第100回「社会性を身に付ける」



社会性が欠落しているとはどういう意味ですか。
社会性が育っていないのは、心の傷ではなく、小さい頃の環境か、生まれつきのものですか。私の場合、0~2才のころから、保育園の同じ組の子にかみついていました。
また、小学生のとき、通信簿に、
「相手の立場になって物事を考えるように」
と書かれてありました。
相手の立場になって考えたり、人の気持ちを理解することが社会性だとしたら、それはどのように鍛えることができるのですか。

〈自分の答え〉
素直で謙虚に気持ちを変える。
狭い自分の考えでは及ばない大きな考えがあると知る。
なのはなで社会性のある人のまねをする。

 

 

 

お父さん:
どうやったら社会性がつくか――。
そうですね、社会性があるとか、無い、とかよく言いますよね。
社会性が欠落しているのは、“KYさん”とか言われる人にも通じますね。その場の空気が読めない人は、KYさんと言われてしまいます。
空気が読めるというのも社会性でしょうね。その場がどういう場所なのか、理解できるということですよね。
言ってみたら、人間は、本来、どこで何をしても自由なんですよ。
どこで何しても自由なんですけど、同じことをしてるのに、ちょっとそれ違うんじゃないかと言われることがあります。社会性のある人は、ちょっと違うんじゃないのということはしないんですよね。
例えば、いま夏ですよね、今。海岸とか川のそばで水着になってる人というのは、まあ普通です。だけど街の中を水着で歩いたら、それはちょっと社会性がないというか、ん、どうしたのってなっちゃうでしょ。同じ人が、同じ服を着てても、場所によって意味が違ってくる。
だから本当は、それは理にかなっている、いやそれは理にかなっていないという、そういう言葉遣いとか、行動とか、服装だとか、あるいはスピード感だとか、人がやってる行為全般に関して、その場に合ってるかどうかが社会性なんですよ。
もしも、そこに誰もいなかったら、多分何をやってもいいんです。自分の部屋の中とか、あるいは地球が滅んで人類が誰もいなくなった、ということだったら社会性は求められない。
だけど、人がいるところでは社会性が求められるでしょうね。
その場の空気に合わせる。
その場にかなった格好、その場にかなった行動をする、ということが広い意味の社会性でしょうね。それが適切にできるか、できないか、ということですね。
だから、言ってみたら何ができるかできないかというよりも、どういう場なのかを汲む力がなければ、社会性があるとはいえません。
相手がどういう人なのかとか、「その場は、これをしていいところ」「それをしちゃ悪いところ」それを汲むというのは、ある程度、自分を離れないとできないですよね。
社会性が欠落してる人というのは、自分のことしか考えない。周りが汲めない、見えない。それで、自分勝手な言動、行動をしてしまう。そういうことが言えるでしょうね。
この人の場合には、「保育園の頃から噛み付いていた」これにもヒントがありますよね。
保育園では噛み付く。小学校では通信簿に「相手の立場になって物事を考えられるように」と書かれてしまった。小学生の頃、相手の立場に立たない行為が目立ったということですよね。
じゃあ、この人が社会性をつけるためには、相手の立場に立つ、周りの空気を読む、その場の状況を読む、っていうことですけど、この人それができてないわけです。
ここでちょっと考えてみてください。
あなたがいま、2歳の子供を育てていて、噛み付く子供になっちゃったとします。その場合、子供にどうやって「噛み付いちゃダメ」と教えるんですか。
何を教えたら、その子の社会性が身につくんですか。
みんなだったらどうします?
2歳じゃなくて、4歳、5歳でもいいです。
保育園に連れて行く。先生からこうクレームがつきました。
「お母さん、困ります、お宅の娘さん。噛み付くんです、同級生に。なんとかしてください」
さあどうしたらいいですか、みんな。
その子が噛みつかないように、社会性をつけたい。どうしたらいいか。
あなたの子供は、噛み付くんですよ。困ります。なんとかしてください。
ちなみに、自分も噛み付いていたなという人、手を挙げてみてください。ああ、そんなにたくさんはいない。1人くらい。

僕が思う答えを言います。
噛みつかせないようにするためには、家でその子を褒めるんです。どんどん気持ちを持ち上げる言葉を並べる。
あなたは素晴らしい、って、真正面から褒めちぎる。
褒めて、褒めて、褒めて、朝から晩まで褒めちぎる。
とにかく、やることなすこと全部、褒める。
顔の形から、髪の毛、鼻の形、耳の形、良かろうが悪かろうが、最高だ、かわいいと言って褒める。
尊敬する。
子供だと見下げるのではなくて、ちょっと持ち上げて、相手が4歳、5歳じゃなくて、18歳くらいの女の子に接するような言葉遣い、態度で接していきます。
そうしたら、その子は噛みつかなくなります。
どうして?
小さい子供で噛み付いたりするときは、周囲に敵意を剥き出しにしているということです。周りを汲むどころか、周りは自分の存在を危うくする敵としか認識できない。
じゃあその原因を辿ったら何かというと、親からとっちめられてるからですよ。親から叱りつけられてる。こっぴどく、いつも叱られているからです。
自分の存在が危うくなっている。自分の存在の危機感を感じるから、噛み付いて歩くんです。
自分を守ることしか考えてないんですよ。小さい子供ですからね。
褒められると、(あら? 私は存在してていいんだな)と安心するんです。
褒められた子供はどうなるかというと、
「いやいや、お母さん。あなたこそ、素晴らしいお母さんで、私、大好きですよ」
って、返してきますよ。

人間って、自然にお返ししたくなるんですよ。叩かれたら叩き返したくなるし、褒められたら褒め返したくなるし。子供に何かプレゼントしてみてください、お返しに、そのへんの石ころをプレゼントしてくれますよ。
子供ってね、「お父さんいいものあげる」といったら石ころだったりする。「ええーっ、ありがとう! 珍しい石だねえ」みたいなね。
お金がないのでそのへんの石を拾ってきてプレゼントにするんですよ。まあ犬の糞は持ってきたことないですけど、何かの糞は拾ったことありますよ。「珍しいもの拾ったー」「うわあ、めずらしい!……」
おカネを使えないので、拾ってくるしかないんです、子供は。
子供に優しい気持ちを注入する、褒め言葉をばんばん注入する。

ところで、質問の人は大人です。大人なのに社会性がない。どうしたらいいか。
この人が考えた答えは「謙虚で素直に気持ちを変える」ですけど、それができてたらこんな質問、書いてこないわけですよ。
たぶん、この人はいつの間にか自己否定になっちゃっているんです。自己評価が低いです。
自分で自分を否定して、周囲を見えなくさせていると思います。
だから意識して、自己評価をうんと高くするしかない。嘘でいいですよ。
日記は全部ウソを書く。
「自分は今日、素晴らしいことをこんなにした」
実際にやったことを絡めて書くんです。
自分はなんて素晴らしいんだ、と。自分でいっぱい褒め言葉を書くんです。誰かに言われるのは難しいから。自分で自分を褒めて、褒めて、褒めちぎる。
毎日書いていくと本当に、褒められたような自分になっていく。そうすると社会性が出てくると思います。
それから周りを見ていて、自分が褒めたくなる人のことをたくさん日記に書くんです。
何しろ、日記は自分と隣近所の人の褒め言葉で満たす。そうなると社会性がついてきます。

前にちょっと言ったことがあるかもしれないけど、卒業して慣れるまで、日記を書いてくるんですが、ある人が失敗ばかり書いてくるんです。
「今日はこれで失敗して、入園者の人を困らせてしまいました」
とか、
「クレームになってしまいました」
「私が時間を間違えて案内したので、その人は他のパビリオンに行けたはずなのに行けなくなってしまって、1つパビリオンに行く場所が減ってしまいました」
まあ、いつもいつも反省を書いてくる。
「二度とこういうことがないように注意したいと思います」
って。次の日も反省。今度は別なことで反省、反省、読んでると嫌になっちゃう。
よくこれでクビにならないなというくらい、毎日、失敗している。
いつも「もう二度とこんな失敗はしないようにします」と締めくくられる。
でも毎日、あきれるほど失敗する。

別の卒業生は、
「同じパビリオンの人は18歳くらいなのに、素晴らしい。入園してきた人から尊敬の眼差しを浴びて、素晴らしいと思いました。私なんか足元にも及びもつかないくらい、こんなことがこんなふうにできてすごいです」
っていう言葉で、毎回、毎回、見習いたい人の素晴らしさで埋め尽くされている。
この卒業生は、新人スーパーバイザー賞というのをもらっているわけです。
「自分なんかこの人には及びも付きません」って褒めて、この人素晴らしいですって褒めるばかりなんですけど、じゃあこの人が素晴らしくないのかなと思ったら、しっかり、新人の中でトップクラスに素晴らしい存在になっている。
片や、「自分は昨日、これで失敗して、もう二度と失敗しません」と書いている人は、毎回、飽きずに延々と反省ばかりしている。
それで、その卒業生に、
「反省することに、溺れていませんか。別の卒業生の日記は、素晴らしい人のことばかり書いてありますよ。反省は書かずに、素晴らしい人のことだけを書いてください。失敗した自分のことは書かないでください。何か間違っていますよ」
って書きました。

反省は、しちゃダメなんですよ。
反省する人って、もう自分の反省するところを見つけたくて、つまりダメなところばかり見てるんです。ダメなところを見つけようとしている。
成功からしか、教訓は学べないんです。いいことは学べないんです。失敗からは何も学べない。そう言ったら、
「自分は失敗するのが怖かったです。失敗するのが嫌でした。だからもう二度と失敗したくないと思って、失敗するんじゃないか、失敗するんじゃないかって自分の失敗ばかり見て、失敗しないようにと言いつつ、失敗するイメージしか頭の中になかったです。これからは変えます」
という返事が来ました。
変えるのは難しいことでしょう、それでもゆっくりでも変わってくれたらいいです。
失敗の好きな人、反省するのが好きな人というのは、好きで反省するんだよね。
自己否定の好きな人。好きで自己否定して、好きで反省してるから趣味みたいなの、反省が。
反省していないと何か忘れ物をしたような感じになっちゃうんでしょうね。
いいことだけ考えてると、お腹の中を隙間風が吹き抜けていくような、心もとない感じ。そうなのかもしれません。
この質問をした人も、割と反省が好きなんじゃないかなと、思います。
反省、やめましょう。社会性をつけたかったら。
自分を褒める。自分を褒めるところが無かったら、周りの人で素晴らしい人を見つける。

ただし、間違った人を褒めてはいけません。
時々びっくりする人がいるんですよ。最近いないですけど何かのときに、
「私は、何をどう生きていいのかよくわからないんですけど、どういうふうにしたらいいでしょうか」
「なのはなファミリーの中にはたくさんの人がいるから、この人は素晴らしいなという人を目標にして、それとなく真似して、その人の態度なんかをよく見て、その人を真似したらいいと思いますよ。自分に近い人で、素晴らしいなと思う人。例えば誰を真似する?」
なんて言うと。挙げた名前が、1か月前に入った新しい人だったりする。何で見る人をそんなに大きく間違っちゃうの。あの人は入ったばかりでしょ。もっと、このなかで社会性があって、きちっと行動している人を選んでよ、と言いたい。ところが、そういう人を決して選ばないんだよね。そういう人って結構いるんです。

なんで選ばないと思う? なんでいいところを見ないと思う? これ簡単なんです、理由は。
自分より駄目な人を目標にするんです。立派な人を目標にすると、敗北感を感じてしまうから、嫌なんです。
嫌なの。自分より立派な人がいるとか、その人を目標にする、ということが。
自分の変なプライドが許さない。
「あの人の真似したくないです、私の目標の人いません。敢えて目標の人を言うんだったら1週間前に入ったあの人です」
みたいなことになる。完全に自分が勝ってる、と内心では思ってる人しか目標の人にしない。ものすごい競争心なんです。間違った高いプライドが手放せない。誰のことも尊敬したくない。何様だと思ってるんだというくらい、自惚れちゃってるんですよね。
で、精神性が低い人ほど、そういうことに陥るということが、多いです。
そんなことないでしょ、と思うようだけど結構多いんです。
だから、時々、この中で一番尊敬できる人は誰ですか、一番真似したい人は誰ですかって、個人的に聞くことがあります。
その人が挙げる名前で、ああ、この人はまだまだ社会性も育っていないな、人を見る目も育っていないな、とわかります。あ、その人は目標にしないほうがいい人なんじゃないの、とても目標になる人じゃないよって、明らかにそういう人を目標に挙げる人がいるんですよね。
間違ったプライドの高さや社会性の低さが、隠しようもなく、出てしまう瞬間ですよね。
人を選べない。人を見る目がない。そういう人は、自分自身も社会性が身に付いていません。
さあ、みんなも間違った人を選んでませんか、正しく選べていますか。
いつも正しく目標とする人を選べているようなら、社会性が育ってきたと思っていいんじゃないでしょうか。

 

(2018年7月20日掲載)









第1回~第100回(クリックすると一覧を表示します) 第1回「縦軸と横軸について」
第2回「神様は何をしようとしているのか」
第3回「本で涙を流すことについて」
第4回「本を読んでも内容を忘れてしまうことについて」
第5回「時間をうまく使えるようになるには」
第6回「太宰治について」
第7回「摂食障害の人が片付けが苦手だったり、約束の時間に遅れてしまうのは何故ですか?」
第8回「自分のことを『僕』『おいら』と言うのをやめられなかったのは、なぜか」
第9回「おいしいカレーと、おいしくないカレーの違い」
第10回「楽しんで走る」
第11回「死ぬことへの考え」
第12回「『聞く』と『教えてもらう』」
第13回「頑張るフルマラソン」
第14回「他人の成功」
第15回「『今』という時間」
第16回「不安の先取り」
第17回「良い協力関係」
第18回「急に悲しくなる」
第19回「夢の持ち方について」
第20回「心の許容範囲」
第21回「疲れるのが怖い」
第22回「スポーツの勝ち負け」
第23回「人といること」
第24回「“好き”という気持ち」
第25回「何でも知っている」
第26回「舞台鑑賞が怖かったこと」
第27回「生まれ変わるとしたら」
第28回「一番感動した景色、美しい国はどこですか?」
第29回「好きな時代はいつですか」
第30回「体型について」
第31回「行きたいところ」
第32回「悲しくなったら、動く」
第33回「意志を持てないこと」
第34回「心を動かす」
第35回「恋愛できますか」
第36回「日記の重要性」
第37回「心配されたい」
第38回「ONとOFF」
第39回「いつも同じ態度で」
第40回「涙腺が弱い」
第41回「子供が苦手」
第42回「正しいことを通そうとして」
第43回「流されて生きる」
第44回「才能について」
第45回「身長は伸びますか」
第46回「否定感が強い」
第47回「ぐっすり眠れない」
第48回「見え方、感じ方」
第49回「強さについて」
第50回「自分の出し方」
第51回「身体の調子と気持ち」
第52回「何のために変わるか」
第53回「痛みを知る」/a>
第54回「投げやりな気持ち」
第55回「未完成」
第56回「相手を許す」
第57回「書けないとき」
第58回「甘いと甘え」
第59回「イライラしない」
第60回「落ち込んだ時」
第61回「生きているなら」
第62回「わからない問題は」
第63回「眠ること」
第64回「子育てについて」
第65回「夫婦で大切なこと」
第66回「自己否定について」
第67回「友達が欲しい人、そうでない人」
第68回「未来を信じる」
第69回「山を登ると」
第70回「リーダーをすると苦しくさせる」
第71回「自分から人を好きになる」
第72回「小さいころからの恐怖心」
第73回「お姉さんのような存在を」
第74回「作業に対して気持ちの落差が激しい」
第75回「大きな希望を持つとき①」
第76回「大きな希望を持つとき②」
第77回「夢について・集中力について」
第78回「やるべきことをできていなくて苦しい」
第79回「やるべきことをできていなくて苦しい②」
第80回「真面目さは何のために」
第81回「高いプライドをつくるには」
第82回「番外編:そうだ、お母さんにきいてみよう!」
第83回「相談、確認が多いことについて」
第84回「自信を持つ」
第85回「間の良さ、間の悪さ」
第86回「過去を美化してしまう」
第87回「統合力を高めるには」
第88回「見張られているような不安」
第89回「どうして人間だけに気持ちが必要なのか」
第90回「休日になるとやる気がなくなってしまう」
第91回「低気圧」
第92回「どうして動物を飼うの?」
第93回「自分を褒める話をするには」
第94回「眠れない」
第95回「ふいに恥ずかしくなる」
第96回「躾について」
第97回「壁をなくしてオープンになるには」
第98回「自分がオーラのある人になるには」
第99回「私のストレスは何?」
第100回「社会性を身につける」
 
第101回~第150回(クリックすると一覧を表示します)
第101回「依存を切り離す期間は? その後はどう変わる?」
第102回「依存を切り離すことについて②」
第103回「会話が理解できない・生きる意味」
第104回「何者にもなれないのでは、という不安」
第105回「一緒に長時間いられない」
第106回「人の気持ちを汲めない」
第107回「リーダーとしてちゃんと動くには」
第108回「仕事への情熱と、興味があること」
第109回「日々の習慣を持つ」
第110回「自分のアスペルガー的な要素について」
第111回「外見について」
第112回「芸術、情緒、愛情 心の深さ」
第113回「なぜ風俗業は禁止にされないのか」
第114回「生き難さを抱えていなかったら、どんな将来の夢を」
第115回「健全な家庭なら自我は育つのか」
第116回「自我を育てる」
第117回「説明が理解できない」
第118回「好きな花①」
第119回「好きな花②」
第120回「血を連想させる単語を聞くと」
第121回「社会性と、基本的な姿勢」
第122回「深い関係をとって生きる」
第123回「ノルマ感、義務感が強い」
第124回「野菜の収穫基準がわからなくなる」
第125回「自分を楽しませること、幸せに過ごさせることが難しい」
第126回「向上心を持てないこと」
第127回「アーティスティックな心」
第128回「野性味を取り戻す」
第129回「個人プレイからチームプレイへ」
第130回「すべてのことを高いレベルでやりたい」
第131回「なぜ、痩せているほうが良いと思われるのですか?」
第132回「予定が変わると、気持ちがもやもやする」
第133回「楽観主義者と悲観主義者の境界線」
第134回「上品に、笑顔で、美しく」
第135回「続『上品に、笑顔で、美しく』」
第136回「嘘をつけない」
第137回「お父さんが怖い 前編」
第138回「お父さんが怖い 後編」
第139回「見事やで」
第140回「頼まれごとが不安・時間に遅れる①」
第141回「頼まれごとが不安・時間に遅れる②」
第142回「頼まれごとが不安・時間に遅れる③」
第143回「大きな声を出すこと」
第144回「時間の使い方」
第145回「お腹がすく」
第146回「本を読む時、第三者の視点になってしまう」
第147回「罰ゲームの答えとユーモア」
第148回「アイデアが出ないこと」
第149回「気持ちと身体の助走」
第150回「花や動物を可愛いと思えない」
 
第151回~第200回(クリックすると一覧を表示します)
第151回「美味しいセロリ」
第152回「尊敬している人といると、あがってしまう」
第153回「考え事がやめられない」
第154回「認めてもらいたい気持ち」
第155回「寝汗をかかなくなった」
第156回「時間の不安について」
第157回「楽器を練習したい、本を読みたい」
第158回「疲れを認めたくない」
第159回「アトピーと蕁麻疹」
第160回「はっきりした人になりたい」
第161回「会話と、興味の深さについて」
第162回「思春期の不安定」
第163回「潔癖症について」
第164回「自尊心」
第165回「自分の身体のサイズ感をとらえるのが苦手」
第166回「兄弟を心配する気持ち」
第167回「自分の声への違和感」
第168回「野菜の調子が悪いと、自己否定してしまう」
第169回「好きな気持ちと、誤解をされることへの不安について」
第170回「トイレが近いことについて」
第171回「競争意識について①」
第172回「競争意識について②」
第173回「コンディションによって態度が変わる人、変わらない人」
第174回「恐がりなことについて」
第175回「テンション」
第176回「目を見ること、見られること」
第177回「よいお母さんになる10か条」
第178回「音楽と我欲①」
第179回「音楽と我欲②」
第180回「時間の使い方と焦りの気持ち」
第181回「自分に疑心暗鬼になって、不安に陥ってしまうのはなぜ」
第182回「有志の募集に手を挙げづらい」
第183回「緻密に」
第184回「いつも怖い」
第185回「体型に対するこだわり」
第186回「気持ちの切り替えが、うまくできない」
第187回「米ぬかぼかし作り」
第188回「評価すること」
第189回「堂々とした人に怯えてしまう ①」
第190回「堂々とした人に怯えてしまう ②」
第191回「耳が良くないこと」
第192回「限界」
第193回「物を簡単に捨てることができてしまう」
第194回「整理整頓、片付けができない」
第195回「次のミーティングは、いつですか?」
第196回「整理が過ぎるのは症状ですか」
第197回「人をもっと理解したいということについて」
第198回「体育の授業が怖くて、さぼっていたことについて」
第199回「完璧が怖い」
第200回「やるべきことに追われてしまいがちな気持ちについて」
 
第201回~第250回(クリックすると一覧を表示します)

第201回「正面から受け取りすぎることについて」
第202回「手持ち無沙汰にさせることが怖い」
第203回「生き物が好きで触りたくなる気持ちについて」
第204回「魚の食べ方について」
第205回「ステージで間違いがあったときは」
第206回「作業で焦ってしまう」
第207回「調理されて食べられる魚はかわいそう?」
第208回「頑張ろうとすることに疲れた」
第209回「自己愛性パーソナリティ」
第210回「期待について その①」
第211回「期待について その②」
第212回「アウトプットで生きる」
第213回「キャパシティを大きくしたい」
第214回「コミュニケーション」
第215回「秋が寂しい」
第216回「我欲と、自分を大切にすることの違い」
第217回「声を前に出して歌うには」
第218回「できる気がしない、と感じてしまう」
第219回「苦手なことをしている時間を苦痛に感じてしまう」
第220回「握力について」
第221回「喜び合うための全力」
第222回「リモコンの操作と、ゴミの分別が覚えられなかったこと」
第223回「相談をしたり、買ってもらったりすることが怖い」
第224回「ケアレスミスが多い」
第225回「恥ずかしさにどう対処するか」
第226回「きつく締められないこと」
第227回「豆掴みと羽根つきが、うまくできるようになっていた」
第228回「プライドを守り合える関係」
第229回「人間味を学ぶために」
第230回「リーダーをするときの不安と罪悪感」
第231回「幸せについて」
第232回「不思議ちゃんと言われていたのはなぜか」
第233回「話の絶えない人になるには」
第234回「サービスをする人になる」
第235回「ソフトボール部に入らなくてはいけない気がする」
第236回「ディストピアと野蛮人の村」
第237回「好きと言ってみる」
第238回「質問がまとまらない」
第239回「ソフトクリーム」
第240回「謙虚について」
第241回「人との間にしか幸せはないこと」
第242回「思いっ切り遊んだことがない」
第243回「癇癪について」
第244回「友達について その①」
第245回「友達について その②」
第246回「センスよく生きる」
第247回「根拠のない自信」
第248回「先生になること」
第249回「演じること、正直になること」
第250回「怒りと感謝の気持ちは共存しない」
 
▶第251回~
第251回「アメリカンドリーム」
第252回「悲しむこと」
第253回「限界までやってみる」
第254回「リーダーの向き不向きについて」
第255回「悲しくならない求め方」
第256回「人前に立つ緊張」
第257回「野菜の見方」
第258回「プライバシーについて」
第259回「寝相について(前半)」
第260回「寝相について(後半)」
第261回「変わっていくことについていけない恐ろしさ」
第262回「速く書く事」
第263回「利他心について」
第264回「集中力について」
第265回「読書について 解釈と鑑賞」
第266回「年齢、役割に見合った振る舞いについて」
第267回「相手に喜んでもらいたい気持ちと、自分が幸せを感じることの怖さ」
第268回「相手を幸せにするということについて」
第269回「シンプルであること」
第270回「人のために動くとき」
第271回「周囲の人や家族のなかで浮いている感覚があったことと、個性について」
第272回「楽しませる人、発信する人になりたい」
第273回「目の前のことに集中できない・利他心と利己心について」