6月17日(日) 「父の日に感謝の気持ちを込めて―混合アンサンブルのプレゼント―」 

6月17日のなのはな


田んぼの草取りは、
手植えのように
みんなで1列に並んで進めています。
それぞれがバラバラに草を取ってしまうと、
水が濁って生えている草が
見えにくくなるためです。
秒数を決め、「進みます」という声かけで
足並みを揃えて進むと、
澄んだ水のまま草を取ることができました。

DSCF6051

1度濁ってしまうと、その作業の時間のなかで
その範囲の草取りは難しくなります。
1列で進むのは、みんなでどうしたら濁らずに
進めるか考えて辿り着いたやり方です。
足下は濁っていても、
その15センチ先の手元の水は澄んでいます。
その澄んだ水は、隣の人が取りやすいように、
水が濁らないようにとみんなの気遣いで
守られるものなのだと感じました。

DSCF6055

石生田んぼは、ホタルイが4~5センチで
今、ちょうど取りやすい長さです。
すっと抜けて、袋に入れていっても
袋が重くならずに進むことができます。
除草剤を最大限に効かせられなかったことは残念ですが、
田んぼの草取りをしていると
みんなの力を感じます。
みんなとだからできる作業が嬉しいです。
稲が草に負けないように、
草が小さいうちに精力的に進めていきたいです。

(なる)

    ***

  DSCF6065

〈山小屋の黒大豆の土寄せ、
ナス、ピーマン、オクラなどの夏野菜の水やりも行いました〉

DSCF2308

***

 P1015106

〈お客さんに、全5曲の演奏とダンスを見ていただきました。
『アイム・アライブ』とオリジナル曲『ルナ』は
新しいキーボード『YAMAHA CP4』で初演奏をしました〉

    ***

 IMGP0118

夜に、ささやかな父の日の会を開きました。
卒業生からは、ヒマワリなど
黄色をモチーフとした花束がたくさん届き、
お父さん、お母さんの周りを彩っていました。この父の日に向けて、
混合アンサンブルでは
マイケル・ジャクソンの
『スリラー』を練習してきました。
5月末から、毎週木曜日と土曜日に
メンバーで集い、
お父さんに届ける演奏ということを心に置いて、
さとみちゃんを中心に、
各パートの役割や曲のイメージなどを
揃えてきました。

IMGP0105
〈父の日のお祝いのテーマは『ザ・スリラーナイト』でした。
金管楽器、キーボード、ギター、ドラムで編成された
混合アンサンブルです〉

IMGP8566

本番。
なおちゃん、まよちゃんの司会によって、
『スリラー』の空気が作られていきました。
白いカッターシャツに、黒の蝶ネクタイをして、
気持ちを引き締め、演奏に臨みました。
正面には、お父さん、お母さんがいて、
演奏を聴いているみんなが、
この曲、音の世界のなかで
気持ちを向けて、
受け取ってくれていることを感じました。

IMGP8647

これまで練習してきたなかで、
私は今日の演奏が、
1番に良かったと感じました。
自分だけなく、
他のメンバーも、そう言いました。
お父さんに喜んでもらえるように、
そして、聴いてくれるお母さん、みんなに、
良い演奏が届けられるように。
アンサンブルメンバーの気持ちが揃って、
音も気持ちも、
強く前へ出ていることを感じました。

IMGP8633

IMGP0093

IMGP8583
〈会のはじめには、
お父さんが今までで1番スリリングだった
出来事を話してくれました〉

IMGP0071
〈特製スイーツの酒粕アイスです〉

他にも、スリラーにちなんだ
お父さんへの質問コーナーで、
お話しを聞かせてもらったり、
会の終わりには、なっちゃんの作ってくれた
デザートを、みんなでいただきました。
こうした、日々の小さな節目を大切に、
お父さん、お母さん、みんなのなかに
いられることの意味を感じます。
今日を節目として、
また明日から、新しいことへと
向かっていきたいです。

(みく)

IMGP8706

〈みんなで特製スイーツをいただいたあとは、
混合アンサンブルのアンコールも起こりました〉

IMGP8746
〈卒業生から、たくさんの花束が届きました〉