「成長すること」 ちさ

2月11日

昨夜ソフトバレーをしました。 落ちると思ったら繋がったり、鋭いスパイクも上がったり、とても白熱したした戦いでした。
そして自分も最近のソフトバレーの中で1番よく動けたと思いました。身体が軽かったです。ボールに気持ちを向けることができて、体を目一杯使えた心地よさがありました。身体だけでなくて、声がでるのが自分でもわかりました。無意識なのに気持ちが自然と開いて、声がでるのがわかりました。逆に言えば、ソフトバレーって本当に気持ちが現れると思いました。絶対お父さんが耳にかけてくれた魔法のおかげです。
また、もう一つ決定的な変化があります。
最近一緒に係や作業をしていて、自分だったらこうしたい、というのをただ思うだけじゃなくて、相手に対して、なんでなの、と思い、どうでもいいことに腹を立てたり、その場にいたくないぐらいコントロールができない状態でした。ですが、同じ人と状況なのに、自分の対応というか、相手への気持ちの開き方や接し方に余裕ができたと感じました。すごく自然にできました。何かを意識して、頭の走りを抑えろ、と思うでもありませんでした。
最近、嫌だと思ってしまったり、人とかに否定的で、自分はいっぱい許してもらっているのに、自分勝手な自分に対して、どんどん堕落していっているんだなって思い込んでいました。けどその必要はない、と思えました。実際に、迷惑はすごいかけています。けど、絶対に良くなること、強くなること、かわること、成長をすることをやめないことが自分にできる唯一の感謝を伝えられる手段だと思いました。

お父さんとお母さんにサンドイッチをしてもらったとき、大きな安心感に包まれました。お父さんとお母さんの子になっていい、じゃなくて、もうお父さんお母さんの子にして貰っているんだということが、他では得られない大きな安心感を私にくれました。

読んでくださりありがとうございます。
お父さん、お母さん、みんなのことが大好きです。