7月10日(火)「甘い香りに包まれて○桃ジャム、ミニトマトの甘納豆作り」

7月10日のなのはな

夏の野菜や桃の収穫が本格的になり、
それにともなって、加工も始まっています。

今回はなのはなの木熟し桃を使ったジャムと、
ミニトマトの甘納豆を作りました。
DSCF4239

わたしは甘納豆作りを担当しました。
畑のAチームやDチームの
みんなが育てた、
色の濃い赤、黄、オレンジのミニトマトが
こうして加工に繋がっていくのを感じると、
緊張しました。

DSCF4184甘納豆作りはミニトマトを
砂糖で煮詰めていきます。
(うまくできますように)
煮詰めているとき、
願うような気持ちが湧いてきます。
DSCF5052

ポップな赤、黄、オレンジのミニトマトが
透明なシロップの中で浮いているとき、
1粒1粒が宝石の粒のように見えてきます。
その様子が可愛らしくもあり、
順調に進んでいるようにも感じて
安心感もあります。
そして、1つひとつの工程にやりがいも感じます。
DSCF5055
桃ジャムとミニトマトの甘納豆は
1日の中でメンバーと
連係をとって進めています。
2つが滞りなく、やりやすく進むために
どう協力していけばいいか。
1番やりやすいシステム、
スケジュールがあるのではないか、と思うと、
それをみんなで試行錯誤しながら
高めていけることが
大変だけれど、
そこにも面白さがあります。

加工にも自分が表れると思います。
たくさんの人が美味しいと思って、
嬉しさが広がるものを
みんなで作っていきたいです。

(ゆきな)

***

ネギの植え付けをしました。
DSCF5059

今回の植え方は、
土を高く盛り上げ、そこにネギを立て掛けます。
ネギの根本には5センチほど土をかけておきます。
ネギが成長するのに合わせ、
盛り上げた側と反対側の土を寄せていきます。

ネギを立て掛けるのは、
30センチのなるべく真っ直ぐな壁が理想的です。
ただ今回は、水はけを良くするために、
ネギを植える部分を初めから
少し高くしておきたかったので、
その分、30センチよりは低めです。
DSCF5069

この間の大雨の影響で、
苗床で育てていたネギにベト病が広がってしまったのを、
防除をして、病気の葉を切り落として、植えています。
苗は小さいですが、挽回してほしいです。

あとから、根本に乾燥防止となるよう、
籾殻をかけたいと思っています。

(まりの)

***

今朝も、早朝作業で
野菜の収穫や手入れを行ないました。
P1016736

DSCF5026
〈Aチームは、
ミニトマトの手入れや
マクワウリに鶏糞と有機石灰を追肥しました〉

 

P1016524
〈Bチームは、
オクラ、キュウリの誘引をしました〉

 

***

夜は、勝央音頭保存会の踊りの練習に参加しました。
24日(日)の勝間田天神祭での道中流しでは、
なのはなから30人が保存会の方々と踊る予定です。
当日に踊る『勝央音頭』『ヤットサ節』
『イケイケ人生』の3曲を繰り返し練習しました。