2月18日(火)「新道具が活躍●田畑の測量作業」

2月18日のなのはな

今朝、起きて窓から外を見ると、景色が真っ白になっていました。雪が積もっていたのです。
フルメニューの時間にも、細かな雪が静かに降っていて、マラソンは走れませんでした。けれど、室内メニューのサーキットトレーニングが出来ます。

いつものように柔軟をみんなでして、サーキットトレーニングを最初にするチームと体感トレーニングをするチームとで分かれました。
サーキットトレーニングも体幹トレーニングも、心拍数が限界まで上がって、やはりしんどかったです。でも、明らかに始めた時よりも体力や持久力がついて、耐えられるようになりました。そう感じる時、とても充実感がわくし、もっともっと力をつけたいと思います。

全てのメニューをやり遂げたぞ! と思ってみんなで体育館に集まると、実行委員さんが「これから…リレー大会をします!」と宣言して、まさかと思ったけれどとても嬉しかったです。
チーム分けはじゃんけんで、A、B、C、Dチームに分かれました。これは勝たなくては! と気合が入りました。
1戦目は、ソフトバレーボール2人3脚でした。これは、2組で背中と背中を合わせて手を組み、背中の間にソフトバレーボールをはさんで走るというものです。
ボールを途中で落としたら、また背中に挟まなければなりません。さらに、1ペア2周走らねばなりませんでした。
私のチームの作戦は、同じぐらいの身長の人とペアになって、速いほうが外側を走るというものです。
私は外側を走りました。ペアの人と「いっちに、いっちに」と声を掛け合いながら走って、足のテンポを重ねて転ばないようにしました。かに歩きのような横跳びで、とても難しかったけれど、1位をキープすることが出来て嬉しかったです。

2戦目は、ザ・グレイテストリレーです。私はこれが一番面白かったです。これは、『ザ・グレイテスト』の振りをしながら走るという変わったリレーでした。体幹トレーニングの時にBGMでグレイテストが流れると、あけみちゃんとしほちゃんが意味ありげに顔を見合わせて笑っていて、こういうことだったんだと分かりました。
グレイテストのダンサーのしほちゃんやあけみちゃんがお手本を見せてくれました。前に進みながらも本物と変わらないぐらい綺麗にダンスを踊っていて、さすがと思いました。そのあとなおとさんがまねをしたら、全然動きが変わって動物が暴れているように見えて、難しいんだなと思いました。ルールに、両足が地面から離れてはいけないことが増やされました。

私も走らせてもらいました。振りは、右手をグーにして壁をドンドンたたくように、足は蹴り上げるように、首は「いやだいやだ!」という感じで左右に振ります。これをしながら前に進むというのは思っているよりも随分と難しく、前に進もうとすると足に意識がいって振りが出来ているのか出来ていないのか分からなくなりました。でも、なんだか気持ちを発散しているようなすっきりした気分になりました。

P2180092

アンカーはダンサーのしほちゃん、ちさちゃんがいて、2人ともルールをきちんと守ってとても綺麗でした。しかもちさちゃんは飛ぶように速かったです。私のチームのアンカーはなおとさんで、2人をすごい勢いで追いかけていました。応援しないといけないのは私のチームのなおとさんなのに、上品に踊りながら走っている前の2人をつい応援してしまいました。
結果は同率1位になって、嬉しいけれど、なんだかもうちょっと綺麗に走りたかったなあと思いました。

3戦目はガチンコリレーです。しかし、1人2周でした。他のチームが円陣を組んで、裸足になっていて気後れしそうになったけれど、負けずにみんなで手を合わせて声を出しました。
みんな本気になったらチーターのように速くて応援する隙がないほどでした。1位にはなれなかったけれど、とてもいい気持になりました。

最後は「ドーンじゃんけんポイ障害物リレー」でした。しかし、前回と少し違って誰か1人でも相手の陣地に足を踏み入れたら、そのチームの勝利になります。だから、前列の人が運が良ければ勝てるということです。
しかし、どの試合もなかなか勝敗が決まらなくて、最後の最後で負けてしまうことが多々ありました。最後までドキドキで番が回ってくるまで手を合わせて祈っていました。
私のチームは負けてしまって悔しかったけれど、またこのゲームがみんなで出来ると思っていなかったのでとても嬉しかったです。

P2180110

P2180112

フルメニュー後には、もう雪がやんで、青空が出ていました。みんなの元気で雪雲を吹き飛ばしたのかもしれないなあと思いました。
また、雨でマラソンが走れない日にみんなでリレー大会がしたいなあと思いました。

(りな)

***

現在、測量チームが発足している。新たに作物を植えたり、お借りした田畑を正確に測り、その図面と計算図を作成する。図面には畑の形だけではなく方角やあぜなどの周辺情報もしっかり記入する必要がある。みほさんやあやかさんが計算図や図面の清書を書き、私は畑周辺の情報などを絵にして表している。

今朝はあんなさん、やよいさん、あやかさんとで新たにお借りした田畑を見て回った。移動には車が必要そうだ。そして広い田んぼもあった。外は雪景色だ。家々の屋根が白くなり、しんしんと粉が降っている。これは午前中には測量に出掛けられそうもない。ということで午前はあやかさんと溜まった測量メモから清書図を作ろうと言うことで机上での作業をすることになった。だいぶ進められたと思う。

午後になると雪も止んで晴れ間が見え、測量に出掛けることになった。昨日は寒い上に大風で苦戦したものの、今日は大丈夫そうだ。今日のメンバーはあやかさん、ちさちゃん、私の3人である。目標は朝回った田んぼをコンプリートすることだ。強力な道具もある。白井さんがお貸ししてくださった、ゴルフで使う飛距離を測るものだそうで、覗き込んで標準を合わせボタンを押すと距離を測れるということである。スケールでは届かないような広い場所で活躍が期待される。短距離、中距離ではスケール、遠距離は白井さんの道具を使うことで効率良く進められそうだと思った。

P2180002
〈ゴルフの距離計を使い、測量を進めています〉

まずはコミュニティ田んぼと河原小田んぼを見た。直線が多く測りやすそうだ。これらは従来から使わせて頂いている田んぼである。滝川が勢いよく流れている。その音と風を感じながらスケッチしてゆく。だいたいの形が描けたらコンパスで方角を確認して周りに何があるのかを書き込んでゆく。この2枚の田んぼは早く完成した。
次にこの近くにある新しくお借りした田んぼを見た。これは変形パターンだ。橋の近くにあり、橋には「しんまえだはし」とあった。こういったときには全体図を描いて、長方形や三角形などを作りだして面積を出そうとする。その分測る部分は増えてゆくことになるが、落ち着いてしの竹をポイントごとに刺して視覚的に分かりやすくする。
次の田んぼ2枚は縦がとても長い。そこで先ほどの新道具が登場だ。60、70メートルもなんのその。距離が長かったため、念のためにスケールで測ってみても大きな差はなかった。これはすごい道具だ。

P2180014

最後は「かきぞえばし」と書かれた橋の手前と奥にある田畑に行った。この2枚は駐車場を考えなければならないと思った。形も特徴的でありなかなか測量するのは手強そうだ。しかし、あやかさんとちさちゃんは的確に印をつけて図形を作り上げてゆくのであった。
16時45分頃終了!この日測量できたのはなんと7枚! 朝見回った場所をきりよくクリアできてとても嬉しい。明日以降も残りの畑を着実に進めていけたらと思う。

(けいたろう)