6月21日(木)「桃をネットで守る&竹炭作り」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月21日のなのはな

奥桃畑の桃の木3本に、
害虫、害獣を防ぐためのネットをかけました。
午前中に最後の桃のネットの
修繕の作業があったと聞いていたので、
ネットというバトンを受け継いで、
ネットがけの作業が始まったように感じました。

P6210108

正方形に近い形のネットを、
桃の木の横に長細くまとめた状態で置いて、
桃の木を挟んで反対側に渡すように、
ネットの端を竹の棒を使って送っていきました。
虫や獣が入れないように、
地面との隙間が空かないように調節して、
桃の木を覆いました。
作業はいたってシンプルで、
すぐに終えることができました。

P6210110

今回ネットがけをしたのは
早生の品種の『はなよめ』、
『日川白鳳』ということで、
袋がけされた桃を、
袋の下の隙間から覗いて見ると、
色白な桃のおしりの部分が、
桃の花のようなピンク色に染まっていて、
収穫できる日が
すぐそこまできていることを感じました。

P6210117

桃の作業はなかなかみんなで
やるということはできないのですが、
みんなで縫ったネットで、
桃が奇麗な状態を保てるということが、
なのはなのみんなで作った桃という
感じがして凄く嬉しいと思いました。
この可愛い桃の実を、
みんなで縫ったネットでしっかり守って、
奇麗なまま収穫して、
たくさんの人に届けたいと思いました。

(のん)

***

 1日を通してDチーム作業は幅広い作業でした。
午前は竹炭づくりを行い、午後は下町川の野菜の手入れを行ないました。

午前中は、竹炭をつくるため
昨日から準備していた窯に火を入れました。
昨日までに、竹をカットし窯に入れておきました。
午前は窯のふたをしめ、
周りを土や泥で固めました。
窯の入り口には、焚き口をつくり
そこに竹や笹などを燃やし、
外から空気を送り込みました。

DSCF6108

1回目は、焚き口に燃やすための
竹などを多く入れすぎてしまい
着火しづらい状態にしてしまいました。
2回目、須原さんにも教えてもらいながらすると
火がつき煙突から煙りが出てきました。
煙が出てきたとき、
とても嬉しい気持ちになりました。

そこから、火を強くしていき、
煙の色がすこし変わりはじめたように感じたあと、
窯の口を狭めました。

DSCF6118

それからは、煙突の煙が消えてしまわないように
確認を行ないます。
初めてのことで、不安も大きいのですが、
新しいことを知ったり、
経験できることが面白いとも感じます。
上手くいかないことも、
上手くいくための糧にしていきます。

 

DSCF6184

午後は、主に下町川の野菜の
手入れを行ないました。
下町川上の畑のカボチャ『えびす』は、
まんじゅう型の畝の上で
時計回りにグルグルと回りながら、
元気に育っています。
みんなでこまめに誘引や、整枝、
実の下に納豆パックを敷いていきました。
夏が近づき、気温も高くなり、
雨上がりは畑の野菜も雑草も元気が良いです。
畑の中の草刈り、草取り、
雑草対策に株間の新聞敷きを
進めることもできて嬉しかったです。

DSCF6178

高温になったり、雨が降ったり、
病気や虫が広がりやすい環境でもあると思います。
野菜のコンディションに心をつかいながら、
適切にみんなで手入れをしていきたいです。

(あけみ)

***

 

1日を通して各チームの畑作業が進みました。

P6210075

Aチーム作業ではマクワウリの摘心をしました。
マクワウリは子蔓3本、孫蔓6本で育てていきます。
2人ペアで確認しながら 摘心していきました。

P6210143

P6210129
〈天空カボチャで育てている『白い坊っちゃん』(写真、上)と、
『パンプキッズ』(写真、下)は順調に大きくなっています〉

***

P6210021

Bチーム作業ではキュウリ・ゴーヤの誘引をしました。
株に負担をかけず、きれいな形で育てられるように
誘引をこまめにしていきます。

***

夜は勝央音頭保存会の方々と天神涼みに向けての練習をしました。
『四ツ拍子』の太鼓や、天神涼みで踊る『勝央音頭』、
『ヤットサ節』『いけいけ人生』を今回は練習しました。
これから夏祭りに向けての練習も始まります。

P6210105
P6210226a