「誇りある人間として」 ゆい

1月23日

お母さん、お誕生日おめでとうございます。
私は、みんなと一緒に、お母さんの子にしてもらえました。そう思うと、自分もプラスの生き方をできるという自信が出てきます。
お母さんの仲間になったのです。私は、強くなります。本当に優しい生き方をできる人間にならなければ嘘です。私は、お母さんの仲間です。なのはなの子供です。それは私の誇りであり、自信に繋がります。
お母さんのように、ずっと走り続けるスタミナをつけて、ハートで人にぶつかることのできる人になります。今、シスターをさせてもらっていても、ハートでぶつかりたい、逃げない、そういう人になりたいと思います。
人を心配させないで、お母さんのように、どんなことがあっても、笑顔で、大きくいなければと思います。お母さんなら、どうするか、それを思って、シスターをしたいです。

お母さんの、歌声が大好きです。お母さんが、泥臭く全力で生きなさいと、私に言っているように感じます。
実は、お母さん、私はちょっと変わったことがありました。ちょっとまだ全貌が書けないのですが、ある工作をしているときに、褒められたいという気持ちよりも、気持ちを伝えたいな、と思った瞬間があって、これはお母さんが教えてくれたことじゃないかと思ったことがあったのです。
お母さんなら、喜んでくれるだろう、と思う生き方をしたいです。
お母さん、たくさん、たくさん、ありがとうございます。正面から私を見て下さって、ありがとうございます。誇りある人間として、厳しくしてくださって、ありがとうございます。私は、未熟ですが、ずっと、成長していく生き方をします。少しでも、真っ当に、意味のあることのできる人になります。
なのはなに来なかったら、私は、誇りを持てないままだったと思います。私は、お母さんの娘だから、人生のトラックの助手席に乗りました。誇りを持ち、なのはなの子として相応しい気持ちで、堂々といきます。
お母さんの仲間でいられるように、自分を鍛えます。格好いいお母さんが大好きです。

お母さんのお誕生日を、みんなではやくお祝いしたいです。すごく楽しみにしています。