「セブンブリッジ」 りな

1月2日

昨晩はセブンブリッジをしました。
私はよしえちゃんとしなこちゃんのペアでした。
リビングは大きいトランプがタワーになっていたりまるでおとぎの国にきたようでした。
でも設定はネズミ年をちなんでネズミーランドらしいです。
リーグ名はネズミの種類で、チンチラの写真がとても可愛かったです。

オープニングは紅白のあけみちゃんチームが使っていた坊主頭の被り物を使っていたり、ウィンターコンサートのネタがたくさん入っていてずっと笑いっぱなしでした。
セブンブリッジが始める前にまあちゃんから、「私が『縄張りへと入ります』と言ったらポン!て鳴いてほしいの」と頼まれて嬉しかったです。
私が鳴いたらみんなが一斉に後ろを振り返ったのも面白かったです。
私達のペアは賭けはしないものの小さな負けを繰り返していました。
私は待てないですぐに世捨て人になりたがってしまってそれで勝つこともあるのですが失敗することもあります。
まさにこの時、世捨てになった次のターンでジョーカーを引いてしまいました。
こんなにもタイミングが悪い時があるんだと衝撃でしばらく3人で呆然としてしまいました。
本当に悪いことしたなと落ち込んでいる姿をみて、対戦していた他のペアまでもカード状況を分かったそうです。

私達はマイナス点をとっていたのですが、れいこちゃんペアがお父さんお母さんリーグで8000点を取ったと聞いたときはとても驚きました。
親で一発上がりなんてそんなミラクルなことがあるんだと目が点でした。

前半戦の結果はれいこちゃんペアのおかげでまえちゃんチームがダントツ1位に輝き、お父さんお母さんチームが5位でした。
いつもお父さんお母さんチームは1位なので、勝ててうれしかったです。
休憩はおやつにおぜんざいが出ました。
お餅がぷっくり膨らんでいて、小豆も甘くてとても美味しかったです。

後半戦は、救済ルールでクイズが出されたりして楽しかったです。
お風呂でやよいちゃんから聞いたことのあるなぞなぞとかもあり、少し答えることが出来ました。
いつもはなおとさんがトリビアをしていますが今回はあやこちゃんとあけみちゃんがしてくれていたのも珍しかったし、同じリーグにしほちゃんがいて、しほちゃんが「1年ぶりだあ」と言っていて一緒に出来て嬉しかったです。
最後のゲームはこれまで聞いたことのない点数20倍でした。
これは本当にハラハラして心臓が飛び出そうになりました。
一刻も早く持ち札の数を少なくしようと必死でした。
そのおかげで勝つ見通しが立てずに負けてしまったのですが、やっぱり前半戦の点数がかなり効いていて、1位を守り抜くことが出来ました。
罰ゲームは赤チームでした。

罰ゲームは、モナ・リザの振りをして今年の抱負を言うというものでした。
かつらが用意されていて、またお父さんのかつらをかぶった姿が見られて嬉しかったし、お母さんは違和感がありませんでした。
みんなの抱負が具体的でユーモアがあってとても面白かったし、声もモナ・リザのように高くしていて面白かったです。
しているほうもとても楽しそうで私もしたいなあと思いました。

午前は書初めをしました。
見本には「天文」の字が書かれていました。
一見簡単な字ですが、よーくよく見てまねるとなるととても難しいなあと思いました。
私はどうしても筆を回してしまい、右はらいがマジックで書いたような太さが同じ線になってしまって苦労したのですが、お父さんが書いているところを見たら筆を縦に立てて手首を回してないことが分かりました。
私はこれまで筆を斜めにしていました。だからかけないんだと分かってとてもスッキリしました。
それからは上手く書けるようになりました。やっぱり基本の形が大切なんだと思いました。
また、時間をかけて丁寧に書いた方が気持ちがこもっていい字が書けると思っていたのですが、実際にはスパッと潔く書いたほうが綺麗にかけることを知り、進歩しました。
小学校の時、書写の授業が嫌いだったのですが、今日はとても面白くて何回も何回もかけるなあと思いました。
抱負の漢字は「真心」にしました。私は真心が足りないと思います。
つい面倒くさがってしまったり、気遣いが足りなかったりします。
そして、時間がたって、ああ、あの時はもっとこうしとけばよかったと後悔するのがよくあります。
今年は後悔しないようにどんなことにも真心を持って取り組みたいからです。
午後のことも書きたかったのですが、時間になったのでまた今度書くことにします。