「ちさとちゃんの姿」 ななほ

1月24日

・ちさとちゃんのお誕生日

今日はなのはな企画には欠かせない、なのはなスタッフのちさとちゃんのお誕生日でした。
私がなのはなに来てから、本当にちさとちゃんにはたくさん助けて頂いて、肯定してもらって、ちさとちゃんが自分自身の事も、みんなの事も信じてくれているのが、私にとって本当に助けになっています。
ちさとちゃんはなのはな企画もそうだし、台所の野菜事情や、畑関係。なのはなのスタッフとしても忙しいのに、いつも笑顔で明るくて、廊下ですれ違うと飛び切りの笑顔を向けてくれます。
ちさとちゃんの笑顔を見るだけで、とても優しい気持ちになって、ちさとちゃんが本当に善意で肯定してくれて、1人1人を大切な家族、仲間としていてくれているのが嬉しいなと思います。

去年、ちさとちゃんチームで年末年始を過ごして、ちさとちゃんが私の意見も絶対に肯定してくれて、「それ、イイ!」と言ってくれたのがとても印象に残っています。
また、今年のお正月の二人羽織の係をさせて頂いたのですが、去年にちさとちゃんが残してくれたマニュアルや資料がとても詳しくて、細かくて、それを読むだけで進める事ができました。
黒豆の枝豆の収穫に行った時、早朝キャベツの収穫に行った時、ちさとちゃんと畑に出たら、ちさとちゃんが作ってくれる明るい空気に包み込まれて、スピーディーなのに幸せを感じます。

忙しくても、声をかけたら絶対に笑って話を聞いてくれるちさとちゃん、ちさとちゃんに相談させて頂くと、絶対評価でちゃんと真っすぐに話してくれて、話を聞いてくれて、今の自分を受け止めてもらっているのを感じます。
ちさとちゃんが自分の体験を基に、まだ見ぬ誰かをすくっていく姿、希望を与えている姿が本当に綺麗で美しくて、ちさとちゃんを尊敬しています。
ちさとちゃんと話していると、「うん、そうだね」「いいね」と肯定してくれたり、アスパラテープカッターやバターナッツやスクナカボチャのリボンを発明した時は、「それイイ!すごいね!」と喜んでくれました。

本当に心の底から優しくて、利他心に溢れていて、なのはなの子として誇り高く、責任を持って、堂々と前に突き進むちさとちゃんが綺麗だなと思います。
私がマイナスな気持ちになった時も、「そんなことないよ、今のななほちゃんでいいんだよ」「大丈夫!」と言ってくれたり、ちさとちゃんの言葉の深さが本当に分かりやすくて、自分の中にしっくりときます。
ちさとちゃんが「私もね、同じなんだ」と私の事を理解してくれたり、来たばかりの時に、「絶対に信じて悪いことは無いよ。私が保証する!」と言ってくれたちさとちゃんの強さと優しさに何度も救われました。
本当にちさとちゃんが居たから今の自分がいて、ちさとちゃんに安心感と信じる気持ちを教えてもらって、ちさとちゃんのお陰で、今私はなのはなファミリーにいます。

ちさとちゃんの優しさ、勇気、志、笑顔、そしてちさとちゃんの誰よりも元気で明るい所が大好きです。
本当にちさとちゃんの様な人と仲間になれて、家族になれて、ちさとちゃんの側で成長させて頂けるのが幸せです。
言葉にできない位、ちさとちゃんに何度も救って頂いて、ちさとちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです。お誕生日おめでとうございます。
ちさとちゃんの事が大好きで、これからも宜しくお願いします。

・味噌玉に魂が

今日の午前は、フルメニューをした後に味噌玉作りをしました。
1年ぶりの味噌玉作り。のりよちゃんからカメラも任されて、すごくドキドキしました。
家庭科室からは昨日まで糀のふんわりとした甘くて、酸味のあるフルーティーな香りがしていたのですが、今日は大豆を煮た優しい香りがしました。
エプロンをつけて、バンダナを縛って家庭科室に入ると、ゆりかちゃんやまみちゃんが大豆をミンチ状にしていました。

そしていよいよ味噌玉作り。今年初めて味噌玉を作る子もたくさんいて、みんなの笑顔が嬉しかったです。
なおとさんとどっちが大きい味噌玉を作れるか勝負したり、なおとさんのさくらちゃんに千手観音こと、二手観音をしてもらったり、味噌玉作りの空気が明るくて安心しました。
味噌玉の勝負は、なおとさんと私も大きいのですが、あまり変わらなくて、とても嬉しかったし、なおとさんのビックリする優しい顔もあたたかい気持ちになりました。

また、実行委員さんの寸劇も面白くてユニークで、ゆりかちゃんとまりのちゃんの「ヒネコ」や、納豆菌。セリフも面白くて、笑いが込み上げてきました。
今年の味噌作りのトップバッターは、なるちゃん、ゆりかちゃん、まりのちゃん、ふみちゃん、まみちゃん、つきちゃんの6人で、みんながとても可愛かったです。
なるちゃんの必殺技、扇風機もたくさん活躍したお話や、糀箱の事も教えてくれて、私もお味噌作りが楽しみになりました。
写真を取っていてもみんなの心の底から溢れ出てくる、幸せな気持ちを感じて、私も穏やかな気持ちになりました。

今日は午前に1樽、午後に1樽と、麹箱36箱分のなのはな特製、手作り味噌を仕込みました。
そして、今日はちさとちゃんのお誕生日で、ちさとちゃんのお誕生日とお味噌のお誕生日が同じというのが嬉しいなと思います。
なのはなのみんなと味噌玉作りをして、3年後のまだ見ぬ誰かに届くお味噌が嬉しくて、味噌玉に魂が吹き込まれた1日でした。

・今日のニュース

今日は味噌玉作りの後に、畑のチーム作業があって、まきちゃんやあやこちゃんと白菜の収穫をしました。
少人数だったのですが、40玉の白菜の収穫とネット掛け、外葉外しに運びなど、色々な作業を進められて嬉しかったです。
また、ラストは絹さやのネットをきつく張る作業もさせて頂いて、とても楽しくて充実した畑作業でした。

午後はお花紙で菜の花を作ったり、黒大豆の選別をしたり、何と、ソフトバレー大会がありました。
お花紙で作ったダリアを、ちさとちゃんにプレゼントしたら、とても喜んでくれて本当に嬉しかったです。
黒大豆の選別もゆりかちゃんのナゾナゾ付きで、すごく早く進んだり、3分以内で1カップを確実に終わらせていくのが楽しかったです。

ソフトバレー大会は、しほちゃんに頼ってばかりだったのですが、本当にしほちゃんのサーブが決まって、驚くことに全勝しました。
何度か私もトスやサーブが決まって嬉しかったし、初めてチョンとボールを触れたのも嬉しかったです。
「あと1センチ、身長が高ければ―!」と叫ばずにはいられない試合も多々あったのですが、最初から最後まで、笑いあり、悔しい気持ち在りの、接戦となりました。
本当にしほちゃんが優しくて、しほちゃんの肯定的な気持ちや、仲間を思う気持ちに助けられて、ミスをしてしまっても、しほちゃんが笑顔でハイタッチしてくれて、ソフトバレーがより大好きになりました。

夕方の野菜切りでは、台所が大忙しで、明日のお母さんのお誕生日会がものすごく楽しみになる、お楽しみメニューだなと思いました。
私もカブや玉ねぎを切って、岡案への愛が届いたら良いなと思ったし、なっちゃんやはるかちゃん、まりこちゃんが毎回、色々な事を教えてくれたり、この野菜切りの空気が大好きだなと思いました。
どんどん包丁が使えるようになっていって、また焼き芋用のサツマイモカットもリベンジしたいです。

夜は洗いをして、明日のリハーサル日向けてのリハーサルをまえちゃんやみくちゃん、ゆいちゃんが手伝ってくれてしたり、ソフトバレーもありました。
リハーサルは緊張したのですが、ゆいちゃんが本当に助けてくれたり、みくちゃんが伴奏をしてくれることになって、突然なのですが有難いなと思いました。
ソフトバレーもとても盛り上がって、ちさとちゃんやゆりかちゃんの明るい空気や、みんなのサーブに歓声の声で、やっぱり本気で遊ぶなのはなのスポーツは最高に楽しいです。
また、まえちゃんが新しいカメラを基に、これからのカメラの使い方の説明をしてくれて、とても嬉しくて、これから、責任を持って、大切にカメラと向き合っていきたいなと思いました。
いつか私もまえちゃんやかにちゃん、さとみちゃんの様に美しい写真を撮れるなのはなカメラマンになりたいなと思ったし、HPの編集もいつかできたら良いなと思いました。

早くお父さんとお母さんに会いたいです。
明日の会が楽しみで、今日はしっかりと休みたいし、明日は朝からのりよちゃんとるりこちゃんと小麦の試作をするのでドキドキしています。