1月2日(木)「お正月遊び2日目 ――百人一首、書き初め、そして獅子舞!――」

1月2日のなのはな

お正月2日目は、百人一首と、書き初めをしました。
全体を2つのグループに分けて、午前と午後で入れ替えました。
(午前中に百人一首をするグループは、午後からは書き初めをします。
もう1グループは、その逆で行ないました)

IMGP9852

百人一首の種目は、散らし取り、青冠、坊主めくりの3種類です。
散らし取りでは、集中した空気のなかに、詠み手の美しい歌声が響いていました。
その洗練された空気が、日本らしくて、好きだと感じました。
IMGP9863
今日のために、毎食の席で3首ずつ、お父さんに意味を解説してもらいながら、
みんなと百人一首の詠み方の練習をしてきました。
そのおかげで私も自信を持って詠むことができました。
また、みんなと覚えた首は、上の句の最初の何文字かで、
何人もの手が、勢いよく札に伸び、みんなの思いを感じました。
解説してもらった句の全部を覚えることはできなかったけれど、
これだけは! と覚えた首は取ることができたことが嬉しかったです。
IMGP9912IMG_8996IMG_8999

青冠は、まさにチームプレイでした。
対角にいる仲間と助け合い、相手の手札をよむ頭脳対決でした。
今まで、相手が何を持っているのか勘でゲームしていたのですが、
どうしたら勝てるのか、頭の使い方が分かるととても面白い遊びだと感じました。

IMGP9192
〈卒業生の、のぞみちゃん夫婦も帰ってきてくれました〉

IMGP9867IMGP9922
そして、最後の遊びは、坊主めくりです。
運勝負であり、最後まで勝敗が分からないこの遊びはまた大盛り上がりでした。
また、今回は坊主をひいたら、札を場に捨てるだけではなく、
坊主頭のかぶり物もかぶり、みんなの可愛らしい坊主姿もありました。
IMGP9999私のペアは終盤にさしかかるまで一度も坊主をひかず、このまま行けば大勝ちでした。
手元に札が増えれば増えるほど、札を引くときのドキドキ感が大きくなりました。
いつ坊主が出るか、油断はできませんでした。
残りあと2周ぐらいにさしかかったとき、
坊主めくりの1つの鍵を握っている蝉丸が姿を現したのです。
蝉丸がでたら、引いたチーム以外は、場にすべての札を捨てなければなりません。
蝉丸は私たちの場に嵐を吹き起こし、とても盛り上げてくれました。
場にあるたくさんの札を狙って、「姫っ!」と祈りながら札を引くみんなの姿や、
見事に姫を引いたときに上がった歓声と悲鳴、その後の坊主コール。
私のペアの最終的なモチ札は2枚で、
悔しかったけど、とてもとても楽しかったです。
IMG_9087そして夕方、全員が集まり、午前の部との総合結果発表が行われました。
もちろん、楽しい罰ゲームも待っています。
今回の罰ゲームは、「知られざる 私の魅力 こんなとこ」という上の句に続いて、
それぞれが歌人となり、下の句を作る、というものでした。
下の句の14文字にのせて、それぞれの隠された魅力を聴けて、とても面白く、暖かい時間でした。
本気で遊び、たくさん笑い、濃い時間でした。

(ちさ)

IMGP9227
〈『リズム感には自信があります』〉

***

いつも、なのはなファミリーを支援して下さっている、 永禮さんが会長をされておられる、 『美作の国一宮 中山神社御祭禮神事保存会』の方々が、 獅子舞を披露しに来て下さいました!
獅子の頭は、 金の歯がオス、黒の歯がメス(お歯黒)であることや、 15キロの重さがあることなどを教えてもらい、 実際に頭を持たせてもらいました。

私たちの演奏を3曲、見ていただきました。 日本の伝統に触れられる貴重な機会が嬉しかったです。

***

IMGP9926お正月遊び2日目は『書き初め』をしました。
今回は顔真卿の「天文」という文字をみんなで練習して共通の課題として書きました。
2019年のウィンターコンサートのテーマに合っていて、
この字を今、書けることがとてもしっくりときて嬉しかったです。

IMG_9051お父さんが、初めに黒板にポイントや筆の運びの難しい箇所の説明をしてくれました。
お父さんに教えてもらったことを意識して練習したあとに、
お父さんにアドバイスをもらい、清書しました。

IMGP9169真っ白な紙の上に文鎮を真っ直ぐに置く瞬間はとても気持ちがよいです。
私の席の近くにはお母さんが、「書いてみよう」と言って座っていました。
お母さんの姿勢は真っ直ぐで黒い綺麗な服を着ている姿が格好よかったです。
お母さんがとても綺麗でした。

IMG_9057IMGP9940

枚数を重ねるほど、顔真卿の字に近づけるべきところがどんどん出てきました。
角数の少ない文字は、バランスをとることが難しいです。
払いのなかにあるふくよかさを出すこと、筆の入りの形を真似ることなど、
お父さんに教えていただいた所を意識しました。
静かな中で集中して、文字に向かい合う時間は楽しくて気持ちが落ち着き穏やかになりました。

IMGP9332
〈みんなの文字が並んだ光景は圧巻です!〉

IMGP9323

最後にみんなで二文字の抱負を書きました。
私は物事をもっと正確にできるようにするという気持ちで「正確」という字を書きました。
顔真卿は、どのように書くのかということを考えて筆を置いていくことが楽しいと感じました。
みんなの抱負や「天文」の文字を実行委員の人達がすぐに、リビングと食堂に貼ってくれていて、
みんなの文字を見ているととても綺麗で好きだなと思いました。

(まよ)

***

〈今夜は、新年ライブを行いました。明日のアップをお楽しみに!〉