「黒大豆と小豆の選別」 しなこ

1月30日

今日は1日黒大豆の選別や小豆の選別をしました。
大人数での選別が楽しくて、黒大豆では今年の分の選別を終えることができて嬉しかったです。
黒大豆では、二次選別をしました。
一度選別されたものを、生豆と煮豆、種用に選別しました。昨日までの作業で、何人かの人たちが黒大豆を磨いてくれていて、すごく綺麗になっていて、選別しやすくて嬉しかったです。
種用には直径11ミリ以上の大粒の豆を取りました。11ミリ以上は最上級の豆だとのりよちゃんが言っていて、選別していたら、沢山種用があって嬉しかったです。
2人1組になってヨーグルトカップを最初は5分目標でやっていたのですが、みんなのスピードが速くて、目標時間もどんどん短くなっていきました。2分30秒で設定しても、終えられたペアが沢山いて、どんどん選別が進んでいきました。
最初は目標時間までに終えることができなかったら罰ゲームがあると言っていたのですが、途中から一番早く終わったペアには、みんなから10秒間褒めてもらえるということになって、選別をしていました。
一番速かったのは、ほしちゃんとみほちゃんペアや、ゆいちゃんとかなちゃんペアでした。みんなのスピードもどんどん速くなっていったので、みんなは褒めて伸びるタイプなのかなと思いました。
私も選別するスピードが速くなったなと思うし、制限時間内にペアのさきちゃんと終わらせることができて嬉しかったです。
午後も選別をしていて、みんなのスピードが速かったので、夕方の4時過ぎには黒大豆の選別を終わらせることができました。あっという間だったなと思います。
黒大豆の選別が終わってしまったのは寂しい感じもしたのですが、嬉しいなと思います。脱粒をしてまだ2週間くらいしか経っていないのに、コンバインの袋で約14袋あった黒大豆を全て選別することができて、すごいなと思ったし、達成感もありました。

黒大豆が終わってからは、小豆の選別をしました。
黒大豆が大きくて、小豆を見るととても小さな粒に見えてびっくりしました。ウィンターコンサート前に小豆を選別していた頃は、目が小豆に慣れていたので、小豆がそれほど小さいと思わなかったのですが、久しぶりに見てみると小さかったです。初めは小豆が指でつまみにくくて、そのことにもびっくりしたのですが、でもやっているうちに慣れてきてスピードも出てきました。選別が楽しかったです。
ヨーグルト1パックを終わらせるのには、20分近くはかかってしまうのですが、終えられたときは達成感があって嬉しくなります。
選別している時に、やよいちゃんがハヤシライスの名前の由来を教えてくれて、それが7説あって全部は覚えていないのですが、面白かったです。林さんが考えたということや、注文すると早く出てくることや、林さんがよく注文していたからなど由来を知るのも面白いなと思って、聞かせてもらえて嬉しかったです。
津軽弁のラップの曲も流してくれて、みんなで聞けたのも嬉しかったです。
またみんなと選別するのが楽しみだなと思います。