「世界でただ1つ」 つき

1月17日

今日の夜の集合は、お母さんの話をたくさん聞かせていただきました。
お母さんの話を聞いてすごく切ない気持ちになったのと同時に、今自分がなのはなファミリーにいることがいかに幸運なことかを痛感しました。
摂食障害から立ち直って良い自立をすることができる場所は、世界でただ1つ、“なのはなファミリー”だけ、そこにたどり着いたことは奇跡のようにも思えます。
なんて自分は幸せなんだろう……と思いました。
お母さんのお話を聞いている間、神様に「ありがとうございます」とずっと言っているようでした。胸が熱くなりました。
優しいお母さんの声と、心を揺さぶられるお話しをして下さったお母さんが大好きです。
上手く言葉にできないのですが、とても満たされた気持ちでした。ありがとうございました。

昨日と今日、昼食の配膳をさせていただきました。
あゆみちゃんが大切な点を教えて下さいます。
ただ配膳をするだけではなくて、いかに無駄がなくスムーズに進めるか、そのために何を注意すれば良いのか、どんな気持ちで盛り付けていくか……たくさん勉強させていただいています。
配膳も奥が深いな、と思います。
まだ自分で次に何をすれば良いかの予測を付けられなかったり、早く盛り付けられなかったりで、反省点がたくさんあります。
昨日も今日も、足を引っ張ってしまって配膳が押してしまいました。
今日は、るりこちゃんが一緒に盛り付けをしてくれました。
静かにテキパキと動いているるりこちゃんや、1人で全員のご飯つぎをしてくれていたあゆみちゃんもすごいな、と思います。
あゆみちゃんもるりこちゃんも優しく教えてくれたおかげで、失敗や反省はあっても楽しくできています。
これから、教えていただいたことに忠実に、気持ちだけでも配膳のプロになった気持ちでどんどん慣れていきたいです。

一緒に盛り付けをしてくれたるりこちゃんと作業や話をしていると、自然と落ち着きます。
今日の畑の集まりは、れいこちゃんの代わりにるりこちゃんが話してくれました。
その話し声も、顔も見て聞いているだけでなんだか嬉しくなりました。
肯定的に受け止めてくれていることを感じて安心します。
最近は朝当や配膳や畑で、いつも静かにサポートしてくれることが多くて、すごく助けてもらっています。
るりこちゃんと一緒のCチームで、水曜日朝食当番ですごく嬉しいです。