「遊びつくして」 りな

2月6日

昨晩は、スペシャルゲストで英幸さんと村田先生とソフトバレー大会ができて嬉しかったです。
私はれいこちゃん、まよちゃんと一緒のチームでした。
まず、くじを引いて、Aチームメンバーが1人入ってくれることになりました。
れいこちゃんがくじを引いてくれて、ちさちゃんが入ってくれることになりました。
1戦目が私のチームで、相手にはしほちゃんと村田先生がおられました。
でも、私のチームには実力のある顔並みがそろっていて、どんどん点を取ってくれまし村田先生が私を狙って絶妙なところにボールを落としてきて、取れなかったことが少し悔しかったけれど、すごく村田先生上手いなあと思いました。
10点マッチだったので、一瞬のうちに試合が終わってしまいました。
プレイしているほうでは物足りないような気がしたけれど、観客で見ているほうでは勝負の波が激しくて、興奮も多くて楽しかったです。

以前のように3コートで一気に試合するのも楽しいけれど、みんなで1コートを囲って応援するのもあたたかくて面白いなあと思いました。
サーブをするごとに「○○ちゃん1本!」とたくさんの声援がかかってきて、元気をいっぱいもらいました。
村田先生と英幸さんは、いないメンバーを埋めるために毎回のように試合に出られていました。
どの試合でも2人ともとても上手で驚きました。
特に英幸さんは、サーブの時に「よいしょ」と言って打っていて、一見飛ばなさそうなのに凄く遠くに飛んでいました。
まえちゃんの食事のコメントで言っていたことがそういうことだったんだ!と納得しました。
私も次の試合で「よいしょ」と言ってみようかなと思いました。

村田先生は上からのサーブで、ラインぎりぎりを狙ってくるのでとても取りにくそうでした。
村田先生のボールも伸びていて、点が入った時に村田先生が自分をほめていて面白かったです。
サーブをする前にしゃがんで頭を下げて拝んでいたのも面白かったです。

1番盛り上がったのは、なおとさんチームの試合でした。
なおとさんにサーブ権が移ってきて、なおとさんが色んな種類のサーブを打っていました。
お父さんサーブのようにボールがグルグル回転していて、観客でも分かるぐらいボールが曲がっていました。
相手のチームはとっても違う方向に飛んで行ったりしていて、一気になおとさんチームに9点が入りました。

エキシビジョンマッチは、村田先生チームvs英幸さんチームでした。
このチーム編成は、各チームにくじでAチームメンバーが1人と、やよいちゃんが出してくれるなぞなぞに答えられた人2人が出られるというシステムでした。
絶対にこのなぞなぞは答えたくて、足を踏ん張って問題を聞きました。
でも、こういうときほど全然問題が頭に入ってこなくて焦りました。
「スポーツの試合にいるパンってなんだ」、この答えは「審判」です。
簡単そうに聞こえるけれど、私にはちんぷんかんぷんでした。
結局答えられなかったです。

でも、思ったより時間が余って、もう1試合することになり、またなぞなぞが出されました。
今度こそ、と思って聞いたけれど、どんどんメンバーが埋まってきて、最後のなぞなぞになりました。
「食事の後かたずけが面倒で、お皿を洗わずに置いておきました。さて、それはいつ洗えばいい?」というような問題だったと思います。
これも聞いたときははてなで分からなかったです。
でも、やよいちゃんが「さら…だよ」とヒントを出してくれて、「さら」から始まる、時を表す言葉をフル回転で考えました。
そして、「再来週!」と頭よりも先に声が出てきました。
答えはあっていました。「皿異臭」でした。
答えがなぜ再来週なのかは後で分かったのですが、なんとかなぞなぞを解けて嬉しかったです。
私は英幸さんチームでした。
村田先生となおとさんのアタックが強くて負けてしまったけれど、英幸さんとプレイできて、嬉しかったです。
観客席にはあゆみちゃんがいてくれて、英幸さんに「戻るのが遅い!」と活を入れていて、仲がよさそうで心があたたまりました。

今朝、起きて外を見ると雪が積もっていました。
パッソの赤に白のコントラストがとても綺麗でした。
でも銀世界ほどでもなくて、降るなら雪合戦が出来るぐらい降ってほしいなあと思いました。
今日は9時からお楽しみがあるよと朝食の時に聞いて、体育館に行くと、そこにはフラフープやラダーが並べられていて、まさかサーキットトレーニング……?と一瞬驚いてしまったけれど、すぐにリレー大会だと分かりました。

チームは、簿記部1から5期生チーム、6期生チーム、7期生チーム、8期生チームの4チームで、未来の9期生は6期生と7期生に入れてもらいました。
私は河上さんもいらっしゃる7期生チームでした。
でも、メンバーには1人も7期生がいないという不思議なチームでした。

1試合目がサイドステップリレーでした。
サイドステップは足を前、後ろ、前、後ろに出していく、よくサッカー少年がしているものです。
私はこのリレーで2回走りました。足がもつれそうになったり、次どっちに出したらいいのか分からなくなったりしたけれど、思ったより早く走れて、とても気持ちが良かったです。
結果は2位でした。
1位はミックスチームです。ミックスチームメンバーは、運動神経のいい人ばかりでいいライバルだなあと思いました。
2試合目がお尻歩きリレーでした。
これは、1人4分の1周しました。
お尻歩きは、想像以上に全然進まなくて、焦ってお尻を動かしすぎると反対に進まなくなって難しかったです。
短い距離なのに、半分を過ぎたころからお尻とか手とかきつくなってきて、最後は持久力の問題でした。

3試合目が豆掴みリレーでした。これは、豆をバトンにして箸でつまみながら走ります。
途中で豆を落としてしまうと、箸でまた拾わなくてはなりませんでした。
だから、私のチームでは「落とさないように」をモットーに勝負しました。
でも、まず豆をお箸からお箸に移すのが難しく、そのあとも走った時に吹く微風でも豆が落ちてしまいました。
落としてしまうと必ずと言ってもいいほど抜かされて、順位の移動が激しく、今どこが勝っているのか分からなかったです。
ほかのチームを見ていると、豆の受け渡しはしゃがんでするといいことに気が付きました。
2回目に走るときには、そうしました。走りながら、掴むよりもすくうように豆を箸で持つのが落ちないことを発見しました。
もう1回このリレーをする時があったら勝てる自信があるなあと思いました。

4試合目はドリブルリレーです。
その名の通りサッカーボールをドリブルしながら1周走りました。
けいたろうさんがボールを操るのがとても得意で、ゆっくりなのに確実で着々と2位との差をつけてくれました。
私はドリブルは出来そう、と思ったけれど、案外難しくてボールが何度も壁に当たってしまいました。
こけてしまって、時間のロスになりました。でも、最後ロングパスすることが出来て気持ち良かったです。
5試合目はガチンコリレーでした。ミックスチームは、全員裸足になっていてガチでした。
私も負けないように裸足になりました。
冬の体育館の床なんて氷ぐらい冷たいのに、今はその冷たさがちょうど体温を下げてくれて丁度良かったです。
これは応援する隙もなく終わってしまいました。
みんな本当に本気で走っているから速いなあと思いました。
7期生チームは初めて最下位を取ってしまって悔しかったけれど、その他のリレーは順位が高くて、チームワークがあるんだなと思いました。

最後は、サーキットトレーニングと勘違いをしたラダーやフラフープを使っての障害物じゃんけんリレーでした。
これは、「ドーンじゃんけんポイ」の障害物版で、相手の陣地に乗り込んだ人数が多いチームが勝ちになります。
障害物の中に、ソフトバレーのネットをくぐるというゾーンがありました。
これがとても面白くて、まるでクモの巣にからまったようでした。
みんなこのネットに絡まないようにフードを被っていて、ピクミンの家族のようでかわいらしかったです。

私のチームは2回戦しました。
1回目は負けてしまいました。2回目は、河上さんがどんどん勝ち進んでくださって、なんとか同点でとどまりました。
2回とも、私は1回も勝つことがなくて、フルメニューの時のじゃんけんで運を使ってしまったのだと思いました。
村田先生が、簿記部のみんなに「じゃんけんの定義」を話されたそうで、簿記部8期生チームは強かったです。私も聞きたいなあと思いました。
リレー大会が終わり、最後に村田先生が「あなたたちは接待というものを知らないのか」と冗談を言っていて、どっと笑いが起こりました。
河上さんは「昼食はないものと思ってください」と言っていて、これもとても面白かったです。
でも2人ともとても笑顔で、私も普段一緒に遊べない村田先生と河上さんと半日も遊べて、この時間が宝物になったと思いました。

夜はセブンブリッジをしました。
河上さんと村田先生はピンクチームでした。私は黄色で、ゆきなちゃんとみかちゃんとペアでした。
オープニングは実行委員ののりよちゃんとやよいちゃんとまちちゃんが寸劇をしてくれました。
3人とも役者で、とても面白かったです。
私のリーグにはいつも実行委員をしてくれるなおとさんとあけみちゃんペアがあってうれしかったです。
けいたろうさんやよいちゃんペアもジャンと京子さんがそろっていて面白いペアだなと思いました。

前半で私のリーグは、なおとさんあけみちゃんのピンクチームに勝ちをずっととられていて、私のチームは1回も勝てませんでした。
でも、他のリーグのピンクチームからたくさん悲鳴が聞こえてきました。特に、村田先生ななほちゃんペアから6000点もの失点ときいて、驚きました。
前半の結果は、まさかの黄色が7000点で、2位と凄く差をあけて1位でした。
これは、あゆみちゃんチームが頑張ってくれました。
そして、最下位はやはりピンクチームでした。
村田先生がすごく元気をなくしていて、ピンクチーム勝ってほしいなあと思いました。

後半も同じリーグで対戦しました。
後半でも私達はこつこつとマイナス点が積みあがっていくばかりでした。
さらに、違うリーグのあゆみちゃんリーグから悲鳴が上がり、なんだなんだと思って聞くと、6000点の失点らしかったです。
いくら前半で7000点とっていてもこれは最後まで分からないなあと思いました。
今回は、「得点20倍!」というようなぎょうてんする倍数はなかったけれど、なぜかお正月の時におとらない点数の波がありました。
後半最後のゲームは「簿記8期生」ということで、得点8倍!でした。
これは、なるべくカードを早いうちに出さないとなと思いました。

他のチームも同じ魂胆で、徐々にみんなのカードが減っていくけれど、上りがなかなかなりませんでした。
そんななか、私達のチームが勝ちました。
これまでずっと負けてきて、最後の最後に勝って、とても嬉しかったです。運をためていたんだなと思いました。
他のリーグでは、次から次にピンクチームが歓声を上げていて、これは最下位分からないなと思いました。
集計中、まちちゃんがクイズを出してくれました。
誰かが答えを言ったら「違うっ!」と連発していて、とても面白かったです。
最終結果発表がありました。
まさかの1位が逆転されていて、オレンジチームでした。でも、黄色チームは2位でホッとしました。

次に3位の発表がありました。
「ピンクチーム!」と実行委員さんが声を張り上げて、歓声と悲鳴が上がりました。
5位から3位までの追い上げをしたのです。河上さんも村田先生もとても喜んでおられました。
最下位が青チームでした。
「罰ゲームは……ありません!」、これを聞いて、思わず「えーー」と言ってしまいました。
罰ゲームを楽しみにしていたからです。でも、時計を見るとあと5分ぐらいで、こんなにも長い時間ゲームをしていたんだと気づきました。

1日河上さんと村田先生と遊びつくして、もうこんなに楽しい時間はないだろうと思いました。
河上さんとも村田先生とも距離が近くなって、たくさんしゃべれてとても嬉しかったです。