「気持ちを新たに」 あやか

2月16日

「勝央金時太鼓コンサートに出演して」

勝央金時太鼓コンサート『音の饗宴』に、出演してきました。

今週いっぱい詰めてホールに通い、金時太鼓保存会の方々や、マリンバ奏者の方と、練習と最終調整をしてきました。
そのなかで、自分達の演奏の調整をさせていただくだけでなく、保存会の方の太鼓の演奏や、マリンバの演奏、照明の調整を間近で見学させていただくこともできました。とても貴重な経験をさせていただきました。
徐々に完成されていくステージのなかで、程よい緊張感を感じながら、練習に向かいました。本番に向けての気持ちがつくられていきました。

開演は14時だったのですが、午前のうちに最終調整がありました。そのため本番当日は、午前9時に到着できるようにホールに向かいました。
午前の最終調整のなかで、なのはなのメンバーは、演奏する曲『風の舞』を、場面転換も含め、1回通して練習させていただきました。(本番までに、叩けるのはこれで最後)と思うと力が入ってしまい、最後の練習では思うように打つのが難しかったです。

最終調整は、個人的に少し不安の残る結果になったのですが、本番は良いようになると信じて向かおうと思いました。
自分の普段の心持ちとか、練習への向かい方とか、思えば不安な要素は沢山あるけれど、午後の本番は、お父さん、お母さん、応援のみんなが見に来てくれます。そう思うと、悪いようにはならないのではないか、今日は、何か大きな力によって良い演奏をさせて貰えるのではないか、という気持ちがしました。

最終調整が終わり、控え室で昼食をいただいていたときに、マリンバ奏者の浜さんと、少しお話をさせていただきました。
なのはなのことをお話ししたり、浜さんは、マリンバや打楽器のこと、普段の活動のこと、マリンバと出会ったきっかけなど、話してくださいました。
マレットを持たせてくださって、片手で2本同時に持つときの持ち方を教えてくださいました。指や手の握り加減で2本のマレットの幅を広げたり狭めたり、というコントロールが必要なのですが、とても難しかったです。広げるよりも狭める方が難しい、と仰っていて、やってみるとその通りでした。

徐々に開演の時間が近づき、私達は衣装に着替えて、スタンバイの時間まで控え室の椅子に座って時間を過ごしました。控え室の照明も落とされて、なのはなのメンバーの間では会話が無くなり、各々気持ちを整えていることが感じられました。

コンサートが始まりました。
1曲目の『那岐おろし』の演奏が始まりました。(いよいよだな)と思いました。
自分達の出番は、3曲目でした。保存会の方の演奏や、まだ視界には入らない客席の空気を感じながら、下手の袖で出番を待ちました。

自分達の出番が近付き、私達は、すぐに出られるように幕の後ろに並んで待機しました。場面転換で、はけてくる金時太鼓保存会の方とすれ違ったとき、「頑張って」と声を掛けてくださいました。

2幕と3幕の間から、つきちゃんを先頭に、締太鼓4人が舞台に出ました。出捌けも綺麗に揃うように、練習をしてきました。明かりが落ちているなか、みんなの動きを感じながら、位置に付きました。
薄く緑のライトが灯って、演奏が始まりました。出だしは、締太鼓の枠打ちから始まります。静かに始まるところで、自分にとっては、ここがいちばん難しく、緊張します。
かにちゃん、まゆちゃんと入って、そこに同調しつつ入っていきました。(上手くいっている)という感触がしました。
長胴太鼓、大太鼓と重なって入ってきて、曲が展開し始めました。みんなとの一体感を感じました。
客席は照明の都合で暗く、舞台からはよく見えなかったけれど、お父さん、お母さん、応援のみんなが見に来てくれているのだなと思いました。そう思うと嬉しかったです。
本番の演奏は、今まで何度も叩いてきたなかで、いちばんあっという間に感じ、夢中のうちに過ぎ去っていきました。曲が終わったとき、静かな高揚感がありました。

自分達の演奏が終わり、最後の挨拶とアンコールまでは、2階席でコンサートを見学しました。2階席から観ると、マリンバや太鼓を叩く手元が良く見え、興味深かったです。
なのはなのみんなが、舞台から2~3列目に並んで座ってくれている姿が見えました。(こんなに近くで見てくれていたのだな)と少し驚きました。アンコールの旗振りも、見せる意識を高く持って、恥ずかしくないものにしようと思いました。

アンコールの『ひらいた』では、花道に立って『勝央金時太鼓』という旗を振らせていただきました。
見栄えが良いように振るのが難しく、古吉野の体育館で振り方をお父さんに見ていただいたり、ホールでも時間を見つけて、みんなで練習しました。自分達にとっては、太鼓の演奏と同じくらい、プレッシャーを感じる役割でした。
『ひらいた』は、踊り出したくなるような明るく軽快な曲で、ラストのアンコールの曲であることもあり、旗を振っていても気持ちが乗りました。

演奏が全て終わり、ホールのロビーでお見送りをさせていただいたとき、卒業生のあきこちゃんにお会いしました。以前、いちどだけお会いしたことがあり、驚いたけれど嬉しかったです。

片付けを終えて、古吉野に戻ってきて、みんなと夕食をいただきました。
演奏を見に来てくれていたみんなからのコメントや、「感動した」という言葉が嬉しかったです。

夜の集合でお父さんが、今回のコンサートをどう思って、どう落とし込むのが良いか、話して下さいました。
お話をきかせていただけて、良かったと思いました。練習をしてくる過程で、または、本番を通して、どう思うべきか迷ったことがクリアになりました。

良い経験をさせていただいて、これからの練習のモチベーションになりました。
練習を通しても、今回のコンサートに向かう過程でも、竹内さんに本当に良くしていただいているなと思います。有り難いことだと思います。
次回の練習から、新しい曲の練習が始まります。気持ちを新たに、向かってきたいです。