7月5日(木) 「野菜の収穫&身体も心も作るー夜のソフトバレー練習ー」 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

7月5日のなのはな

1日を通して、ミーティングの作文書きと
読み回しを進めました。
自分の体験を1つの材料として
深く掘り下げることで、
新しい気付きが見つかります。

1回、1回のミーティングの時間を大切にして、
集中してみんなと向かっていきます。

P1016508

P1016520a
〈校内には、園芸部さんがお花を生けてくれています〉

***

石の下畑にあるキュウリとオクラの収穫が本格的に始まり、
毎日コンスタントに収穫しています。
お父さんは心の目で見て、野菜の状態を判断して
収穫することを話してくれます。
1番ベストな状態で、食卓に届けられるようにしていきます。
DSCF4142 DSCF4133

DSCF4131
〈オクラの花です。なめらかな色合いの花を咲かせます〉

 

DSCF4140
〈石の下畑にはゴーヤもあります。  これから収穫も始まってきます〉

 

 

***

夜にソフトバレーがありました。
チームを作り、週ごとに対戦チームを
変えて試合をしています。P7050059身体が温まってくると、
良いプレイが増えてきて、
やっていても、見ていても楽しかったです。
決まったと思ったら、
ボールが返ってきて決め返されたり、
落ちそうになっている場面でもつなぎ返したり、
とても盛り上がりました。

ソフトバレーをしていると、
ゲームとしての楽しさや
悔しさを味わえるのと同時に、
自分の課題はなんなのか、
どうしたら良いのか、
ということが客観的に見えると感じます。

P7050055
〈点数が決まると、みんなで嬉しさを共有しました〉

P7050061

私はアタッカーを
やらせてもらっているのですが、
トスが上がったときにどこを狙うのか、
ということが難しいです。
自分がどれだけ周りを見れていないのか、
ということをソフトバレーは
しっかり教えてくれるように感じます。
ソフトバレーを通して、
身体も心も作っていきたいです。

体育館が、みんなの活気と、
笑顔が溢れていて、嬉しかったです。

(ちさ)