「育てるのが好きな野菜」 りな

2月13日

今朝は布団を無意識のうちに脱いでいるほど暖かくて、これから春に近づいていくのが嬉しいです。外には水たまりが出来ていたけれど、3日ぶりにマラソンを走ることが出来ました。
私には3日が1週間も空いたような気がして、足がなまっているのではないかと走る前は不安と緊張でいっぱいでした。農産倉庫前の坂を上ると、いつもは息が上がらないのに今日はハアハア言って、最後まで走り切れるだろうかと思いました。
でも、今日は味噌づくりメンバーも、簿記部のみんなもいて、列がすごく長くてみんなで走れることが嬉しくなってきました。お題の「育てるのが好きな野菜」を考えながら、走ると、足も軽やかでした。
パッと思いついたのはナスでした。以前私はナス・ピーマン担当になって、ナスの調べ物をたくさんしたことがあります。ナスを調べる中で、ナスの実が過不足の栄養を表してくれていることを知って、面白いと思いました。
また、ナスの剪定が大好きだったので、最初はナスにしようと思っていました。でも、同時に同じいいとこ下で植わっていた「ピーマン」の事を思い出しました。
私はなのはなに来るまでピーマンが嫌いでした。でも、ピーマンの担当にさせてもらい、毎日のようにピーマンの水やりに入らせてもらいました。ピーマンの水やりに固定されて、役割を与えてもらったことが嬉しくて、ピーマンが大好きになりました。水やりをしていて、時には「ほかの作業に入りたかったなあ」と思うこともあったけれど、ピーマンをこんなに長い時間観察できて、ピーマンって面白いなあと思いました。
だから、私はピーマンにしました。私の他にもピーマンと言っている人がいて、同じなのが嬉しいなあと思いました。
50メートル先が全然見えないぐらい霧が出ていたのに、暑くて汗がにじみ出てきました。そういえば、今日の最低気温が8度で最高気温が18度を超えると聞いていたのを思い出しました。

午前はダンス練習を回している間、小豆の選別をしました。未選別小豆はきょうで全部なくなって、少し寂しかったけれど、2次選別と、ささげが残っているので、楽しみです。

昼食の時に、スピーカーの音が良かったとコメントが聞けて、私も嬉しいです。

午後は大人数でアスパラ畑の牛肥入れをしました。のりよちゃんが年末に「1月に畝を全部燃やして、2月に牛肥を撒いてブラウニーみたいにするんだ」と笑顔で教えてくれたのを思い出しました。
下町川の畑は10畝ほどもあって、広いなあと思ったけれど、みんなが1畝に入ると混雑するぐらいでした。前の人から牛肥がいっぱい入ったテミを受け取ると、とても軽くてびっくりしました。そういえば、昨日も一昨日も田んぼの土入れで、テミに土を入れていたので、軽く思ったのだなあと思いました。夏によく牛肥まきをしていたけれど、その時はとても重くてハアハア言っていたのに、今日は持って走れるぐらい楽々で、成長したことが嬉しかったです。
作業してると暑くなってきて、ゆいちゃんがジャグを取りに古吉野まで戻ってくれました。ジャグは今年初登場です。暑すぎて、ゆいちゃんからコップをもらって飲んだ時、お茶なのか水なのか分からないほどでした。でも、すごくおいしくて、水だったのですがこんなに水を美味しいと思ったことはないんじゃないかと思いました。
ゆいちゃんと一緒に車からもんぺ姿の人が出てきました。誰かなあと思っているときにのりよちゃんが「ももちゃんおかえり!」と言って、ももちゃんが帰ってきたんだと気が付きました。帰ってきてすぐピンクジャンパーを着て作業に来てくれて嬉しいなあと思ったし、前から知っている人のようになじんでいて、ももちゃん凄いなあと思いました。
牛肥を撒いた後はほしちゃんとペアになってならしをしました。私達は1畝の奥から入って、手前からはひろこちゃんペアが進めてくれるはずでした。でも、半分進んだところで、手前に誰もいないことに気が付きました。あれ? と思って、周りを見たら、1つ横の畝に間違って入っていました。とても恥ずかしかったけれど、私達のペアは進みがとても早くて、こうなったら私達だけでこの1畝誰よりも早く終わらせようと思いました。実際は2番ぐらいで、スピーディで緊張感のある作業は楽しいなと思いました。
エルフ1杯分の牛肥をなんと40分でまき終わって、みんなの力が集まったら凄いなあと思いました。

次はなのはなのアスパラ畑に行きました。下町川のほうは、牛肥を2層にするので薄く撒いたけれど、なのはなのほうが厚く撒いてブラウニーみたいにしました。
地域の方の迷惑にならないよう、ここでは声を潜める必要がありました。そのため、バケツリレーの先頭ののりよちゃんが「あと1畝です」というと、伝言ゲームのように1人ずつ伝わっていくのが面白かったです。
途中で畝たてのメンバーがヘルプに来てくれて、とても頼もしかったです。バケツリレーの列は50メートルはあるんじゃないかと思うぐらい長かったです。でも、列が縮まると、目が回るぐらい距離が近かったです。
なのはなのアスパラ畑には、エルフ3分の2ぐらいの牛肥を撒きました。全てバケツリレーだったので、実質誰もが分割してエルフ1杯と3分の2の牛肥を持ったことになります。とても多い量だけれど、みんなの一部となって作業していたら、少なく感じるなあと思いました。今日も一日たくさん動けて嬉しかったです。

17日までももちゃんがいてくれるなかなあと思うのですが、ももちゃんと土日も一緒に過ごせることが嬉しいです。明日も精一杯頑張りたいです。