1月15日(水) 「楽しく、身体を鍛える! -雪の日は、室内でサーキットトレーニングとリレー大会!!ー」

1月15日のなのはな

今年初めて、大ぶりの雪が降った今日は、
スペシャルなフルメニューが待っていました。
9時に体育館に集合し、
いつもの柔軟・体操・ストレッチをした後は、
全部で4種類のトレーニングを
1種類2セット、20秒ずつ行い、
全身の筋肉を鍛えます!

DSCN6349

バーピーというプランクをして
ジャンプを繰り返す技や、もも上げ。
スクワットジャンプという
スクワットをしながらジャンプをし、
90度ずつ回転していく技など、
全身を使って筋肉強化をします。
ラストのマウンテンドライマーは、
腕立て伏せの姿勢で、
左右の足を交互に曲げて
地上で山を登っている様な、
ハードで魅力的な技です。
どのトレーニングも息がハアハアしてしまって、
笑いが込み上げてくるほど、
凄いトレーニングなのですが、
みんなと一緒だと自分の限界まで
全力で筋トレができます。

DSCN6353

DSCN6361その後は、
何と、雨(雪)の日の特別メニュー、
『サーキット・体幹トレーニング』です。
今年も『サーキット・体幹トレーニング』の
季節がやってきたと思うと、
心臓がドキドキしてしまうのですが、
毎年、フルメニューには欠かせない
スペシャル筋肉強化トレーニングです。

DSCN6355

『サーキットトレーニング』は、
全部で7種目あります。
もも上げを30回した後に15mを猛ダッシュする技。
踏み台昇降。
スーパーマン背筋に、足上げ腹筋にクランチや縄跳び。
今年から新しく、フラフープとラダーを使った
スラロームジャンプとケンケンパが加わり、
外では雪が降っているのにもかかわらず、
全身から汗が噴き出してきました。

DSCN6358

1種目は1分なのですが、
それが7種目あり、
サーキットなので2周回り、
全部で15回のトレーニングを回りました。
休憩と言えば、フラフープの時くらい、
サーキットトレーニング中は全身を動かしていて、
何も意識しなくても、身体に筋肉がついてしまいます。

DSCN6373

そして、お待ちかねの『体幹トレーニング』。
難しい名前の態勢がたくさんあります!
王道のニートゥーエルボ―という、
膝と肘を付ける腹筋や、腕立て伏せ。
プランクは通常バージョンと
サイド・バック・レッグレイズプランクの4種類。
また、ダイアゴナルというヨガの様な態勢に、
ブリッジも通常に加えて、
レッグブリッジにシングルレッグブリッジがあったり、
スタークランチ。
アスリートの様な体幹トレーニングばかりで、
私たちも本当に
アスリートになれそうだなと思いました。

なおとさんが見本を見せてくれる時の空気や、
みんなと気持ちを持続させるために
筋トレをしながらしりとりをしたり、
みんなとならどこまでも行けそうな気がしました。

●〇●〇●

もう終わりかと思えば、体育館に着いたら、
「それでは、シャトルランを始めます」と声がかかり、
中学生ぶりにシャトルランを走りました。
体育館の20mを使いシャトルランをし、
久しぶりにこんなに走って汗をかいたなと思いました。
1番速い人で、75回まで走っていて、
なのはなの子の体力は本当に凄いなと思いました。

DSCN6383

私はシャトルランがすごく苦手だったのですが、
中学生の時よりも
長く走ることができて嬉しかったです。
ペアの子を応援しながら、
みんなの楽しくて全力の空気も感じて嬉しかったし、
全力本気のシャトルランは見所満載でした。

 

本当はシャトルランで終わりの予定だったのですが、
何となおとさんから重大発表、
「今から、リレー大会をします!」
との声が上がりました。

まさかの展開だったのですが、
リレー大会もとても盛り上がりました。

DSCN0110
DSCN63941

リレー大会では、3チームに分かれて行い、
全部で4種目で戦いました。

1番最初は、四つん這いでのリレー。
名付けて『犬』。
けいたろうさんとなおとさんの犬がものすごく速くて、
迫力がありました。

DSCN6388

DSCN6387
そして、2番目が『クモ』。
これは、ブリッジの姿勢でのリレーです。
犬と来たらクモになり、
なおとさんのネーミングセンスが面白いなと思います。

DSCN0094

DSCN00881

DSCN6423

 

3つ目が『フラフープ』で、
これは単純にデカパンの運動会のように、
ペアの人とフラフープの中に入り全力疾走しました。

DSCN6410

DSCN6411

DSCN0105

DSCN0107

最終種目は、『卓球ボール』。
卓球のラケットの上にピンポン玉を乗せて、
体育館を1周します。
DSCN6417
DSCN0117

どのリレーも、チームのみんなと協力して、
体育館中に喜びの声が上がりました。
たくさん筋肉を使った、
なのはなのスペシャルフルメニューが楽しかったです!

DSCN6408
なのはなにいたら、雨の日も関係なく、
フルマラソンに向けての身体作りができたり、
みんなの明るくて楽しい空気の中にいられて
嬉しいなと思います。

(ななほ)

 *〇**●**〇*

人数で白大豆の選別をしました!
IMGP6529

 今朝は初雪が降っていて、
畑が濡れたので今日は1日選別デーでした。
選別するのは白大豆。
もう何回も今年やってきたので
みんな選別基準はばっちりでした。
ただ、個人個人スピードが違います。
だから、豆の入ったヨーグルトカップ1つ分を
10分で終わらせられるように
ペアになった人と協力し合いながらしました。

DSCN6426

ペアのチームワークによって
効率の良さは変わってきます。
リーダーさんが提案してくれたお題で、
2チームに分かれて並び、
向かい合った人とペアになりました。

DSCN6427

選別している間は、
歴代ウィンターコンサートで
演奏した曲がBGМとして流れていました。
ある時から1ヨーグルトカップ分を
1番早く終わらせたペアが
曲のリクエストをできるシステムになりました。
それぞれ流してほしい曲があって、
それを聞くために
みんなの目がとても真剣になりました。
手の動きも素早くなりました。

IMGP6534

私もそれにつられて、
両手を使って目と頭をフル回転させました。
ヨーグルトカップに入っている豆がなくなって、
あとトレーにのっているもののみになると、
興奮して、「これはいける!」と思いました。
でも、そうしているうちに他のペアが、
「終わりました!」と元気よく言うのでした。
その時はとても悔しくて、
次こそはと気合が入ります。
でも、他のチームもどんどん早くなっていくので
とても1番になるのは難しかったです。
こうしているうちに、全ペア8分ぐらいになって
10分では長すぎるぐらいになりました。
こんなに早い選別は今年初めてだと思います。
私もこんなに選別だけで、
くたくたになったのは初めてです。

IMGP6545
前半戦が終了して休憩になりました。
その間、A級品に選別された豆に
汚れた豆がないかどうかさっとチェックしました。
でも、どれも粒が大きくて皮むけもなくて
綺麗なものばかりでした。
真ん丸で白くてツルツルな豆は
飾っておきたいぐらい可愛かったです。

休憩の時間は、なぞかけをして遊びました。
「好きな人とかけて、嫌いな人と説きます。その心は?」
この答えは、
「どちらも離したくない(話したくない)」です。
とても面白いなあと思いました。
他にも何問かあったのですが、
どれも、「ああー!」と言いたくなるような
納得するものばかりで気持ちがすっきりとしました。

IMGP65271

後半はチーム対戦でした。
子(ねずみ)、酉(とり)、
申(さる)年の人のチーム、
未(ひつじ)、戌(いぬ)、
兎(うさぎ)年の人のチーム…と
干支で分かれたチームが4つできました。
1チーム3カップを1番早くできたチームには100点、
2番目が50点と点数が加点されていきす。
そして、最終どのチームが1番点数が高いかを競います。

DSCN6434

私のチームは最初の頃は結構早く終わり、
他のチームを待っているくらいでした。
でも、最下位のチームには
罰ゲールがあることを宣言されてから、
相手チームが体制を変えて一気に強くなりました。
相手チームの、「終わりました!」の声を聞くたびに
とても焦りました。

私のチームは最下位を連発してしまい、
罰ゲームとなりました。
ドキドキしながらお題が発表されるのを待ちました。
お題は、「1位のチームの人を口説く」でした。
1対1になって、告白をするのです。
相手の子と、向かい合うととても恥ずかしくなって、
頭が真っ白になりました。
でも、一生懸命考えながら男役になりきりました。

IMGP6569

IMGP65561

他の人の罰ゲームを見ていても、
決め台詞が1人1人違って
どれもかっこよくて笑いました。
これまで作業をしていたのに、
罰ゲームをしているとさっきまで
セブンブリッジをしていたような気持ちになりました。

罰ゲームというと、何だか悪い事のように聞こえるけれど、
なのはなでは罰ゲームも一種の遊びで、
みんな一生懸命するのがとても面白いし楽しいです。
選別だけじゃなくて、
他の作業でも遊び心を少し交えたら
もっと楽しいのだろうなあと思いました。

今日は前代未聞のスピードで選別が進んで
未選別の豆もあとほんの少しになりました。
もう白大豆の選別はなくなるのかと思ったら寂しくて、
もっともっとしたい気分だけれど、
次は黒大豆の選別が待っています。
私は黒大豆の選別をしたことがないので
今からとても楽しみです。

(りな)