思いました。お父さんに質問させていただくたびに、共感を頂いているような安心した気持ちになれて、もっともっとよく生きたいと思えます。
私はつい最近まで、もやもやしていても言葉に出来ずに内にこもっていました。でも、お父さんお母さんに質問したり、こうして日記で繋がっていると、心の中から言葉があふれ出てくるようです。今の私はこころの中にお父さんお母さんがいて、もう空っぽではなくなりました。これからも色々悩むこととかあるだろうけれど、ちゃんと生きていこうと思いました。

明日も精一杯頑張ります。