「次に繋がるヒント」 しなこ

1月14日(火) しなこ

今日かられいこちゃん、まゆちゃん、さくらちゃん、なつみちゃんの4人がスクーリングに出かけました。
元気のあるメンバーが約1週間いなくなるのは寂しいのですが、帰ってきて、4人からスクーリングの話を聞けるのが楽しみだなと思います。
畑のCチームのリーダーをするれいこちゃんは、約1週間の畑で進めてほしい予定をまとめてくれて渡してくれました。れいこちゃんのリーダーとしての動きがすごいなと思います。進めてほしいことも詳しく書いてくれてあって、今度新しくレタスをCチームで担当するのですが、畑に入れる元肥の計算もしてくれてあって、何をどれだけ入れるかが書かれていて、作業をしやすくしてくれて、本当にありがたいです。
れいこちゃん自身も忙しいはずだけれど、しっかりと自分の役割を果たせていて、本当にれいこちゃんがすごいなと思って、私も見習いたいです。
れいこちゃんが不在の間、Cチームのみんなで、畑を見守って、れいこちゃんが帰ってきたとき、良い報告ができるようにチームのみんなで頑張りたいです。

今日もフルメニューをして、その時間が楽しかったです。
ランニングも気持ちよく走ることができて嬉しかったです。今日のお題は「2019年のウィンターコンサートの劇で好きなセリフ」でした。みんな、それぞれ違うセリフなのかと思ったのですが、同じセリフが好きということが多かったです。
アカリの「あら、よっと」や少年レオナルドの「アスペルガーだからこそ見える世界もあるんだ」が多くて、名ゼリフだなと思いました。ちなみに、私は「ダヴィンチ・クライシス!!」です。
セリフを言うときに、役者になりきって言うということもお題と一緒に付け加えられていて、なりきって言うのも面白かったです。
楽しく走れてあっという間にゴールしていました。
筋トレもきついのですが、みんなでやると楽しくて、頑張れました。三点倒立も今は人に支えてもらっているのですが、支えがなくてもできるようになりたいなと思います。

午後は黒豆の脱粒の作業をさせてもらいました。
メンバーがまえちゃん、まきちゃん、まあちゃん、なおとさんで、ベテランが揃うメンバーの中に私も入らせてもらって、重要な作業ではないかと構えてしまったのですが、私は初めての作業なのですが、覚えていきたいと思いました。
初めてのことは、やっぱり怖さを感じます。でも、楽しさを見つけられたら楽しくなるし、自分1人だけでやっていることではなくて、一緒にする仲間がいます。だから、怖がる必要はないのだなと思います。失敗することはあまり良くないけれど、失敗したとしても、なのはなでは失敗した原因を考え、次に失敗しないように対策を考えることができます。失敗して、たとえお父さんに怒られたとしても、お父さんは次に繋がるヒントを教えてくれます。だから、怖がらずに取り組んでいきたいなと思います。
作業は脱粒機に不具合が出たので、今日は少ししかできなかったのですが、また作業をする日にみんなで進めたいです。

夕方のハウスミーティングも、お父さんの話やみんなの話を沢山聞かせてもらえて嬉しかったです。
ありがとうございました。