6月6日(水)「勝央町硬式バレーボール大会に向けて」

6月6日のなのはな

IMG_9066
いよいよ明日が硬式バレーの
試合の初日になりました。
今日は雨が降り、畑作業もお休みです。

午前中は硬式バレーの練習に集中しました。
なのはなの硬式バレーは、
お父さんやしほちゃんが中心になって、
考えて、引っ張ってくれています。
毎回チームのメンバーが替わりますが、
今季は特に変化が大きいと感じています。
今回のチームにはアタッカーが4人います。
レフト、ライト、セミレフト、セミライトです。

P1014608

今までは、レフトアタッカーに
ボールが集中してしまっていました。
しかし、ワンパターンの攻撃に
ならないようにと考えてくれて、
ポジションを再編成されました。
私も、アタッカーの1人です。
みんながつなげてくれたボールを
確実に攻撃につなげられるように、
色んな攻撃の1つになれるように、
自分の役割を果たしていきたいです。

IMG_9052
午前の練習では、
基本の練習を主に行いました。
後半では、お父さんも来てくれました。
「最後の最後まで、ボールを見る。粘る」
お父さんはそう言って、
アタッカーがボールをネットにかけてしまうのは、
打ちづらいボールが来たときに諦めてしまっている、
最後の最後まで打ち切るという気持ちを
持つことが大切、言い訳をしない、
ということを教えてくれました。

自分のことだと思いました。
どんなときも基本に忠実に、
最後の最後まで粘って、言い訳をしない、
そんな潔くて、美しい動きをしていきたいです。

P1014624

また、印象に残っているのが、
メンバーの2人の人がやっていた
2人レシーブの練習の球出しを
させてもらっていたときのことです。
2人が最後の最後までボールを落とさないように、
追いかけて、ボールをつなげ、
カバーをしていく姿がとても奇麗でした。
ボールを通して、気持ちが通じ合うような、
コミュニケーションを取っているような、
そんな感じがしました。
一緒に球出しとして参加している私も、
やっていて面白くて、嬉しい気持ちになりました。
バレーボールの面白さがそこにあるように感じました。
IMG_9015

夜には、お仕事に勤めているメンバーもそろって、
お父さんも来てくれて、練習を行いました。
試合形式の練習です。
その場の状況、立ち位置に合せて
どんなボールにして、どんな攻撃にすべきか、
メリハリを付けることを教えてくれました。
最後には、明日の試合に向けて、
攻撃のサイン、メンバーなどもお父さんから
伝えてもらいました。
P1014521
今のチームの良い所を、
ベストの形で発揮できるように
自分の役割を果たしていきたいです。
ただの勝ち負けのためのバレーボールではなく、
1つのなのはなの表現としての
バレーボールということを忘れません。
「なのはなの代表として、
誰かの希望になるように」
といつもしほちゃんが言ってくれるように、
そんなプレーをしていきます。
目の前の1球、1瞬に誠実に向かいます。
表現します。

(あけみ)

***

P1014665

日商簿記2級の試験に向けて、
簿記部7期生は、答練を中心に勉強しています。
明日は、村田先生が帰ってきてくださる予定で、
試験当日まで積み重ねていきます。

P1014647