7月9日(月)「夏祭りに向けて ― 盆踊り練習の始まり●水墨画の練習 ―」

7月9日のなのはな

今朝は早朝作業で
畑のチームごとに、野菜の収穫や手入れをしました。

P7090017

吉畑下のマクワウリの手入れでは、
蔓の誘引や草取りをしました。

今年、初めての試みとなる
天空仕立てのマクワウリにも
順調に実が付き始めています。

P7090033

P7090011 〈こちらは、下町川上の畑で育てている
『三角メロン』と『えびすカボチャ』。
手入れをしていると、
三角メロンの実が熟れ始めている様子がわかり、
収穫の日が迫ってきています〉

◆*◆*◆

夏のイベントに向けて、
盆踊りの練習をしました。
体育館で輪になって盆踊りの練習が始まると、
本格的に夏が始まったという実感が湧きます。

DP2Q0455

7月24日に、勝央町のお祭りである天神祭では、
勝央音頭保存会の一員として
『イケイケ人生』という曲を踊ることになり、
振り入れから入りました。
腰を使った動きが入っていたり、
曲調も、盆踊りの幅が広がるような曲だと感じました。
踊っていて、楽しくて、
自然と笑顔になる曲だと思います。

振りを確認した後は、
みんなでひとつの輪になって、
曲を通して踊りました。
1曲通すたびに、
次は揃えることを意識して、表情を意識して、
とひとつずつ確認しながら練習をしました。DP2Q0463

同じ振りの繰り返しが多いけれど、
ひとつひとつの形をきれいに大切にする、
ということが大切だと思いました。
普段踊っている
フラダンスやモダンダンスとは違った、
輪踊りらしいしなやかな動きを大切にしたいです。
浴衣を着て踊ることをイメージすると、
気持ちが夏に向けて高まるのを感じます。

DP2Q0452

『勝央音頭』や『勝央ヤットサ節』の振りも確認して
曲を通して踊りました。
自分自身も曖昧になってしまっている部分があり、
みんなと確認できて良かったです。
輪踊りがはじめてだという人もいて、
夏に向けて練習していけるのが嬉しいです。

(はるか)

◆*◆*◆

午後から、水墨画の練習をしました。
今日書いたのは
「ツクシ」「ナスとキュウリ」「レンコン」「イカ」です。

DP2Q0468

ツクシはシンプルなのですが
頭の部分に筆をポンと置いて、
一発でその形や色のクラデーションが
決まってしまうのが難しいです。

ナスは実の部分をひと筆で
奇麗に色づけるために、
筆の動かし方や墨汁の量に神経を使います。
でも、ナスは最近収穫されているので
イメージしやすかったです。
あの艶やキュッと美味しそうな感じを出すのが、
面白く感じました。

私が1番ワクワクしたのはイカで、
10本ある足の太さを揃えたり、
胴の引き締まった感じや
頭の先のヒレの薄さ、足の躍動感、
細かい吸盤を描くのがすごく楽しかったです。
つぶらな目は、
形や白い部分の大きやさ位置によって
イカの表情が全然違って見えて、
また、もっと色々試してみたいです。

DP2Q0472

水墨画は墨の付け方や水分によって
雰囲気が変わって、繊細で、夢中になります。
筆も今日は水墨画専用の筆ですごく書きやすくて、
水墨画の奥の深さにどんどんはまっていきそうでした。

また先生が来てくださるのが待ち遠しいです。
なのはなファミリーで、
大好きな絵画の活動まで出来ることが嬉しいです。
しかも水墨画という、
自分にとって新しい世界での表現を知ることが、
本当に楽しいです。

(もも)

◆*◆*◆

DSCF50235
〈夕方からは、田んぼの草取りもしました〉