「噛みしめるように」 まち

1月23日

今日もスペシャルな一日でした。午後にセブンブリッジ大会をして、今日は河上さんも一緒にできました。私はけいこちゃんとペアで、前もペアが一緒だったけれど、けいこちゃんが前よりうなずくことが多かったり、どのカードを捨てるべきか悩んだとき、「なんだかこのカードが次に出る気がします」と言ってくれて、本当にその通りに、9のカードだったのですが、他のチームが捨ててくれて、鳴くことができて、上がれて嬉しかったです。一緒に参加できている感覚が前より増していて楽しかったし、けいこちゃんも前より楽しいと思ってくれていたらいいな、と思いました。

おやつに焼き芋とお菓子が出ました。セブンブリッジの休憩時間にみんなでリビングで輪になって食べました。本当に美味しいと思いました。みんなで美味しいね、と言い合いながら、お菓子のミニ知識を語りながら食べました。ときどき、お父さんが集合で、ここにまんじゅうがひとつあったとしても、僕は一人で食べるなんて嫌だ、お母さんと半分こして食べる、それが幸せだから。人としての幸せはそんなところでしか手に入らないんだよ、と教えてくれていて、まさに、今私たちは幸せの極みを共有しているのだ、と思いました。

前半と後半でチーム内で話し合ってペアを入れ替えたりしてもいいよ、と実行委員のしほちゃんとなおとさんが言ってくれていたので、私は青チームだったのですが、同じチームだったかにちゃんやほしちゃんたちとペアどうする? と話し合いました。私はけいこちゃんのままが良いと思っていたのですが、気が付くと青いレイを首にかけたけいたろうさんがそばにいて、何を隠そう、私はけいたろうさんが大好きなので(みんなけいたろうさんのことは好きだと思うのですが)、けいたろうさんと組んでみたい! と言って、後半はけいこちゃんとけいたろうさんと3人で組みました。けいたろうさんは自分は疫病神だ、上がれない、みたいなことを言うので、そんなことないよ! とみんなで言い合って、隣にいたれいこちゃんに、陽の当たる坂道を歩むんでしょ、と突っ込まれていて、そうだそうだ、そうだよ、とまたみんなで突っ込まれていて、なんだかそんな空気が面白くて楽しかったなあ、と思います。

けいたろうさんパワーで一度一発上がりができて、1000点くらいゲットできたのが嬉しかったです。一度大勝ちすると、ちょっとくらい負けても、心配ご無用、という感じで、3人で左うちわな気分で浮かれてゲームに臨めたのが、面白くて、貴重な体験だったと思いました。

やりたいことがたくさんで嬉しいです。お風呂の時間さえ惜しい、と思ってしまうけれど、1日の終わりにみんなで入るお風呂が私は何より好きなので、それも大事にしたいです。これから、自分なりのお楽しみがまたあるので、頑張ってきます。

いつも読んで下さってありがとうございます。明日も楽しいことがたくさんあるようなので、噛みしめるように、一日を満喫したいと思いました。