「小麦の製粉記念日」 ななほ

1月21日 火曜日

・なのはなの畑

今日は午前から小雨が降っていたのですが、粉雪姫カボチャの畝崩しをしたり、黒大豆の選別をしたり、午後にはフルメニューや嫁入り作業をしました。
粉雪姫カボチャの畝崩しは、自分も担当だったので複雑な心境だったのですが、とても楽しくて思いっきりできました。
私はなつみちゃんとペアで作業をして、なつみちゃんがスコップで粗方の土を解し、私が鍬で土を耕し、平らにして行きました。
粉雪姫カボチャは池上三角畑に44畝あったのですが、8人位で作業をしたら、10分位で全ての畝を崩して、ならすことができました。
あまりの速さに「え、これで終わり?」という感じだったのですが、ものすごく楽しかったし、最後の5分位でブドウ畑の整地の作業ができて嬉しかったです。

ブドウ棚は一番最初、盛男おじいちゃんやなるちゃんとヒノキを切り倒して、表面を落として、フィットンチットの部分を支柱にしました。
最初は12本くらいだったと思うのですが、今は30本近くの大きな支柱がそびえ立っていて、本格的にブドウ栽培が始まるのも嬉しいなと思います。
また、半年くらい前におじいちゃんやりんねちゃん、なるちゃん、ちさとちゃんと接ぎ木をしたイチジクも元気そうで、私も嬉しくて優しい気持ちになりました。
池上三角畑がスモモ畑に桃畑、ブドウ畑などの果樹に染まっていくのが嬉しいし、百日紅の木も久しぶりに見えて温かい気持ちになりました。

黒大豆の選別では、今年、黒大豆がとてもお粒で殆どが1cm以上でとても魅力的です。この黒大豆を磨いたら、飾り物にできそうなくらい、綺麗で大きくて、選別をしていてもやりがいがありました。
嫁用の黒大豆はしわも皮むけも1つも無くて、見惚れてしまいそうなくらい綺麗で、黒大豆の選別の時間が楽しかったです。

・午後のメニュー

午後はフルメニューと嫁入り作業をしました。フルメニューは最初に体育館で柔軟・体操・ストレッチにタバタ式トレーニングをしました。
タバタ式トレーニングはいつしても激しくて、きつくて、1回戦目は良いのですが、2回戦目は笑いが込み上げてきて、身体が動かなくなります。
特にバーピーからのモモ上げも足が無い様な感覚になるし、スクワットジャンプは座ったまま動けなくなってしまいます。
でも全身い筋肉が付きそうで効果的で、2日に1回のちょっとした罰ゲームみたいで楽しいです。
タバタ式トレーニングからの三転倒立は、足が揺ら揺らしてしまうのですが、やよいちゃんが支えてくれて有難かったです。

外に出たら小雨が降っていたのですが、ランニングに行きました。でも坂を下りた瞬間に雨が強くなって、結果的に田んぼを走って、コミュニティセンターの横を通って古吉野に戻りました。
コミュニティセンターではゲートゴルフをしている地域の方が居て、みんなが「みんなのなってみたい微生物」というお題回しをしていたら、地域の方が笑っていました。
挨拶をしたら好意的に「こんにちは!よく頑張るね。」と声をかけて下さって嬉しかったし、今日のお題もけいたろうさんが『黄色ブドウ球菌』、ゆきなちゃんが『ビフィズス菌』と言っていて、「それもありか!」と思いました。
ちなみに私は「プラナリア!」と言ったのですが、プラナリアになると実験されてしまいそうなので、やっぱり人間が良いなと思いました。

雨の中のランニングの後は、何と体幹トレーニングが待っていました。最後に坂を上ったので、もうみんなヘトヘトだったのですがl、なおとさんを中心に最初から最後までメニューを通しました。
プランク、サイドプランク、バックプランク、腕立て伏せ、ブリッジ、ニートゥーエルボ―にスタークランチなど、何十種類もの体幹トレーニングを左右各1分はきつかったです。
でも途中からしりとりリレーが始まり、一分間の間にどこまでしりとりが回るかを試しながらしました。しりとりをしていると、何故か時間があっという間で楽しかったのですが、みんなのしりとりが面白くてついつい笑ってしまいました。
「り」が来たら、『リーマンショック』。「う」が来たら『ウーマンラッシュアワー』。この2つはさきちゃんなのですが、何も考えていないで面白いさきちゃんの天然さは最高に面白いなと思いました。

また、急いでいるからか『うどん』『パイン』など「ん」が付くものも多くて、「ウサギや海や馬があるじゃん!」「パインならパイナップルに!」と突っ込みたくなってしまいました。
体幹トレーニングがとても面白くて、身体がヘトヘトになったのですが楽しかったです。
嫁入り作業も、サツマイモと里芋を大量に洗ったり、嫁入り作業などもたくさん進められて充実していました。途中でおやつ休憩で焼き芋も頂いて、夕方の焼き芋は格別でした。
作業メンバーで少し外に出て焼き芋を頂いたのですが、その場所が新しく須原さんが立ててくださったカーブミラーの下で頂きました。

焼き芋を食べ終わった頃に、Cチームさんがハウスの後ろから出てきて、話を聞いた所景色の良い土手で焼き芋を頂いたそうです。
思わず笑いが噴き出してしまったのですが、カーブミラーの下で河上さんの車を見ながら食べる焼き芋もやっぱり、みんなと一緒なら嬉しいし、焼き芋が最高に美味しいので幸せだなと思いました。
でも次は土手に座って焼き芋を食べたいなと思ったし、なのはなの焼き芋は本当に濃厚で濃密で、世界で一番おいしい焼き芋に間違いないなと思いました。

・小麦の製粉

今日、あんなちゃんに手伝って頂いて、念願の小麦の製粉をさせて頂きました。
なのはな産の小麦はパンなどに向いている強力粉で、現在、選果ハウスに保管しています。小麦は一般に薄力粉が使われているのですが、薄力粉も強力粉もどちらも小麦粉の一種です。
お菓子作りなどに使用する場合、薄力粉を使うとモチモチに、強力粉を使うとカリカリに仕上がるそうで、今回はなのはな産の強力粉のメニューを考えています。

午前の最初にあんなちゃんとのりよちゃんと選果ハウスに行って、取扱説明書から作業を始めました。
取扱説明書が難しかったり、アッシャーや電流計など、ちょっと分かりにくいこともあったのですが、オイルスプレーでオイルを注入し、ハンドルを正しい位置にセットして、1つ1つ確認をしました。
自分の段取りと読み込み不足で、製粉機を動かすのに時間が掛かってしまったのですが、スイッチを入れて動いた時は嬉しくて涙が出そうでした。

スイッチを入れたら、モーター部分が動き、モーターの動きが確立したら、小麦を投入します。
製粉機とふるい機はそれぞれ分かれていて、製粉機で小麦を粉々にした後、ふるい機で粒の大きさを3段階に分けます。
ふるい機の1番上はまだ小麦色の牡蠣殻石灰の様な小麦粉が出てきたのですが、2番目は薄い茶色の粒が細かい小麦が出てきて驚きました。
そして、引き出しを開けると、中から粉砂糖の様な真っ白で、サラサラの、とても綺麗な小麦が出てきて、もう既に小麦の香ばしい香りが広がりました。

粒が粗いものは、ハンドルのメモリを変えて、もう一度製粉機にかけました。
すると、前よりもふるい機の1番上から出てくる小麦の量が少なくなって、殆どが粉砂糖の様なサラサラの小麦に変身しました。粗い物は小麦の茶色が目立って、2番目に粗いものは粒がとても小さくなっていました。
あのお米よりも大きい粒が、数秒の間に小さな粒になってしまうだけでも感動したのですが、引き出しを開ける度に、涙が出そうになる位、美しくて綺麗な小麦粉が私たちを迎えてくれて幸せでした。
嬉しさのあまり、飛び跳ねてしまって、思わずあんなちゃんとのりよちゃんと顔を合わせて喜びました。

最初は須原さんに連絡したり、ドライバーで機械を少し取り外したりしたのでドキドキしていたのですが、本当に小麦が小麦粉になって嬉しかったです。
午前の1時間は取扱説明書を見ながら製粉機を動かして、第一弾の小麦の製粉をしました。
そして、後半の1時間は少し製粉機の調子が悪かったのでビックリしたのですが、あんなちゃんが見てくれて良かったです。
そして夕方の5時からは、あんなちゃんとのりよちゃん、るりこちゃんも来てくれて4人で最終製粉をしました。
1番目の粗いもの、2番目の細かい粒も粉にして、ハンドルのメモリを変えるだけで、製粉の粉の粒の大きさが違くなって不思議でした。
粗いものは全粒粉として使えるのかなと思って、粉砂糖の様な小麦粉と混ぜるのは勿体なかったので、全粒粉として保管して置くことにしました。
台所さんからジップロックも頂いて、今日製粉したものはジップロックに入れて密封して、台所の方で保管させて頂きます。

少しギリギリなのですが、今日、小麦の製粉ができて本当に嬉しくて、あんなちゃんに心から感謝の気持ちでいっぱいです。
あんなちゃんが来てくれなかったら小麦の製粉もできていなかったし、製粉機を動かすこと自体出来ていませんでした。
本当にあんなちゃんのお陰で無事に製粉をすることができて、あんなちゃんが桃で忙しいのに、私たちを助けてくれて本当に有難かったです。
あんなちゃんの笑顔や優しさに助けられて、あんなちゃんとの作業が嬉しかったです!

なのはなで製粉ができるという事は、小麦で小麦粉。お米で米粉。白大豆できな粉ができるという事です。
これから小麦担当として、小麦の製粉や保管、調理をさせて頂くのが嬉しくて楽しみだし、今年はお蕎麦も作る予定なので、なのはな産のお蕎麦もお正月にみんなと食べたいです。
また、米粉料理でビーフンやパンも作れたり、お正月やお盆などに頂くお餅も、なのはな産のもち米、餡子、きな粉で頂ける日が来ると思うと、ワクワクが止まりませんでした。
昨日、河上さんとお父さんに確認させて頂いてOKが出たので、本格的に小麦のを使っていけることが嬉しいです。

まだのりよちゃんとるりこちゃんにレシピも段取りも準備物も伝えられていない状態なので、全部パソコンに打ってあるので、今夜、話し合いたいと思います。
小 麦は小麦で、パンやピザ、ポップオーバ―に八ツ橋、ニョッキに餃子にトルティーヤなど、バリエーション豊富なので、今ある小麦を十分に使っていきたいと思います。
今日も一日ありがとうございました。