6月28日(木)「心の傷を回復するためのミーティングの始まり」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月28日のなのはな

摂食障害の原点となる、
心の傷を解決するためのミーティングが始まりました。
初めに、これからテーマ0から15まで、
ミーティングを進めていくうえで、
自分自身への向き合い方、
どのような心持ちで向かっていけば良いのか、
お父さん、お母さんの講義を聞きながら、
気持ちを定めていきました。生きにくさのない生き方、
摂食障害から回復する、ということはどういうことなのか。
ここにいるみんな、お互いが1人の人間として、
回復していく者としての仲間です。
それと同時に、
自分という人間に、深く向き合い、
さらけ出していく、ということは、
自分が回復する、ということだけでなく、
今、目の前にいる人にも、
そして、まだ見ぬ誰かにも繋がっていく、
実験材料の1つになります。

P1016412

P1016429
〈ミーティングは農作業などと並行しながら進めていきます〉

『利他心』。
傷ついた人は、人のためにしか生きられない。
真面目に、優しくしか生きられない。
そう、お父さん、お母さんは教えてくれます。
自分がどう、というのではなく、
どこまでも、人のためにしか生きられない、
どこまでも真面目に、
優しくしか生きられないのだということを、
生きる心の土台として、無条件に強く刻みたいです。

この日は、テーマ0の作文を中心に書きました。
自分に足りていないもの、直すべきところは何なのか。
言葉にするなかで、
自分の見えていないものが、はっきりとしていきます。

明日からも、ミーティングが続きます。
良い形で積み上げていけるよう、
私も、1つの素材として、
持てるすべてをさらけ出して、向かっていきます。

(みく)

 ***

朝の時間を使って、野菜の手入れや収穫もしています。
畑のDチームは第一鉄塔畑のナスを3コンテナ分収穫しました。
第一鉄塔畑は中長ナスと丸ナス、ミニパプリカも育てています。
夏野菜の収穫も本格的になってきています。
チームのみんなと協力しながら、収穫を毎日回していきます。

DSCF0117 DSCF0123

***

DSCF2004
〈吉畑手前ハウスの大玉トマトが色づいてきました。  これからの収穫が楽しみです〉

***

夜は勝央音頭保存会の方と、輪踊りの練習をしました。
7月24日にある勝間田天神祭での道中流しで、踊ります。
今回は『勝央音頭』『ヤットサ節』『イケイケ人生』の3曲を通して、踊っていきました。
手の運びや足の動きなど踊るときのポイントも確認しました。

DSCF2077

DSCF20591