1月12日(日)「節目の日――成人式の1日」

1月13日のなのはな

IMGP0069
〈令和2年 勝央町成人式
勝央町の新成人は71名です。
なのはなファミリーからは3名が成人を迎えました〉

IMGP0224

成人式は、なのはなファミリーにとって
大切な行事の1つです。
私は、さきちゃん、ほしちゃんと一緒に
振り袖を着させていただきました。

IMGP0264

朝6時、まだ暗い中、
みんなより少し早く起きて、身支度をします。
メイクとヘアは、あゆちゃん、あんなちゃん、
ゆいちゃんが担当してくれました。
前もって、
お父さんとお母さんにも見てもらって、
その人の雰囲気や振り袖の色に合った
メイク、髪型、髪飾りを決めてもらいました。
ファンデーションを塗ったり、
髪を結ってもらったり、
1つひとつの手つきがとても丁寧で、上品で、
少しずつ気持ちが落ち着いていきました。

IMG_9720
着付けには今年も、
村上さんが来て下さいました。
腰紐を締めるとき、
ぐっと結び目を抑える瞬間に、
村上さんの繊細な指使いを感じました。
一瞬だけふっと穏やかな力が入って、
ほんの少しゆっくり、
しかし確実に締めてくださいます。
緩すぎず、きつすぎない、
その絶妙な力加減の中に、
深い優しさが包み込まれていることを
思いました。

IMG_9757
IMG_9769

魔法がかかったように、次々と布が収まり、
紐で固定されて、色が増えていきます。
なめらかで涼しげな肌をした布地で、
重厚感のある
直線的なラインが作られていくのを見ると、
自然と背筋が伸びました。

IMG_9908IMG_9843帯は、村上さんが、
「これをするのが楽しみなのよ」
と仰いながら、
1人ひとり違った形に仕上げてくださいました。
あっという間に美しい形を作り上げていく
村上さんの手元が、本当に美しかったです。

私は、お母さんの振り袖を着させてもらいました。
髪飾りは、数年前に、ゆいちゃんたちが
つまみ細工で作ってくれたものです。
上品で、暖かくて、しなやかで、
きっちりしている。
何か大きなものに守られている感覚がしました。

IMG_9865

9時、準備が整ったところで、
みんながいるリビングへお披露目に行きます。
慣れない和服と草履で、
ややぎこちなく歩きながら、
リビングへ入りました。
P1123224
途端に、みんなの歓声と拍手で包まれました。
3人揃って後ろ姿も見てもらって、
少し恥ずかしいような気持ちもしたけれど、
みんなが喜んでくれるのが、
本当に嬉しかったです。 IMGP9875IMGP9870それから勝央文化ホールに向かい、
勝央町の成人式に出席しました。
町長と教育長のお言葉を聞いて、
改めて、成人になるというのは、
これからの時代を作っていく
責任ある人になる
ということなのだと思いました。
古吉野総区長の木村さんと、
ホールの竹内さんが声を掛けてくださり、
とても嬉しかったです。

IMG_9971IMG_0088IMG_0080IMG_0073

IMG_0108式の後には、盛男おじいちゃんのお宅へ
お披露目に行きました。
盛男おじいちゃん、信郎さんが、
ぱっと顔を明るくされると、
私も満たされた気持ちになりました。
お二人の姿を追いながら、
自分たちも前へ進めることが、
いつもとても有り難いなと思います。
IMGP0297
IMGP0279IMGP0322お昼過ぎに、写真館へ向かいました。
なのはなファミリーにとっても
初めて行く写真館で、息の合ったご夫婦が、
フィルムカメラで撮って下さいました。
その子その子に合わせた背景やポーズ、
振り袖の魅せ方まで拘って下さり、
とても有り難かったです。

3時頃に写真館を出ると、
外では雨が降りそうな気配でした。
急いで古吉野へ戻ると、
みんな一斉に外へ出て来てくれて、
玄関の前で集合写真を撮りました。
家族みんなで、ぎゅっと近くに集まれる時間が、
私は好きだなと思います。

IMGP0346

それから夕食まで、
古吉野で振り袖姿を
写真に撮ってもらいました。
今年は3人が同じ撮影班で撮影をするので、
お互いの姿を見ることができます。

    DP2Q0191  IMG_0416抱負をビデオに収めるときには、みんな少し緊張して、
自分も背筋が正されます。
白い背景の前で振り返るポーズを撮ったときの、
さきちゃんやほしちゃんの横顔を見ると、
その透明感やはっきりした輪郭に目を奪われます。
「綺麗」という言葉も口に出すのを忘れてしまうぐらい、
みんなうっとりして見ていました。  IMGP0748   IMG_0505撮影班のみんながずっと照明を手に持ち、
着物の裾を綺麗にしてくれて、
ずっと笑顔で穏やかな空気を作ってくれました。
自分たち3人がお祝いされるだけの成人式ではなく、
なのはなファミリー全体の1つの節目として、
みんなと一緒に今日を迎えられて、
本当に有り難くて、嬉しいです。
大きな動きの中の一部分として、
それぞれが自分の役割を果たそうとしている。
そんな空気でずっと包まれています。   DP2Q0126  DP2Q0128朝から夜までずっと、
みんなに背中を押してもらいました。
自分は1人ではない、
そう思うだけで、きちんとしようと思えます。
背筋が伸びて、笑顔になれて、
そうやって自分を使えることが、どこか心地良いです。

IMGP0878

お父さん、お母さん、なのはなのみんな、
そして、地域の皆様にも受け入れていただいて、
今の自分があることを改めて思いました。
本当に、感謝の気持ちで一杯です。
確かな軸を持った、責任ある大人になれるよう、
これからも成長していきたいです。

(まゆみ)