7月25日(火)「伝統を受け継いでー天神祭道中流し○夏野菜の収穫」

7月24日のなのはな

大玉トマトが71玉、13キロ収穫できました。

実の大きなものでは、ひとつ550グラムもあり、
大きくて真っ赤で奇麗なトマトが持ち切れないくらい穫れて
本当に充実した気持ちになりました。

DSCF6418 260
実が大きく、少しでも水を与えたら
実割れしてしまうのではないかと不安で
「明日こそは……」と思いながら、
1週間以上、追肥、水やりをしませんでした。

今日、たくさんの実を収穫できたので、
やっと追肥と水やりもして、
多少実割れしてしまうものがあっても
思い残すことはありません。

まだまだ実はたくさん付いていて、収穫は続きそうです。
株の上の方は、熱い空気が溜まるので
良い実ができにくいのですが、
最後まで美味しい実が穫れるように
これからも手入れを続けたいです。

 

また、約1キロもある三角メロンが2つ、収穫できました。

こちらはまだ穫れ始めで、
これから収穫のピークを迎えます。

暑さで野菜はとても生きづらそうですが、
それでも一生懸命に生きようとしていて、
なのはなでは、みんなの力で
水やりや手入れを行き届かせることができて、
今のような異常気象の時こそ、
なのはなの、みんなの力を感じます。

(もも)

〈Cチームでは、夕の子東畑の、  第2弾のトウモロコシ収穫をしました〉

 

マクワウリの追肥をしました。

以前、お父さんが
メロンで追肥をするならどの肥料が良いか、
という質問に対し、
「メロンは甘いから、カロリーが高い感じがする
鶏糞がいいような気がします」と話してくれたことがあり、
今日の作業でも鶏糞を追肥しました。
P7240009 2

1株に対して2つの穴をあけ、
鶏糞両手1杯、苦土石灰1掴みを入れ、
土をかぶせて埋めます。

穴に埋めるのは、
鶏糞がそのままむき出しになっていると、
虫が寄ってくるからです。
P7240011 2

1人が1畝間に入り、
両サイドの株に1つずつ穴をあけ、
追肥していきました。
そうすると、畝の両側から、
1株当たり2つの穴があくことになります。

畝は26畝あり、畝間は27あります。
1畝間を7分程度で終わらせると、
5人でおよそ40分で終わる計算になります。

私が7分ずつコールしていきました。
みんながそのコールを聞きながら
スピードを意識して作業できたと思います。
そのスピード感が心地よかったです。

実際に計算通り約40分で終わらせることができました。
追肥したことで濃密で美味しい
マクワウリになってくれたらいいな、と思います。

収穫もしたのですが、
2日前は1.1キログラムだった収量が、
今日は約10キロに増えました。

また、みんなと頂けるのが楽しみです。

(やよい)

〈天空ミニカボチャ『白い坊ちゃん』も収穫できました〉

 

***DSCF8225
〈水やりツアーでは、
小豆の苗床や白大豆、
菊や太ネギの畑を回り、水やりをしました〉

 

◆*◆*◆

〈浴衣は、ペアの子とお互いに着付け合いました〉

私たちにとって、今年最初の夏祭り、
天神祭の道中流しに参加しました。
勝央音頭保存会の方と、
『勝央音頭』『ヤットサ節』『イケイケ人生』を
踊り歩きました。

IMG_6509
踊り始めたのは7時頃。
まだ空は明るく、帯とシュシュの赤色が
一番に目に入ってきます。

音楽と共に、自然に身体が動きます。
白に紺のラインが入った浴衣が、
同じように揺れ動きます。
前にも後ろにも、赤いシュシュが
真っ直ぐに並んでいます。

旧街道には、すでにたくさんの方が
いらっしゃいました。
お客さんのすぐ側で踊るのは、
初めは少し緊張しました。

IMG_6628

しかし、踊り始めてすぐに、
じっとこちらに目を向けて下さる方がいました。
微笑みながら見て下さる方、
「奇麗だね」と話されている方、
曲に合わせて手拍子をして下さる方。
中には一緒に踊って下さる方もいたり、
カメラを構えて真剣に見て下さる方も多くいました。

〈卒業生の空ちゃんも、細尾さん、小春ちゃんと  応援にかけつけてくれました〉

IMG_6652

いつの間にか緊張が、嬉しさに変わりました。
その嬉しさを、見て下さる方に
お返ししたいと思いました。

IMG_6477

IMG_6538

IMG_6810

いつの間にか日が暮れて、
折り返すときには星も瞬いていました。
提灯や外灯の光が、
踊っているみんなを照らしていました。
みんなの顔、伸ばした手の先や腕、
白い浴衣に光が当たったとき、
花火が開いたときのような華やかさがありました。

昔から続いている風景なのだと思うと、
少し不思議な気持ちにもなりました。
ずっとこれが受け継がれていくように、
今もしっかり踊りたいと思いました。
自分たちだけでなく、お客さん、
御神輿を担いでいる人、お店を出している人など、
みんなでこの空気を作っているのだと思いました。

IMG_6928

IMG_7114

その中で、自分たちのことを
快く受け入れて下さる人達がいることが、
本当に有り難く思いました。

この次には街道祭もあります。
他の地域の夏祭りもあります。
みんなと気持ちを揃えて向かっていきたいです。

(まゆみ)

IMG_7148