「スポーツに夢中になる感覚」 まち

1月13日

今日は今期初めてフルメニューをしました。軽い準備体操と筋トレをしてから、梅の木コースを走りました。ものすごく天気が良くて、空気が凜としていて、走っていて気持ちが良かったです。私はけいこちゃんとあやこちゃんと一緒に走っていたのですが、けいこちゃんが疲れて歩き始めても、3人で景色を楽しみながら、話しながら進んでいくことができて嬉しかったです。

走ったあとはけいこちゃんとキャッチボールをしました。球技は苦手、とけいこちゃんは話していたけれど、いざやってみると投げるのもキャッチするのもとても上手でした。とくに投げが上手くて、勢いがあるし私の胸のところに確実に飛んでくるし、全然苦手のようには感じられなかったです。

けいこちゃんはことあるごとに、なにかが苦手、と言いますが、一緒に作業をしていても、まったくそんなふうには見えません。とても要領良く、適確に、こなすように感じます。今日の夜、校長室で、お母さんが、けいこは能力高いと思うんだ、とおっしゃっていたけれど、私も、けいこちゃんが病気だとは、思えないというか、あまりにも心が苦しすぎるから、病気にすがるしかなかったのではないか、本当は、何でも、綺麗にこなしてしまうのではないか、と思ってしまいます。そのくらい、仕事が綺麗で、心も透明で一生懸命だと思います。

私のことになってしまいますが、今日のフルメニューが本当に楽しく感じました。キャッチボールとソフトバレーをしましたが、以前より格段に楽しく感じます。以前は、正直、寒いよ、面倒だな、と思ってしまうこともあったのですが、今日は心から楽しくて、もっとやりたい!終わりたくない!と感じました。去年と同じ事をしているはずなのに、こんなに感じ方が違うのか、と思って、感動すら覚えます。私はもともと運動が得意で、大好きでした。小学校と中学校の頃は体育の授業が一番好きだったし、成績も良かったです。高校受験が始まった頃から体調を崩して、それまでのように運動を楽しめなくなっていました。気が付いたら、こんな年でした。もう、夢中になれないのは病気のせいでもあるし、年齢のせいもあると思っていたけれど。今日、久々に、昔の記憶が蘇ってくる感覚を覚えました。スポーツに夢中になる感覚。楽しくって、いつまでもやっていたくなる感覚。自分の才能が思いっきり出し切れている感覚。すごく嬉しかったです。なのはなに来たばかりのときに、のりよちゃんに、治ったらスポーツの感じ方も変わってくるよ、同じことをしても変わってくるんだよ、と教えてもらっていたけれど、このことだったんだ、と分かりました。

途中ですが提出させて頂きます。いつもありがとうございます。