【山小屋便り11月号】 「一つに作り上げていく過程 ―― なのはなバンドにしかでいない表現を ――」 みく

ウィンターコンサートに向けて、バンドでは10月中に、予定している新曲をすべて形にする目標で、楽譜づくりや練習を進めています。

レディ・ガガの『バッド・ロマンス』から始まって、シーアの『シャンデリア』『ザ・グレイテスト』が形になり、今回の音楽合宿では『ネバー・ギブ・アップ』と『ワット・ドゥー・ユー・ミーン』を集中的に練習しています。

■変化をつけて

今回のコンサートで演奏する曲は、リズムやテンポ、曲調が似ているものが多く、バックバンドも同じフレーズを繰り返し演奏することが多いため、楽譜づくりや練習をする上ではシンプルな構成なのですが、変化をつけることが課題だなと感じています。

また、シンセサウンドでできている曲を、生バンドに作り替える難しさもあり、なのはなファミリーのバンドのスタイルも、演奏する曲によって変化していきますが、今回のウィンターコンサートでは、電子ドラムやキーボード、ウィンドシンセサイザーなど、電子楽器の音作りでどう面白く聴かせるか、そして、各楽器の良さを引き出すようなアレンジを考えていくことが、大切だなと感じます。

『ネバー・ギブアップ』では、電子ドラムで『タブラ』という民族楽器の音をかにちゃんが作ってくれて、印象的なパーカッションが入ります。

イントロや間奏部分で、曲のエキゾチックな雰囲気を出すためには、フレーズのピッチを滑らかに変動させることで印象が大きく変わってくるのですが、その場で、エレキギターのなおとさんが、ギターでチョーキングを使った新しい奏法を編み出してくれて、ピッチベンドを得意とするさとみちゃんのウインドシンセサイザーから始まり、まみちゃんの電子ドラムのリズム、そしてキーボード、ギターのフレーズへと繋がります。

バンドメンバーの各楽器の良さをお互いに持ち合った、曲にハマる良いイントロを作ることができ、こうしてあるべき形を目指して、みんなと1つに作り上げていく過程が好きで、大切だなと感じました。

ウィンターコンサートまで、残り5週間となり、これからお父さんの書いてくれる脚本を軸に作り上げていきます。

どこを目指してコンサートをするのか。何にも囚われないで、自分たちにしかできない表現を、今いるメンバーでベストを尽くして、良いものにしていきたいです。