「目標地点まで」 るりこ

1月10日

○畑作業
朝の光がとても気持ちよくて、すっきりした気分で起きました。
朝食前は、山小屋便り新春号をスマホ版に上げる作業をしたのですが、予想以上にはかどって、朝から良いスタートが切れました。

朝食後のチーム作業は、二重ハウスの春菊の収穫をしました。
春菊の調子は良いです。脇芽が旺盛に伸びています。
葉は柔らかくて、色も良いです。一昨日の追肥が効いているように感じました。
2畝あるうち、1日交代で1畝ずつ収穫をしているのですが、今日は1畝で900グラム採れました。
また、お父さんとお母さんにもプレゼントしたいなと思っています。

ACチーム合同で作成している、落ち葉堆肥の米ぬかぼかしを混ぜました。
少しぬくもりが出てきたようで、発酵が進み始めたのかなと思います。
27日の『ナッツの日』(Cチームで決めた、1ヶ月に1度の追肥の日です。
れいこちゃんが考えてくれて、27を反対にすると72、言葉にすると、”ナッツ”になります)に施したいと思っているので、それまでに上手く発酵が進んで、質の良い肥料になってほしいです。

現在、Cチームは成人式のフォト撮影でメンバーが抜けていて、今日活動できたのは、ゆきなちゃんとりなちゃんとわたしの3人でした。
人数は少なかったのですが、2人がとても協力的で、時間までに目標まできれいに終えることができて、とても嬉しかったです。

午後からは昨日に引き続いて、河原下畑で作業をしました。タマネギの草取りです。
今日の進め方は、これまでにないものでした。
まず、1畝に2ペアが入り、両側から中心に向かって草を取っていきます。
1畝は20分目標なのですが、それを5分ごとに区切り、5分間のなかで、「ここまで取るぞ」という目標地点に竹を差して、そこを目指して進んでいく、という流れです。
時間内に目標地点までたどり着けたペアは、「目標達成しました!」と大きな声で宣言をします。
それに対して、みんなは、「素晴らしい!」と返します。

わたしはけいたろうさんとペアになりました。
初めに、けいたろうさんと、「ここまで目指しましょう」と目標地点を定めて、それに向かって進んでいきました。
1回目は惜しくも達成できなかったのですが、2回目からは少し距離を短くして、確実に達成できる距離に変えました。
だんだんと進むにつれて、けいたろうさんとのスピードが揃っていくのを感じました。
自然と2人のスピードが合っていくと速さも増して、目標とする距離も伸びていきました。
「挑戦」と言って、思い切り距離を長くしたときも、案外達成することができて、2人で、「やった」と喜びました、
真ん中の条はお互いカバーし合いました。
けいたろうさんが遅れているときは、わたしが取りました。
そうすると、けいたろうさんは、「ありがとうございます」と言ってくれました。
反対にわたしが遅れていると、けいたろうさんがさっと真ん中の条を取ってくれました。
けいたろうさんの自然な優しさが嬉しかったです。
チームの空気も良くて、どこかのペアが、「達成しました!」というと、みんなで、「素晴らしい!」と返しました。
言う側でも言われる側でも、どちらでも嬉しかったです。

畑に出ると、いろいろな場所でみんなの優しさに触れたり、小さな達成感や大きな達成感を感じることができて、楽しいです。

今日は夕方から冷え込んできて、帰ってくるころには身体が冷え切ってしまっていたのですが、17時からのハウスミーティングで校長室に入ると、ストーブの温もりと、お父さんのお話にほっとした安心が広がって、一気に温まったなと思いました。
夜の集合の動物のお話が、とても面白かったです。

おやすみなさい。