「イメージを形にする」 みく

1月8日

○音源の編集について

 さとみちゃんと、イベント用に、バンドの音源を編集させてもらっています。
 今取りかかっているのは、カラオケ音源用なので、ボーカルを抜いたバックバンドのみの調整になります。ウィンターコンサートで録音した音源を使っているのですが、ズームで録音した全体の音源ではなく、1つひとつの楽器をチャンネルごとにバラどりしたものを、細かくタイミングをそろえたり、レベルやイコライザーの調整などをしています。
 イントロやAメロ、サビなどの場面ごとに、楽器のバランスを変えたり、盛りあがりを作ったりするのが、イメージを形にすることができると、面白いなと思います。スケールやクオリティの違いはあると思うのですが、こうやってCDは作られるのだなと新鮮な気持ちになります。

 午前の最後に、できているところまでをお父さんに聴いていただき、とても良い音だと言ってもらいました。まえちゃんを始め、自分たちの演奏を編集する形が蓄積されていて、積みあがっています。それに加え、お父さんがミキサーをして調整してくださったままのコンサートで録音された元の音がとても良いから、そのまま使うことができて、自分たちが何をするでもなく、良い音が出て、やりやすいです。

 音源の編集は、すごく大変なイメージで時間がかかってしまう覚悟のもと、さとみちゃんと挑んでいたのですが、イコライザーの設定も必要なものだけで良さそうで、思ったよりもスムーズに進められています。5曲のうち、今日で『ネバー・ギブ・アップ』『シェイプ・オブ・ユー』の2曲が完成したので、このまま残りの曲も進めたいです。