「正義、プライドを正しく持って」 りな

1月3日

昨晩の新年ライブがとても楽しかったです。
廊下の電気を消して、リビングのスポットライトだけをつけて、お父さんお母さんの歌やお話を聞く時間はとても贅沢でした。
私がお父さんの弾き語りを初めて聞いたのは確か父の日でした。
その時に、『ヒーロー』や『トンボ』などを聞いて、たくさんの感動と勇気をもらったような気がします。
そして、なのはなの子になろうと強く決心した日でもあります。
そんな力強いお父さんの歌をまた聞くことが出来るなんて夢のようでした。

お母さんの歌声は柔らかくて、『育つ雑草』を歌っていたお母さんとは少し違いました。
でも、お父さんを包み込むような優しさであふれていて、私はどの曲を歌っているお母さんも魅力がいっぱいで大好きだなあと思いました。
お母さんとお父さんが顔を見合わせながら笑ったり、お母さんがお父さんの膝を叩いてテンポをとっている仲のいい姿に何回も心が和みました。

お父さんの質問には、今世間で問題になっている原子力の事や食料のこと、税金の事を聞くことが出来て嬉しかったです。
普段何気に聞き流していることでも、こうして深くまで考えると色々な問題が見えてきて、人ごとのように受け流してはいけないんだなということを知りました。
「放射能は体を通り抜けて、見えていなくても中の細胞を壊して人が死ぬぐらい大きなダメージを受けているんだよ」というお父さんの言葉が今も心の中に残っています。
私達の傷って放射能とそっくりだなあと思いました。
知らず知らずのうちに生死を分けるような傷を受けた私達を作ったのはこの世の中だし、原子力を作ったのもそうです。
自分の利益だけ考えていると必ず自分たちにダメージが返ってくるんだなあと思いました。

お母さんが「高貴な者の義務がある」ということを教えてくださいました。
私達は高貴ではないけれど、世の中の人よりも早く生きにくさを抱えて辛くなっていったんだから、私達にもこの生きづらくなる理由を伝えて、世の中でリードしていく義務があるんだと思いました。
そのために私はもっともっと自立していかなければなりません。
怖さや恐れもあるけれど、みんなと一緒ならきっと大丈夫だと思います。
正義、プライドを正しく持ってみんなの後をついていきます。

午前は二人羽織がありました。
私は実行委員で盛り上げる側でした。
みんなを盛り上げる立場は初めてだと思います。だから気合が入りました。
最初のオープニングではたくさんの人が笑ってくれてみんなで朝に練習してよかったと思いました。
練習の時もりゅうさんがとても面白くて楽しかったです。

1回戦目では専属実行委員になり、あゆちゃんチームを監督させてもらいました。
のりよちゃんとちさちゃんペアがダントツで上手くて、1人でつかんでいるかのようでした。
私はちさとちゃんちせちゃんペアの豆掴みで1番笑いました。
ちせちゃんが教える人、ちさとちゃんが掴む人でした。
ちさとちゃんが落花生をパックの外側に落とそうとすると、さっきまでおどおどしていたちせちゃんが「ダメダメダメ!」と大きな声を出していたからです。
ちせちゃんの皮が何重にも向けて楽しんでいる様子を見ていると私までもつい声を出して参加したくなりました。
罰ゲームは、「ネズミが激辛カレーを食べた時ともう2度と人間の食べ物は食べないと決意する時のジェスチャーをする」でした。
なんと罰ゲームだったのはお父さんお母さんチームで、卒業生やせなちゃんもいて少し申し訳ない気持ちになりました。
でも、みんな快く罰ゲームを受けてくれて嬉しかったです。
なおとさんのジェスチャーが気持ち悪いほどリアルでとても笑いました。

午後はコマ回しと羽根つきでした。
コマは小学5年生以来で、絶対できないと思っていました。
ちさちゃんに木ごまの紐のまき方や投げるコツを教えてもらいました。
最初は紐をきつくまこうとすると途中でくちゃっとなってしまい、投げるまでにもいかなかったけれど、ちさちゃんのようにスピーディに巻くと綺麗に出来ました。
投げる時には引くときに中指で紐を引っ張る事を教えてもらって、意識してやってみると上手く回すことが出来て嬉しかったです。
引くときにヨーヨーをしているような感覚が気持ちよくて何回もしました。

私はブリキと木のコマに出ました。
ブリキのコマのひもは細くて紐を巻くのに苦労しました。
練習もしたことがなくて回るか心配だったけれど、本番でまわってなんとか100点を取ることが出来ました。
チームのみんなが声をかけてくたりハイタッチをしながら喜んでくれてとても嬉しかったです。
私はバトミントンが好きでよくやっていたので羽根つきは出来るんじゃないかと思っていたけれど、バトミントンと違ってあまり飛ばなく、下手でした。
すると、まえちゃんが腰ごと動かすことや高くあげること、羽子板を真っ直ぐ持って無理に動かそうとしないことを教えてもらい、すこし羽をコントロールできるようになりました。
私とななほちゃんペアの最高得点は10点であまり続かなかったけれど、まえちゃんさくらちゃんペアはとてもうまかったです。
少し離れたところで数えていたのですが、さくらちゃんもまえちゃんもほとんど足が動くことはなくてテンポも安定していて凄いなあと思いました。

私は4人の人に墨入りしてもらいました。
墨入りは魔除け効果があることを今日実行委員さんの話を聞いて初めて知りました。
墨入りのお題は「美人画」でしたが、初っ端からなおとさんに墨をたくさん入れられました。
みんなの顔もほっぺにハートや星が書かれていたり比較的可愛い人もいれば、まえちゃんのように肌色より墨の範囲が広い人もいました。
みんな顔が変になっているのに本人は全く気付かないで不通にしているのがおかしくて面白かったです。

最終戦は名人戦で私のチームからはまえちゃんとまりこちゃんが出場しました。
奥では最強のひろこちゃんなおとさんペアが2メートル離れているにも関わらず羽が落ちることなく行ったり来たりしていてさすがだと思いました。
隣のまことちゃんなるちゃんペアは羽の動きはゆっくりだけれどとても安定感があって、結果も180を超えていて凄いと思いました。
羽根つきとかコマとかもう家庭ですることのなくなった日本の伝統的な遊びをみんなで出来るところはやっぱりなのはなだけだなと思ました。

もう3が日も終わりに近づいていて、卒業生も明日で帰ってしまうので寂しいです。
年末年始の楽しい時間はあっという間でした。
でも、明日からは気持ちを切り替えて日々を過ごしていかないとと思います。
畑に何日か出ていないだけでもう1か月ぐらい出ていないような気がして、畑作業がしたいなあと少し思っていました。
だから、またチーム作業では、リーダーさんを最大限にサポートできるように頑張りたいです。

あと、今日の朝リビングの扉を開けようとするとあやこちゃんが「シンビジウムの花が開いているよ!」と教えてくれて、見ると昨日咲いていなかったつぼみが5つぐらい一気に開いていてとても嬉しかったです。
大みそかに初雪が降ったり、今日シンビジウムの花が開いたり、今日の夕方きぬさやのビニール締めに行くと空に真っ二つの綺麗な上限の月が見えていたり、なんだか神様が今年はいい年になるよと教えてくれているようで嬉しくなりました。
新しい自分を作ってもっともっと成長できる1年にしたいです。