「スポーツ尽くしの日」 れいこ

1月22日

〇スポーツ尽くしの日!
今日は、午前にウォーキングサッカー大会、午後にソフトバレー大会があり、スポーツ尽くしの1日でした。
ウォーキングサッカーは、なおとさんたちが企画してくれて、なのはなで初の試みです。
その名の通り「歩くサッカー」で、走っていはいけないというルールがありました。
ものすごく全力なのに、走れないというもどかしさが、やっていても見ていてもすごく面白かったです。
1チーム6人で、前半後半5分ずつで競う、トーナメント戦でした。
私はのりよちゃんチームで、ななほちゃんやまみちゃんと、あとは2人助っ人に入ってくれて戦いました。
サッカーは、バレーなどに比べて、1点の重みが大きくて、それがハラハラドキドキしました。
私たちは、シュートがゴールのポールに当たったことは何度もあったのだけれど、得点には至らなくて、とても悔しかったけれど、面白かったです。
ボールを追って歩き回っていると、意外とランニングよりもハードなんじゃないかと思うくらい息が切れましたが、体もぽかぽかになって、とても盛り上がって、楽しかったです。
今度はお父さんお母さんや、リュウさん、秀幸さんたちとも一緒にやりたいです。
また、午後からはソフトバレー大会をしました。
最近、ソフトバレーが本当に楽しくて、夜の1時間半だと少し物足りないくらい、もっとやりたいなと思っていたので、最高のサプライズで嬉しかったです。
さらに今日は、AB混合のスペシャルチームで、私はあゆちゃんチームでした。
やはりAチームの人たちと一緒にやらせてもらうと、ラリーもすごく続いて、白熱した戦いになって、楽しかったです。
あゆちゃんが試合の初めに、チームのメンバーに作戦を伝えてくれて、相手チームのどこが穴か、どういうサーブを打ったらいいか教えてくれました。
それですごいなと思ったのは、あゆちゃんはいつも勝てると信じて、冷静に見極めていることです。
私は、しほちゃんやなおとさんチームなどと当たったとき、(わーこりゃ大変だ!)と強い人ばかりに気を取られてしまっていたなと思って、あゆちゃんの作戦を聞かせてもらって、すごく勉強になりました。
また、昨日たった1日サーブを練習しただけでも、すごくいい打ち方を発見して、今日たくさんサーブで得点できたことが嬉しかったです。
今までは、正面向きに打っていたけれど、横向きでボールを上げずに打つ打ち方だと、全身の力を集中できて、すごく手応えを感じられました。
また明後日も、このチームでできるということで、とても楽しみです。

 

〇野菜のまとめ
今日、これまでに全収穫を終えた、2019年の秋冬野菜の反省を、ひと段落つけることができました。
ダイコン、ニンジン、カブ、ダイコン、コマツナ、秋レタスの、これまでCチームのみんなとしてきた手入れの記録を、もう1度初めからたどることができて、嬉しかったです。
私にとってCチームファイルは、畑リーダーをさせてもらうようになって、初めて育てた野菜たちと、それから心強いCチームの仲間たちとの思い出がギュッと詰まったもので、本当に宝物のようです。
表紙には、まっちゃんがデザインしてくれた、Cチームのマスコットキャラクターが描かれています。
日々の作業の記録は、しなこちゃんがいつも気にかけてくれて、きれいな字で書き留めてくれています。私が書かなくちゃと思ってファイルを開いたら、すでにしなこちゃんが書いてくれていて、自分が入っていなかった作業でも、夜のチームの集まりで話したことまで書き留めてくれていたこともあって、本当にしなこちゃんの根気強さと誠実さにたくさん助けてもらっています。
思えば最近では、ナッツのことや野菜のこと、畑のいいアイデアを思い付いたときも、いつも真っ先にしなこちゃんに聞いてほしいなと思っている自分がいて、しなこちゃんの存在が本当に大きいです。
私がうっかり忘れてしまったことや、気が回らなかったことも、しなこちゃんが気づいてくれて、覚えていてくれて、野菜にも仲間にもどこまでも深い思いやりを向けられるしなこちゃんがすごいなと思います。
しなこちゃんの姿から、たくさん学ばせてもらっていて、一緒にCチームで活動できることが嬉しいです。