「嬉しい1日」 さくら

2月4日

今日のランニングのお題は、「この春やってみたいこと」でした。
私は、虫捕りがやってみたいです。とって調べて、とって調べて、いろんな虫のことを知りたいです。小さいころに、いとこのおじいちゃんとセミとりをして、おしっこをかけられて、すごく面白かったのを覚えています。
セミとカブトムシとクワガタとカエルくらいしかとったことがなくて、ほかの虫も近くで見たいです。セミで思い出したのですが、いとこのおじいちゃんがメダカを飼っていて、私はメダカの入った可愛いツボを見ているのがとても好きでした。水草にメダカが卵を産むと、食べてしまわないように別の水槽にうつしていて、水草についている卵を見ているのも好きでした。
春は、魚釣りもみんなとやりたいです。昨日お父さんが教えてくださったみたいに、自然のものにたくさん触れたいです。
みんなは、ヨモギ摘みや、お花見、なのはな畑でピクニック、などなど、坂を上りながら春がとても楽しみになりました。

その後にチーム作業をしました。やよいちゃんと河原の水菜のビニール開けに行かせてもらったときに、シャルムを見ました。昨日の夜、風が強かったのか、シャルムがみんな同じ方向に傾いていました。行ったときは風はなかったのですが、シャルムの葉が、まるで、風になびいているみたいな形をしていました。シャルムがすごく正直で、かわいかったです。勢いがあって、元気で嬉しかったです。
その後に、ユーノスハウスのアスパラ菜の防除をしました。今日行ったときにはすでに、昨日の効果があって、ハダニが全然いませんでした。とても嬉しかったです。ハダニが退治できるのが、すごいなと思います。お父さん達にも、早く会って伝えたいです。
ハダニについて、やよいちゃんがAチームみんなでの研究会を開いてくれて、みんなで調べて、それがうまくいっていることが、とても嬉しいです。徹底的に調べて、知っていくのがすごく楽しくて、実践して結果が見させてもらえて、本当に嬉しくなりました。

午後は選別をしました。夕食のときに、しほちゃんが、小豆は出すとすぐにお客さんが買ってくれるということを教えてくれて、すごく嬉しかったです。また選別できる機会があったら、頑張りたいです。

夜は、村田先生に聞いてみよう第1回がありました。
村田先生が、僕は才能はあまりないけれど、時間を使って徹底的に勉強しているというふうに教えてくださいました。自分はなまけものだと知っているから、鞭を打って、努力していると話してくださいました。
お父さんとお母さんも、努力は嘘をつかないと教えてくださいます。私は、村田先生のお話を聞かせていただいていて、自分も、努力をしたら、世の中の役に立つ人間になれるのかなと思いました。
「人のため」に努力したいです。希望が見えた気がします。
おやすみなさい。