「一緒に過ごせること」 さき

1月20日

〇けいこちゃんのお誕生日

今日はけいこちゃんのお誕生日でした。おめでとうございます。
けいこちゃんは、なのはなに来てすぐなのはな紅白歌合戦で、筋肉の精霊としてみんなに癒やしを与えてくれました。
その時から、ずっと前から家族だったような親近感がありました。

みんなの中にスッと溶け込んで、気持ちを沿わせて真っ直ぐに突き進むけいこちゃんが素敵だと思います。
いつも穏やかで優しい雰囲気に包まれていて、私はそんなけいこちゃんと一緒に過ごせることが嬉しいです。

昨日のAチーム作業の時、セロリに本当に愛情を持って接しているのが伝わってきました。
けいこちゃんは誰に対しても、野菜に対しても優しいなと改めて思いました。

これからも、色んなことをして一緒に成長していきたいです。

〇シンビジウム

今私の目の前にあるシンビジウムの花が、徐々に咲き始めています。
花瓶の花は、見事にきれいな花を咲かせています。植木鉢にはつぼみがピンクに染まっていて、もうすぐ咲きそうです。

以前お母さんが言われていたように、シンビジウムの花を咲かせるのは難しいそうです。
だからこそ、こうして見られることがありがたいし、育てている園芸部さんの日頃の手入れのおかげだと思います。

シンビジウムは、ピンクと白があるそうで、どちらも満開に咲くのが楽しみです。

〇玉ねぎの防除

午前のチーム作業は、セロリの収穫をしました。毎日水やりをかかさずし、温度管理をしているため、セロリは元気そうです。
今日も芯が太く、真っ直ぐ伸びたセロリをたくさん嫁入りしました。

チーム作業後、私は玉ねぎの防除をしました。
まきちゃんリーダーで、入念に道具や薬剤の量を確認し、確実な準備をしました。

防除をするときの注意点を教えてもらい、とてもためになりました。
ノズルはしっかりとゴミを取り、きれいにしておくこと。
漏れていないか、ちゃんと噴霧されるかどうかを確認してから始めること。

一つ一つの手順を忠実に守り、玉ねぎのベト病対策をしました。
ノズルの先からプシャーッと勢いよく出てくるのが面白くて、楽しかったです。

私は、玉ねぎの葉の先端までかかるようにまんべんなく噴霧しました。
玉ねぎが元気になりますように。と願いながら、玉ねぎに思いを寄せました。

5月に収穫する時に、大きくて立派な玉ねぎがたくさん穫りたいです。