【山小屋便り11月号】 「積み重ねを自信に ―― 簿記部8期生、日商簿記2級の試験に向かって ――」 まち

簿記部8期生にとって、待ちに待った日がやってきました。村田先生が日商簿記2級の授業をしてくださる日です。

今回は村田先生が4日間、授業をしてくださいました。最初の2日間で工業簿記を勉強し、残りの2日間は商業簿記を勉強します。

簿記部8期生は8人で、6月に受験した3級も全員合格し、今度は、来年の2月に受験予定の2級全員合格を目指して、みんなで一丸となって勉強をしています。

簿記部8期生が発足したのは、今年の1月でした。村田先生の日商簿記3級の授業を受けて、6月に行われた本試験で全員合格することができました。

今は、2級合格を目指して、みんな努力をしています。2級は、3級より全体的にぐっと難しくなっただけでなく、3級は商業簿記だけだったのですが、2級から商業簿記に加えて工業簿記も試験範囲に加わるので、今までの知識とはまた違ったところも頭に入れなければならず、難易度が上がります。

村田先生の授業を受けたあと、必ず復習と自習をして、頭を整理していきます。簿記の勉強が充実していてとても楽しいです。

ウィンターコンサートや畑などと並行して、簿記の勉強も進めて、こんなに充実していて盛りだくさんで、わくわくした毎日が、とても嬉しいです。

村田先生は、簿記のことだけを教えてくれるのではなく、積み重ねや心持ちについても教えてくれます。村田先生の話を聞くたびに、自分はどこまでも成長できて、意欲と希望が湧いてきます。簿記を通しても、人のために役に立てたり、人の希望となりたいです。

村田先生の簿記の授業は、とても分かりやすくて、面白いです。村田先生に教えていただけることが本当に有り難くて、これからも知識を吸収していきたいです。

村田先生は、今回の授業の終盤に、「もしかしたら今回の授業が今年最後かもね」と話していました。

なのはなファミリーでは、12月7日にウィンターコンサートを控えています。それに向けてこれから練習や準備を進めていくため、しばらく村田先生に会えないのは寂しいですが、簿記の勉強も積み重ねていきたいです。

村田先生の簿記の授業も楽しいです。日商簿記2級、全員合格するぞ!