1月3日(金)「お正月遊び3日目 ――チーム対抗、二人羽織&コマ回し・羽根つき大会――」

1月3日のなのはな

IMGP9346
お正月遊び3日目。午前の遊びは、
二人羽織での豆掴み対決とチームプレー豆掴み対決など、
チーム対抗で何種類かの豆掴み対決を行ないました。
二人羽織豆掴み大会は、
全6チームで競います。
3種目のゲームで二人羽織と
豆掴みを楽しみました。
IMGP9352

出場するペアでは前後で座り、
後ろの人は羽織をきてから目隠しをします。
羽織を着た人は前の人に覆い被さります。
前を担当する人は後ろの人の目となり、
後ろの人は前の人の手となり、
豆を掴むように言葉や、身体で誘導します。
IMGP9417
私は、あやこちゃんとペアになりました。
私は後ろの人に豆のある場所や
掴んだ豆をトレーに入れる指示などを出す
誘導の役割になりました。

IMGP9527
IMGP9415

掴む豆はなのはな産の豆です。
トレーの上に
たくさんの黒大豆、白大豆、小豆、落花生が
広がっています。
ノーマル戦の2回戦になると、
高得点の光り輝く銀杏が登場しました。
1つで30点が取れるという
魅力的な銀杏です。

IMGP9391

二人羽織をしていると、
一緒にやっている人と気持ちを沿わせて、
一心同体になっていることを強く感じます。
そして高得点が取れたとき、一緒に笑ったり
ハイタッチをして喜ぶことができると、
本当に嬉しかったです。
二人羽織は素敵な競技だと思いました。

IMGP9377

IMGP9430
〈みんなで試合を応援しました。  掴んだ豆を入れるボックスから外れると  マイナスポイントになってしまうルールもあり、  歓声や悲鳴も聞こえてきました〉

二人羽織のノーマル戦のあとには、
名人戦を行いました。
各チームから選抜された豆掴み名人ペアがトーナメント戦に出場し
豆掴み名人の座を競いました。
1位から3位のペアのいるチームには
得点が入ります。
思いがけなかったのですが、
私達のペアは2位になることができました。
IMGP9745

名人戦のあとには、
チームプレー豆掴み対決が行なわれました。
リビングの中央に円の土俵を作り、
その土俵の中央に
ペットボトルが置かれています。
円の土俵を囲んでチーム全員がスタンバイして
土俵の中の豆をつかみペットボトルに入れていきます
とった豆の数で得点がつき、順位を競いました。
円の土俵の中には
手や身体をついてはいけないというルールや、
小豆15粒、白大豆15粒、落花生4粒を必ず入れなければ
とった豆の得点が無効になってしまう
というルールもありました。
IMGP9732

私達のチームの順番は5番手です。
最後の試合でした。
試合の前には、作戦会議をしました。
その人の身体の大きさなどもふまえて
場所を決めたり、
ノルマの豆の担当を割り振ったり、
豆をペットボトルに入れる際の
システムなども決めました。
自分達の番にくるまでの
各チームのプレーも参考にしました。

試合中、
(迷わないで、すばやく豆を落とそう)
(次から、黒大豆にいきます!)など、
皆に声かけると、「はい!」と
皆が揃って返事を返してくれました。
皆で気持ちを揃えて、
1つのペットボトルに向けて
豆を入れていくのが面白かったです。

IMGP9853
〈罰ゲームは激辛カレーを食べ人間の食べ物はもう食べないと誓うねずみをジェスチャーで表現しました〉

なのはなで過ごすお正月では、
(私にはお父さん、お母さん、
たくさんの仲間がいるんだ)
と強く感じ、 暖かい気持ちを感じる瞬間ばかりです。
なのはなでは、優しい世界が常にあります。
お正月遊びをしていても感じます。

今、私が家族に囲まれながら、
日本らしいお正月の遊びをして、
笑顔でみんなと笑い合って過ごせることは
当たり前のことではないです。
なのはなの子として、この1年を過ごし、
進化していきたいと思いました。

(あけみ)

***
IMGP0054
午後からは、体育館で
こま回しと羽根つきをしました。
オープニングの実行委員さんの寸劇で
暖かい気持ちになってから、
こま回しの実演がありました。 IMG_9629
IMGP0031
そのあとは各チームに分かれて
練習と選手決めの時間です。
手回しごま、糸引きこま、
投げゴマの
ブリキごま、木ごまで試合を行います。
私はこま回しをやったことがありませんでした。
みんなが木ごまやブリキごまを投げると
面白いようにクルクル回って
すごいなかっこいいなと思いました。

私は、同じチームのなおとさんに
コツを教えてもらって
手回しゴマをやってみると
おもしろいように回りました。

IMG_9971

IMG_9749
練習のあとは試合です。
こまの種類別に3回戦ずつ行い
どの選手が長くコマを回せるかを競いました。木の枠の中には
いくつか点数が書いた紙があって、
こまがその紙の上で回り終わると
ボーナス点としてその点がもらえました。
手で投げるこまが
きれいに立って回るとわくわくしました。
IMG_9746

IMG_9760

みんなでこまが長く回ったり
ボーナス点のエリアで
倒れそうになったりすると
歓声が上がって、
みんなで楽しめた時間が嬉しかったです。

IMG_9857

IMG_9934

こまが終わると、羽根つき大会です。
チームの総当たり戦で、
ペアで2分間に何回、
連続でつけるかを競争しました。
1試合ごとに全ペアが何回つけたかを
対戦チームと競いました。IMGP0124
私たちのペアは多くて20回ぐらいでした。
周りには、コツを掴むと2分間
ずっと落とさずにやり続けるペアもあって、
100回、200回以上の回数をコンスタントに
ついているペアもいました毎回、正確に適切な強さで
適切な場所に、リズムよく返し続けられるのが
すごいなと思いました。

〈墨入れのテーマは「美人画」です、 試合に負けて悔しい! でも墨のひんやりとした感触が心地よく 墨入れも楽しめました。 試合が終わって完成した美人画に変身した顔を見ると お互いに笑顔になりました〉

IMG_0114

負けたチームには
勝ったチームが墨入れをしました。
墨を入れられる方も入れる方も
楽しかったです。
終わるころには、

全員の顔に墨が入っていました。
みんなが今年の1年間も
無病息災で嬉しいです。

(みほ)

IMGP0236IMGP0256
***
夜にはコマ回し、羽根つき大会の結果発表がありました。
最下位だったチームには罰ゲームがありました。
「お正月にまつわるものを、みんなで表現する」
というテーマで「門松」を表現しました。