第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」



ミーティングで「傷を負っていないとしたら、どんな将来の夢を描いて、どんな仕事についていたでしょうか」について作文を書いていますが、漠然としたことでよいのでしょうか。仕事が、あまり想像ができなくて、本当にぼやっとしています。子供の頃から、どういう道に進めばいいかわからなかったのと同じような心境です。ヒントをもらうことはできますか。
漠然としてもいいのでしょうか。

〈自分の答え〉
具体的でなくても、漠然としていていい。
お父さんお母さんの子供だったら、自然に、何かの仕事についているはずで、何をしているにせよ、どういう心持ちなのか、ということが大事なのではないかと思います。

 

 

【答え】

 

お父さん:
傷を負っていないとしたら――。
いまは、傷を負っちゃってる自分ですからね、負っていない自分を前提にして、今どんな将来の夢を描いて、どんな仕事に就いていたでしょうか、これはもう漠然としていていいですよね。

……あのね、これは仮定の話ですよね。
どっちみち仮定の話ですから、僕だったら割とくっきり書いてしまいますね。
僕は、もし自分が違った生き方をしていたら、佐渡裕みたいな指揮者になっていた可能性があります。交響楽団の指揮者になっていたと思います。
もしくは、動物学者になっていたと思います。それでアフリカで野生動物の生態の研究をしていたと思います。
もしくは、昆虫学者になっていたと思います。多分、甲虫類の研究をしていたと思います。どこで研究しているかわかりませんけど。
ええと、あと可能性があるのは……、カメラマンになっていた可能性があります。
でも多分、交響楽団の指揮者か、昆虫学者か動物学者。この3つのうちのどれかになっていたと思いますね。
もしかしたら動物学者の中では、魚類の研究をしていたかもしれません。それははっきり思いますね。
何でかと言ったら僕はすでに子供のとき、魚をいっぱい獲るのが好きで、獲った魚をどんだけ見ていても飽きませんでしたからね。
それで動物が好きで、動物の話を読んだり聞いたりするのも好きで、そこら中の動物を集めたいなと思ったくらいだし、小さいときから小鳥もたくさん飼っていましたからね。繁殖させていました。絶対、僕は動物が好きだと思うんですよね。そういう動物の世界に憧れたり、シートン動物記を読んで激しく共感して、ファーブル昆虫記を読んで激しく共感して、僕は人間よりもよっぽど動物、昆虫のほうが好きだと思いましたね。
交響曲を聞いたとき、こんなに人の気持ちを微に入り細に渡って表現する方法があるのか、と感動しましたよね。最初に聞いて、眠ってしまう人が多い中で大興奮して大感動してしまうというのは、その素養があるんですね、資質がね。
お母さんは何になっていただろうね。

 

お母さん:
生の交響楽を聞いて、お父さんが眠ってしまってことがあるって聞いたよ?

 

お父さん:
それは後にそういうこともありました、ということです。超うまい楽団を聞きに行って、激しく眠るんですよ。何でこんなに好きなのに眠るんだろうと思ったら、あまりにもうますぎて夢の世界に入っちゃうんですね。素晴らしいですね。
お母さんは何になってただろうね。

 

お母さん:
なりたいものがあった。ふふ。造園師。

 

お父さん:
ああ! なれたと思う。
庭師だね。
ああ、なれたね。お母さんだったらなれたと思うね。

 

お母さん:
なんか、和歌山のほうで(編注:お母さんは和歌山出身です)、庭がどんなに狭くたって、猫の額くらいの1坪くらいでも、庭を作るのね。
玄関の両側に。
岡山へ来て、「そんな松やらなんやら植えて庭を作るんだったら、栗とか柿を植えるわ」って聞いたのね。

 

お父さん:
これは歴史を遡るとわかることなんです。
江戸時代に徳川御三家というのがありましたよね。水戸、紀州、尾張の御三家。江戸時代にはこの中から、徳川家の跡継ぎを出すことになっていました。
いまで言えば内閣総理大臣ですね。
で、この御三家の地元では、みんな気位が高いというか、実よりも名を取るというふうな気質なんです。体裁を重んじるんです。武士は食わねど高楊枝、と聞いたことあるでしょ。
で、例えば水戸の人間は武士から平民に至るまで家を作ったら目の前は庭を作るんです。いまでいうと作る人が多かったといったほうがいいのかな。僕の子供の頃はみなそうでした。
もしスペースがあったら池まで作ります。スペースがなければ枯山水、あるいは池は作らないけど、松とかを植えて造園するんです。庭が大きくても小さくても、そうします。
それが、庭のスペースがあったら、手がかからなくて、実が採れて、食の足しになるものを植える、と聞くと、紀州出身のお母さんとか水戸出身の僕からすると、「えっ、玄関先に柿を植える?」とびっくりしちゃうんです。

 

お母さん:
地域性みたいなのがあるじゃない。県民性って、いま流行ってるけど、文化がね。だから猫の額くらいのところでも絶対に庭を作らないといけないという文化の県だった、ということなんだけどね。

 

お父さん:
梅の木を植えたりしないんですよね。松なんですよ、植えるのが。
そういうところで育つとやっぱり、庭作りをしたいなって子供のとき、思ってたんでしょうね。
で、将来の夢だけど、シャープにしたほうが面白いよね。どうせ書くんですからシャープにしてみましょうよ。
それでちょっと手がかりを探ろうと思えば、自分の中に手がかりは探せるんじゃないのかなという感じはしますよね。小学生の低学年の頃、何が好きだったかみたいなことを考えていけば、自然にわかるんじゃないかな。

 

お母さん:
それ書いたから残念に思うとか、言わないよね。
お母さんは古吉野にいるから古吉野の庭をみんなと触れるし、好きなように空間を触るのが好きなんだろうなと。だから舞台美術とか手がけることもできるし。
なのはなファミリーにいたらかなりの夢がかなう場面がある――、仮にお店屋さんしたかったら、納涼祭やらウィンターコンサートで店出せばいいんだし。

 

お父さん:
考えてみたら面白いな、と思いました。
僕、今、何も考えずに言ったんですけど、交響楽団の指揮者って、誰から給料もらうんだとか、どうやって生活が成り立っていくのかな、ってわからないでしょ。
今、津山高校で成績のいい人で、「俺は指揮者になる」と言う人はきっといませんよ。
ブラスバンドの部長でも、俺は指揮者になる、と言う人はいませんよ、たぶん。
どうして、そういう人は極端に少ないか。
きっと、エリートに見えないんですよね。なれるふうにも、見えないんですよ。
じゃあ、津山高校の、成績上位の理系の人で、動物学者になりたいと思ってる人とか、植物学者とか、昆虫学者になりたい人も、いないですよ。いまの時代、エリートじゃないからね。
高いステータスもなければ、収入もどうなのか見えない。いまの時代って、生活が楽にできるような職業を目指しなさいという志向が強いから、そういう職業はほとんどの人が目指さないですよ。
多くの人は、収入が多く見込める職業を目指すんですね。その手段として勉強している人がほとんどになっているような感じがします。自分を生かすための手段じゃない。収入をより多く得るための手段でしょ。成績が良ければいいほど、そういう志向が強まっていく気がします。
造園師? 儲かるのか儲からないのか見当つかないです。きっと造園師もエリートじゃないですよ。だからもしも、親が自由な発想ができる人だったとすると、今の枠組みの中で、エリートと呼ばれる職業を目指さなかったりできるんです。
どうやったら動物学者になれるんだ? アフリカで、豹とかチーターの生体の研究して誰がお金くれるんだ? 何に対してお金をくれるんだ? わからないんですよ。どうやったらその職業が成立するか、わからない。
職業が成立するかどうかで志すのではなくて、自分が好きかどうかで選んでいくと、成立するかどうかわからない職業を目指してしまうんじゃないですか、ということなんですよ。

 

お母さん:
自分のことで今思ったけど、前にも話ししたかもしれないけど、お母さんの時代って、みんなスチュワーデスみたいなのになりたいなりたいって言ってたことがあって、私もスチュワーデスになりたいと言ったら母親が喜ぶのかなと思って、1回お母さんのお母さんに言ったことがありました。そしたら「そんなのは、空の女中(!)みたいなものになるものじゃない」って言われた。今なら差別用語って言われてしまうよね。今だったら中居さんとかいうかもしれないけど。すっごくきつく、絶対にならないように、と。

 

お父さん:
いまはフライトアテンダントとかいうんだよね。考えてみたらコーヒー出して、ブランケット配って、サンドイッチ配って、たしかに空の中居さんとも見えるよね。

 

お母さん:
だから、造園したい、なんてとても言えなかったよね。

 

お父さん:
余分な話だけど、フライトアテンダントになりたい人って飛行機の上でお客さんにサービスしようというより、仕事しながら世界中を旅行して歩けるからなりたいって思うんだよね。
だって揺れている飛行機の中でこぼしそうになりながらコーヒー入れるのが大好きなんだなんていう人いないですよ。

 

お母さん:
でも現実的には海外でゆっくりなんてできないらしいよ。ものすごく酷な仕事だって。

 

お父さん:
余分なこと言うと、昔の日本航空がいけないんです。
昔はフラッグ・キャリアと言って、各国で1社だけ、国を代表するキャリア(航空会社)があった。日本では日本航空だったんですよ。海外旅行が高嶺の花の頃は、パイロットとスチュワーデスを、下にも置かない待遇をしていた。朝早く飛行機が飛ぶなんて言う時、ハイヤーを差し向けて、朝4時でも5時でも来て、家の前、マンションの前で待ってるんです。どうぞ、っていって飛行場まで送ってくれる。
偉いスチュワーデスだけじゃない、全てのスチュワーデスにですよ。そんなことをやってるから一回、倒産したんですけどね。それはすごいステイタスですよ。昔の人はそれを知ってて夢見ていたんです。家の玄関先までハイヤーが来て送迎してくれる。
すごいもてなしを受けて、給料もいい。そういうのが昔の日本航空のスチュワーデスだったんです。いまは、原則、公共交通機関を使って通勤、ということのようですが。
そういうことがあったので、昔はスチュワーデスがいいな、なんて言う時代があったんでしょうね。外国なんかとっくの昔から、出勤は電車で来いですからね、ステイタスもないんです。
自分が摂食障害になっていなかったら何になっていたか、多分、エリートを頂点に組織されるピラミッド型の組織とは無縁の、ステイタスとも、高給取りとも、関係のない仕事に就いていたんじゃないか。そういう人が多いんじゃないかな、と僕は思いますよ。
わかりやすくいうと
「桃栽培の農家になっていた」とか。
今の親御さんで、桃を作る仕事をしたらいいよ、なんて娘に言う人はいないでしょうね。

考えてみれば、自分がもし生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を描いていたか、というのはとても難しい設問だと思いますね。

 

 

(2018年9月7日掲載)









第1回~第100回(クリックすると一覧を表示します) 第1回「縦軸と横軸について」
第2回「神様は何をしようとしているのか」
第3回「本で涙を流すことについて」
第4回「本を読んでも内容を忘れてしまうことについて」
第5回「時間をうまく使えるようになるには」
第6回「太宰治について」
第7回「摂食障害の人が片付けが苦手だったり、約束の時間に遅れてしまうのは何故ですか?」
第8回「自分のことを『僕』『おいら』と言うのをやめられなかったのは、なぜか」
第9回「おいしいカレーと、おいしくないカレーの違い」
第10回「楽しんで走る」
第11回「死ぬことへの考え」
第12回「『聞く』と『教えてもらう』」
第13回「頑張るフルマラソン」
第14回「他人の成功」
第15回「『今』という時間」
第16回「不安の先取り」
第17回「良い協力関係」
第18回「急に悲しくなる」
第19回「夢の持ち方について」
第20回「心の許容範囲」
第21回「疲れるのが怖い」
第22回「スポーツの勝ち負け」
第23回「人といること」
第24回「“好き”という気持ち」
第25回「何でも知っている」
第26回「舞台鑑賞が怖かったこと」
第27回「生まれ変わるとしたら」
第28回「一番感動した景色、美しい国はどこですか?」
第29回「好きな時代はいつですか」
第30回「体型について」
第31回「行きたいところ」
第32回「悲しくなったら、動く」
第33回「意志を持てないこと」
第34回「心を動かす」
第35回「恋愛できますか」
第36回「日記の重要性」
第37回「心配されたい」
第38回「ONとOFF」
第39回「いつも同じ態度で」
第40回「涙腺が弱い」
第41回「子供が苦手」
第42回「正しいことを通そうとして」
第43回「流されて生きる」
第44回「才能について」
第45回「身長は伸びますか」
第46回「否定感が強い」
第47回「ぐっすり眠れない」
第48回「見え方、感じ方」
第49回「強さについて」
第50回「自分の出し方」
第51回「身体の調子と気持ち」
第52回「何のために変わるか」
第53回「痛みを知る」/a>
第54回「投げやりな気持ち」
第55回「未完成」
第56回「相手を許す」
第57回「書けないとき」
第58回「甘いと甘え」
第59回「イライラしない」
第60回「落ち込んだ時」
第61回「生きているなら」
第62回「わからない問題は」
第63回「眠ること」
第64回「子育てについて」
第65回「夫婦で大切なこと」
第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
 
第101回~第150回(クリックすると一覧を表示します)
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
 
第151回~第200回(クリックすると一覧を表示します)
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
 
第201回~第250回(クリックすると一覧を表示します)

第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」
第222回「リモコンの操作と、ゴミの分別が覚えられなかったこと」
第223回「相談をしたり、買ってもらったりすることが怖い」
第224回「ケアレスミスが多い」
第225回「恥ずかしさにどう対処するか」
第226回「きつく締められないこと」
第227回「豆掴みと羽根つきが、うまくできるようになっていた」
第228回「プライドを守り合える関係」
第229回「人間味を学ぶために」
第230回「リーダーをするときの不安と罪悪感」
第231回「幸せについて」
第232回「不思議ちゃんと言われていたのはなぜか」
第233回「話の絶えない人になるには」
第234回「サービスをする人になる」
第235回「ソフトボール部に入らなくてはいけない気がする」
第236回「ディストピアと野蛮人の村」
第237回「好きと言ってみる」
第238回「質問がまとまらない」
第239回「ソフトクリーム」
第240回「謙虚について」
第241回「人との間にしか幸せはないこと」
第242回「思いっ切り遊んだことがない」
第243回「癇癪について」
第244回「友達について その①」
第245回「友達について その②」
第246回「センスよく生きる」
第247回「根拠のない自信」
第248回「先生になること」
第249回「演じること、正直になること」
第250回「怒りと感謝の気持ちは共存しない」
 
▶第251回~
第251回「アメリカンドリーム」
第252回「悲しむこと」
第253回「限界までやってみる」
第254回「リーダーの向き不向きについて」
第255回「悲しくならない求め方」
第256回「人前に立つ緊張」
第257回「野菜の見方」
第258回「プライバシーについて」
第259回「寝相について(前半)」
第260回「寝相について(後半)」
第261回「変わっていくことについていけない恐ろしさ」
第262回「速く書く事」
第263回「利他心について」
第264回「集中力について」
第265回「読書について 解釈と鑑賞」
第266回「年齢、役割に見合った振る舞いについて」
第267回「相手に喜んでもらいたい気持ちと、自分が幸せを感じることの怖さ」
第268回「相手を幸せにするということについて」
第269回「シンプルであること」
第270回「人のために動くとき」
第271回「周囲の人や家族のなかで浮いている感覚があったことと、個性について」
第272回「楽しませる人、発信する人になりたい」
第273回「目の前のことに集中できない・利他心と利己心について」