「新年を迎えて」 ふみ

1月3日

お父さん、お母さん、なのはな紅白歌合戦から始まり、三が日は、お正月遊びをみんなとできて、楽しかったです。

今年は、周りをみて気働きができるようになる。
自立をする。
何かするときに、失敗を恐れず、勇気を持つこと。そして、精神的に強くなります。

おとそを頂いて、お父さんお母さんに、周りをみて気働きができるようになるといい、と教えていただきました。
自立してから恥ずかしくないように、ちゃんと周りをみて、その場にあった心の働きができるようにします。
周りが見られていなかったり、その場ですぐに動けなくて、反応が遅かったり、頭が止まってしまうことがあります。
ちゃんと周りをみて、判断して、行動に移せるように心掛けて生活します。
社会に出てからも、成長していきます。
社会性をつけて、ちゃんと大人として、社会に、職場に、貢献できるように仕事をしていきたいです。
人のために、力になれるように考えて行動し、迷ったら、なのはなのホームページを見たり、お父さん、お母さんを思います。
今年は、自立します。

***
新年ライブの時間が1番嬉しかったです。
お父さん、お母さんが横に並んで、笑顔で歌っている姿や、お父さん、お母さんのお話をたくさん聞かせていただいて、お父さん、お母さん、みんなに包まれているように感じて、その空間が安心して、心が満たされていきました。
自分は1人ではないと改めて思えて、お父さん、お母さんの弾き語りを聞かせていただいたら、涙が溢れてきました。

なのはなにいると、元気になれます。
最初は、不思議だなって思っていたけれど、みんなが人のためにの気持ちで動いていて、だれも孤独にならず、みんなが協力しあって、利他心で動いているからなんだと思います。
人のために動いているとき、1番イキイキとしていられて、楽しいと感じられて、なのはなで元気になるのはそういうことなのだと思いました。

今年の抱負を心において、明日からまた新しい気持ちで過ごしていきたいです。

もうすぐ消灯なので、ここまでにします。
お父さん、お母さん、おやすみなさい。いつもありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。