「小さな成功体験を重ねて」 つき

2月1日

今日の夜のお父さんのお話で、良いことも悪いことも何でも話せる、親しい関係の人をこの中でつくると良いということを聞かせていただきました。
現時点で、私にはそこまでの人はまだいないと思います。
誰に対してもどこか気を遣って遠慮をしていたり、恥ずかしい、と思ってしまうことがあります。
気の遣い方や度合いは人それぞれ違いますが、お父さんが話してくださったような関係の人はいないです。というよりも、作ろうとしてこなかったです。
なのはなでは、あまりベタベタ近すぎるのも良くないなかな、と思って遠慮していたところもあります。
だから、今日のお父さんのお話が嬉しかったです。
好きな人はたくさんいるし、その中でも特に好きな人や、頼りにしている人、近しく感じている人がいます。
今日のお話を聞いて、そういう関係をなのはなでも持てたらさらに安心感も増すし、純粋に嬉しいです。
まだ誰がふさわしいのかは分かりませんが、少し意識して過ごしてみたいと思います。
そうして、お互いに気を遣わずに自分を出せて、アドバイスをし合い、時には良いライバルになれるような人をつくっていきたいです。
私がいまだに根強く持ってしまっている、悪い意味で弱さを見せられない、強がりなところも変えていけたらいいな、と思います。

午後に、河原のタマネギと水菜の草取りをしました。
畑に着くと、タマネギがすごく大きくなっていて驚きました。元気そうで嬉しかったです。
最初はたくさんあったので、気が遠くなりましたが、終わってみたら、全体の8割ほどは終わっていて、皆の力を今日も感じました。
まきちゃんがリーダーをしてくれて、とても楽しく進めくれました。
2人ペアになり、自分たちが5分で行けそうなところに竹の棒を刺します。
そこまで時間内に行けると、「嬉しい!」とか、「素晴らしい!」とか、「ジュテーム」とか、いろいろなかけ声で皆が答えてくれます。
そして次の5分に行く時には謎かけやなぞなぞを出してくれて、それを考えながら目標の所を目指して草を抜いていきます。
その流れが、とてもよかったです。
ただひたすら草取りをしているよりも何十倍も飽きずに楽しくできます。
だんだん自分たちのペースが上がっていることも実感できるし、相対評価ではなくて絶対評価で自分を評価しやすくて、良い自信や達成感に繋がります。
次の目標、次の目標と、小さな成功体験を重ねていけることがとても嬉しかったです。
作業の楽しさは、作業内容ではなくて、作業のやり方によって大きく変わってくると、すごく実感しました。
いつもリーダーをしてくれるやよいちゃんやスタッフさんなどが、皆が楽しく作業ができるようにいろいろ工夫を凝らして考えてくれていることが本当にありがたいです。
決して簡単なことではないので、もっと感謝しなければいけないな、と思います。

今、Cチームでそれぞれ野菜の調べ物をしています。
私は大玉トマトを調べています。そのことで、夜にやよいちゃんにいろいろ教えてもらいました。
去年の良かったことや、反省点、、アドバイスなど、たくさん教えてもらうことができてすごく参考になりました。
去年のAチームのファイルも見させていただきましたが、それよりも直接聞いた方が得るものが大きいようにも感じました。
何よりも、やよいちゃんが生き生きとした目で、たくさんの情報を話してくれたことが嬉しかったです。
良い野菜を作るために、自分の持っている全てを伝えようと、まっすぐに思いを向けてくれているように感じて、そのことがすごく嬉しかったです。
やよいちゃんの野菜が好きな気持ち、良い野菜を作りたい、という気持ちが伝染してきて、私もとても意欲を沸き立たせてもらいました。
やよいちゃんに聞いてみて本当に良かったです。
やよいちゃんに教えてもらったことをきちんとまとめて、Cチームに役立てられるような資料として提出したいと思います。
大玉トマトはとても難しいです。だからこそ、チームの皆で協力して成功させられるように頑張ります。

体のだるさが少し良くなっている気がします。
下り坂は足に響いて少し辛かったですが、梅の木は走れそうです。
ただ、1日に1回はすごく頭が重たくなったり眠たくなったり、横になりたくなってしまう時間があります。
作業に出れば復活できます。だから、あまり深く考えず、皆と一緒に作業をして、全力ではできなくても、動いていたいと思います。

明日は、部活があると聞いています。
ずっとやってみたかったドラムができるのがすごく楽しみです。
かにちゃんから教えてもらえるのも嬉しいな、と思います。
新しい部活もあるので、またいろいろな話を聞かせてもらえるのも楽しみです。